キャプテンスタッグのミニダッチオーブンがソロの焚火料理で活躍!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
今回のキャンプは新アイテム目白押しでした。
その中でももっともメインを張っていたのが
キャプテンスタッグのミニダッチオーブンです。

大好きなキャプテンスタッグさんから出た新商品ですが、
実際使ってみると、その汎用性の高さに感動、買ってよかったでしょ!って思いました。
今回使用したのはデュオキャンプでしたが、2人で食べるのにピッタリ!
ソロキャンプなら料理にもバリエーションがかなり広がりそうです。
今回はこのキャプテンスタッグのミニダッチオーブンの使用レポートです!

1.キャプテンスタッグ角型ミニダッチオーブン基本スペック!

キャプテンスタッグより今年2種類の角型ダッチオーブンが販売されています。
通常とミニです。外遊び屋が購入したのはミニの方です。
この角型ミニダッチオーブンの基本スペックを見ていきたいと思います。
角型ミニダッチオーブン
箱はこんな感じです。白を基調として黒を使うってイメージ?キャプスタさん多い気がします(^^
ミニダッチオーブン説明書き
裏にはびっしりといつも通り注意書きやスペックが書いてあります。
ちなみに・・・
製品サイズ:幅205×奥行130×高さ90mm
重量:約2kg
内容量:750ml
材質:鋳鉄
となっています。
サイズ感としては大人の男性の手のひらに乗せれるくらいです。
小メスティンとほぼ同じくらいのサイズ感です。
ダッチオーブン大きさ比較
なんかこうしてみるとちょっと小さいように感じます。
たしかに・・・
メスティンの網
メスティンではピッタリ入る網が入らないのでちょと小さいんですね。
これが入ればローストするのに便利と思たのですが・・・残念!
でもこのサイズ・・・Daisoさんで見た気もする。今度確認してみます。
ちなみに蓋も鉄板として使用できます。
鉄板の蓋
どのダッチオーブンでもできるよって思った方もおられるでしょう!
全くその通り!ただキャプスタさんのありがたいところはこの溝を入れてくれて
食材から出た脂で食材を再び浸さないようにしてくれているところ!
外遊び屋は臭いが気になる時もあるのでこの溝はありがたいんですよ~!
焼き目が綺麗につくのも嬉しいところ(^^
さらに容量は750mlとかなり小さ目です。
ご飯は1合炊くのに200mlと言われるので2合程度の容量。
インスタントラーメン(袋麺)で500mlと言われてるので
何となくの大きさを分かっていただければ・・・と思います。
ただ・・やっぱり重さ2kgは重いですね。オートキャンプなら持って行くか・・・
くらいの重さです。ザックに入れて持って行くのはしんどいかな?

スポンサーリンク

2.キャプテンスタッグ角型ミニダッチオーブン使用感

早速使用してみました!
ミニダッチオーブンセッティング
今回は鉄板としてと鍋としての使用したいと思います。
鍋としては水餃子、鉄板としてはハンバーグを焼いていきます。
まず鉄板機能から!
鉄板は
キャプテンスタッグミニダッチオーブン全景
中央に取っ手がついているので今回の網に乗せると
この部分が引っかかり動かすのにはちょっと苦労しました。
火ばさみでちょっと浮かして動かすイメージですね。
かといってフラット面においても真ん中が飛び出している感じはありません。
網にちょこっと引っかかる感じです。もう少しスムーズに動けばいいのになぁ・・・
これで・・・
ミニダッチオーブンで調理
ハンバーグを焼いていきます。
個人的には蓋をして蒸しながら焼いた方が火の通りが早くて好きなのですが
ここはキャンプ!じっくり火加減しながら焼いていきます(^^
また同時に湯を沸かしますが、蓄熱性が高い鋳鉄!温まるのにも時間がかかります。
しかしハンバーグをじっくり焼いているうちに湧いてきました。
調理中のダッチオーブン
同時に調理していきます。
無論・・・水餃子の方が準備万端になるのは早かった(^^;
しかしじっくり焼いていくと・・・
調理完成
いい感じで焼けました!網目に綺麗に焼き跡がついているのがハンバーグの魅力です(^^
ハンバーグのアップ
うん!なかなか良い焼き加減。
出た脂が浸してない分ふっくらしておりますした。うまっ!
もちろん水餃子も全く問題なし!
ここで鋳鉄の蓄熱性が良い方向に力を発揮!
保温できているうえに、食べ終えてお代わりを作る時にも
まだ十分に出汁を保温してくれていたので、すぐに沸いて調理出来ました。
ダッチオーブン・・・重いけどやっぱり便利だな・・・
そんなイメージですね。
大きさ的には2人のハンバーグを焼くのにちょうど良いくらい。
ステーキなら一枚ですね。
汁物も・・・2人までかな~。

3.最後に

キャプテンスタッグさんの角型ミニダッチオーブンのレビューでした。
正直・・・期待以上です。角型なんで焚火台のスペースを無駄なく使えるのも気に入りました。
また今回はお披露目も含めて2人で使用しましたが基本的にはソロで使用予定です。
カヤックキャンプにも持って行きたいサイズ感ですが、重さと錆びやすい鋳鉄といったところがネックですね。
それでも・・・こいつは遊べそうだぞ(^^

一つ大きなサイズのUG3063とは違う製品なのでご注意ください。
現在品薄状態になっているのか在庫が無い場合があります。
商品番号はUG3062です。

 

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事