コンパクトだけじゃない!めっちゃ燃える焚火台の選ぶポイント!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
もう「焚火台」の一言で終わらない気がしています。
焚火台の幅広さ!
「コンパクト!」というのも売り文句のひとつですが
そのコンパクトもいろいろあります。
その中でもそこそこコンパクトでめっちゃ燃焼効率の良い焚火台シリーズ。
「ウッドバーニング系」トークスやソロストーブなどですね。
実は大好きなこのシリーズ。
一度手放しているのですが再び欲しい熱が燃えております。
なので今回はこのウッドバーニングの魅力に迫りたいと思います。

1.どれほど良く燃えるか?体験談!

そとあそびやが所持していたのは
Motomo キャンプ ウッド 薪 ストーブ  キャンプファイヤー
このタイプのウッドバーニングストーブでした。
もちろん廉価版。クッカーサイズにコンパクトになり、燃焼効率も高いというのが魅力でした。
その性能というと・・・
「申し分ない!」
廉価版でしたがティッシュ一枚に火をつけて放り込むと
どんどん燃え上がりあっという間に着火します。
これまでスノーピークの焚火台か直火しか経験がなく
種火や着火剤から火を育てていた経験と比べると
驚異的な簡易さに感じたと・・・言わざるを得ません!
いや・・・ホントびっくりでしたよ。
さらにどんどん薪を入れても燃え上がる炎。
そして二次燃焼の美しさ!
これは衝撃的でした。どこかに画像があるはずなのですが
昔すぎてはっけんできませんでした。残念!
簡単に火が起こせて美しい火を見せてくれる!それだけでもよいけいけんでした!

なんと廉価版は1700円までなっているんですね。
コリャ欲しいぞ!!

スポンサーリンク

2.ウッドバーニングストーブを所持しつづけなかった理由

非常に楽しませてくれたウッドバーンングストーブですが不満もありました。
今思えば完全に外遊び屋のスキル不足です。
というのもまず外遊び屋が所持していたウッドバーニングストーブは手のひらサイズの一般的なもので、
燃料や薪を非常に選ぶという点です。小枝で十分!って言いながら小枝を拾い集めるのに疲れてというのが一点。
また燃焼効率が良すぎて、調理の時に薪を補充するのが面倒だったんですね。
毎回鍋を持ち上げてそこに薪を足して元に戻す。この作業が面倒になった・・・。
そんなところです。
しかし・・・その時の自分に「馬鹿者っ!!」と叱ってやりたい!
薪は手ごろなナイフを買えばバトニングで楽しく作れたし、しっかりした薪を使えば
ホントに小枝以上の燃焼時間は確保できたうえに・・・五徳をちょっと考えればできた解決できたことではないか・・・。
このアタリ・・・経験不足の浅はかさでしたね。この経験より外遊び屋は常々思います。
どれだけの年数やろうが、どれだけキャンプに行こうが、雑誌に紹介されていい気になっていようが・・・
キャンプの世界は奥深く、外遊び屋は常に初心者なんだと。
いや前出のように買えば2,000円足らずで購入できるんですよ。
しかし!!かつて持っていたものをまた買うのか??これが非常に引っかかっているところです。

3.ウッドバーニングを選ぶポイントは大きさ!

ウッドバーニングストーブで検索すると出るのがソロストーブ型とトークス型だと思います。
トークス型が二次燃焼の噴き出す炎が見れるのかどうか分からないのでちょっと二の足を踏んでいますが
このトークスによって物欲が再燃しているところなんです。
それが・・・

Amazonの価格が6,355円です。
これと・・・

Amazonの価格5,599円となんで違うんだろう・・・って思っていたら
大きさがちがうんですね!上が直径112㎜としたが86㎜と3cm近く違います。
正確には2cm少々です。
しかし小割の薪にとってこの2cmって大きい!って感じました。
経験則です。
これってサイズが違えばもっと使いやすいんじゃないの??
って思っているとやっぱりソロストーブもそうなんですね!

こちらAmazonの価格で13,200円ですが、直径は178㎜です。
これがいつも見ていたのは・・・

Amazonの価格8,800円ですが直径は108と大分小さ目。
なるほど・・・そういう差があったか・・・。
これだとキャンプファイヤーの方なら外遊び屋の使用スタイルとも相性よさそだ・・・。
しかも廉価版でもこの大きさの物って見つけておりません。
これは・・・魅力!!
ただネックはお値段!14,000円くらいって・・・
次に出るスノピの焚火台SRとほぼ同価格!ちょっと二の足が・・・三の足にもなります。
廉価版では組み立て式で

こちらがありますがそれでも・・・的な価格なんですよね。
くぅ・・・良い物は高いぜ!!

4.最後に 

ちなみにDODさんより二次燃焼鑑賞焚火台も出ております。

これも魅力なのですが、今回欲しい焚火台はコンパクトで二次燃焼!
って所ですかね。やはり・・・昔のロマンを取り戻したいところです。
一応・・・欲しい物リストに入りました。
焚火台は魅力が尽きないな~!

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事