寝袋のコンパクト化は成功するか?DODのジャケシェラ2を検証!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
冬キャンプの重要課題の一つは寒さ対策!
寝る時の寒さ対策は必須と言っていいでしょう。
ヘタすると体の危機となりますからね!
とはいえ積載の邪魔になるのもこの冬用の寝袋です。
とにかくかさ張る・・・。また寝袋だけじゃなくブランケットやストーブ。
夜に着込むようのジャケットなどなどホントに積載が大変!
そんなかさ張るアイテムのうちジャケットと寝袋を一つにしてしまおうというのが
DODより発売中のジャケシェラ2!
外遊び屋も現在カヤック積載用にコンパクトにしたいんです。
このジャケシェラ2をちょっと詳しく検証したいと思います。

1.DODの着目点は非常に嬉しい

このジャケットと寝袋が一体化というのはカヤックには非常に面白い観点だと思います。
というのもカヤックの実質積載は160ℓ程度ではないでしょうか
外接などが出来ないのでこの中に押さえなければいけません。
これに加えて冬用の着替えと靴なども必要になります。
まぁやったことがある方ならお分かりですが、水の中に入るので
基本は濡れてもいい恰好をしています。乗艇の時には足なんかは確実に水に入りますからね。
ウェーダーなどを着ない限りは必ず濡れる。なので来ている服と上陸後の服は基本違う物なんです。
無論上着なんかも別個でパッキングしてもっていきます。これが・・・かさ張る!
特にジャケットはホントにかさ張るんです。これが寝袋と一緒に使えるというのは
荷物を削る上でかなり助かる発想です。なるほどなぁって感心しちゃいました。
特にカヤック向けにコンパクトを目指している今だからこその着目点が気に入りましたね(^^

スポンサーリンク

2ジャケシェラ2の全体構造

では早速詳しく見ていきます。

(出典:DOD公式HPより)
全景はこちら!
腰のあたりのファスナーによって上下で分離するみたいですね。
ガンダムで言うGファイターと同じ構造でしょうか。
いやちょっと違うかな・・・。全然違いますけどね。
失敬。
封筒型の足元と、かぶるジャケットという感じですね。
色は結構好みです。
またありがたいことに生地がコットンなんです。
少しくらいなら火の粉が飛んでも大丈夫!
小さくなるダウンだとすぐ穴が開いちゃうので
こういった気遣いは嬉しいところです。
ただ経験上ファスナー部分から冷気が侵入してくるは分かっております。
構造上ファスナーが多いのが気になるところです。

3.ジャケシェラ2のスペック

全体の大きさはこちら(2L)

(出典:DOD公式HPより)
重さは3.5kg
中綿はポリコットンです。
身長は200㎝まででウェストは100㎝までだそうです。
あ・・・・やっぱ体系は選ぶんですね。
おそらくそれほど伸縮は期待できそうにないです。まぁジャケットだから仕方ないかな。
ただ・・・ここで欠点の発覚!
対応温度は5℃からです。
これでは・・・ちょっと心素のない・・・これからの季節はね~。
快眠で0℃は欲しいところです。う~~ん。全体構成が悪くない分惜しまれる!
それともう一つ!
収納サイズがW74×D26.5×H26.5cmと非常に大きい!
74cmはちょっとハッチに入らないぞ・・・。
艇のバランスも考えると・・・これはちょっと無理か~。
残念!

4.最後に 

カヤックの使用としては非常にいい構成だったのですが
やっぱりチャックなどのギミックが増える分、対応温度は低くできないんですかね~。
生地にコットンを使うなどよく気が回っていたのですが・・・残念!
まぁ外遊び屋はカヤックで使う事を考えていたのでサイズでアウトかな~。
非常におしいなぁ。小さくならないのかな・・・。
結局はコンパクトダウンとユニクロなどのコンパクトなダウンジャケットを持って行けって事かな・・・。
無念じゃ・・・。

価格的には格安ダウン寝袋とジャケット買うよりは安くなりそうですね。
まぁ・・・選択肢としては持っておこうと思います。

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事