スノーピークにする?焚火に便利なサイドテーブルを探す!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプの時のテーブルはあった方が便利な物ですね。
外遊び屋は現在地べたスタイルですが、ちょっとテーブルがあるだけで
砂の混入などが防げるので愛用しております。
ピコグリルで焚火
基本的に使用しているのはSOTOのフィールドホッパーです。
コンパクトになるので重宝します。これで満足していたのですが
最近もう二つほど欲しいなぁと思いだしました!
せっかくならフィールドホッパー意外な物を・・・と考えています。
今回はテーブルが2つ欲しい理由とその候補を検討していきたいと思います!
使い方で必要な物が変わりますからね(^^

1.ローテーブルを2つ増やしたい理由

まずはどうやって使いたいかです。
外遊び屋はソロキャンプなどではウォータージャグなどを持って行かず
ペットボトルやカンティーンなどに水を詰めていきます。

特に深い理由はなくジャグを洗って干すのが面倒だから乾きやすい物を使用していたわけですが
手を洗ったりするにはジャグがあった方が良いなと思いだしました。
コンタクトレンズなのでやっぱり手はきれいに洗って外したい・・・。
ボトルだと軽く洗う程度になるので衛生面の改善ですね。
ジャグは後々考えるとしてジャグを置いて使えるテーブルが欲しい!となります。
そしてもうひとつは調理スペースの確保です。
現在は・・・
鶏肉とナイフ
薪に使っている板などを代用しています。
これはこれで良いのですがやっぱりちゃんとしたものが欲しいなって。
大体フィールドホッパーと高さが同じものが使いたいですね。
この二つを探していきたいと思います!

スポンサーリンク

2.ジャグを置く用のテーブル

ジャグを置いて手を洗いたいってなると・・・フィールドホッパーではちょと低いですね。
そう考えた時に一つ浮かびました!
焚火シートとテーブル
BUNDOKさんのバンブーテーブル!
これなら高さもあるからいいんじゃないか??
持っているから購入しなくて済むし(^^

しかし・・・
「それ庭キャンプ用だから煤で汚したくないからダメ!」
不許可でした・・・。ありゃ・・・安価で済まそうかと思ったのに・・・。
まぁギラギラの銀色で統一された外遊び屋スタイルには合わないかな(^^;
しかし持っている物を見直す機会にはなりました。
テーブル
そういえばうちにはこんなのがありました!2つ(^^;
これで解決できそうです。高さもあるし・・・
でもね~探している時に見つけたんですよね・・・

こんなのもアリかなって・・・。だらだら時間過ごすのにiPadが立てれるって結構便利だよな~って(^^;
まぁジャグを置くのでそこまで要らないっちゃいらないんですけどね(^^;
予算配分の問題ですね(^^;

3.焚き火用サブテーブル!

そしてSOTOのフィールドホッパーと対をなすために買いたい焚き火用のサイドテーブル!
まずはフィールドホッパーの基本スペックから!

サイズは幅29.7×奥行21×高さ7.8cm!
高さの7.8cmを揃えればそれなりに釣り合いはとれそうです。
でもね・・・

黒にはしません!!
かっこいいけどバランス取れないから・・・
となると安易に想像できるのが・・・

Amazonさんの格安品!1,400円ですからね~。
汚しても怖くない!!でもサイズが10センチとちょっと高いんですよね~。
ならばいっそスノーピークの・・・

OZENライト!かっこも悪くないんですよね。
更にサイズも297×210×85(h)mmほぼ一緒!高さが7ミリほど違うのが気になるか??
格安品はほぼ高さは10cmですね。
こうなるとスノピのOZENはポイント高いぞ!
これ・・・かなぁ・・・

4.最後に 

安心して汚せる(後で落ちやすい)そしてコンパクトってなるとスノーピークかな。
でもジャグ持って行く範囲って車のちかくなのでそれほど気にすることは無いのかな?
携行性は。
また離して使うならば高さの違いも気にならないかも。加えて・・・もっと広い方がいい??

まだまだ考えることがありそうです。
とりあえず・・・一回頭が整理できたのでさらに煮詰めたいと思います!

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事