車中泊の食事問題!スペース確保の為のキャンプテーブルを実験!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
車中泊の快適さでもっとも重要なのが睡眠時ですね。
寒かったり、落ち着かない体勢だったりするとやはり快適とは言い難くなります。
その為にもっとも必要なのはマットなんですね。
分厚いマットで下からの冷気や、凸凹を緩和するのが
重要になってきます。
外遊び屋も合計5センチ程度のマットを敷いていますが、
そうすると問題になるのが天井です。
下が上がる分天井が近くなり、外遊び屋の場合頭があたって座れなくなってしまいました(^^;
とはいえマットを薄くするのもいかがな物か。ではどこで食べる??
そこで思いつきました。
運転席でテーブルがちゃんとあればリラックスできるリビングスペースが出来る!
とはいえ・・・運転席付近は結構狭いんですね。
ここになんとかテーブルを置いてまったりスペースにできないか。
ピッタリくるテーブルはないか・・・探してみました!

2.車中泊にテーブルスペースにしたい場所

天井が高ければこんな苦労はないのですが、
そういう訳にはいきませんね。
そこで思いついたのが・・・
車中泊でテーブルを置きたい場所
このスペースです。
2人で居てもここがテーブルなら食事も広げられるしドリンクは
ドアにホルダーがあるのでそこに置けば結構安定して使えるのではない?
そう考えたわけです。
今でもここにお弁当などを置くなどはしますが安定が悪いので
ゆっくり・・・という訳にはいかないんですね。
なので・・・ここにおけるキャンプ用品を探していきたいと思います。

スポンサーリンク

2.SOTOのフィールドホッパー

まず最初に思いついたのが
SOTOのフィールドホッパー
SOTOさんのフィールドホッパー!
ちょっと小さいですが、前の車の車中泊でも重宝した優れもの。
ソロキャンだけでなく、ちょっとフラットが欲しい局面で活躍してくれます。

早速設置してみると・・・
フィールドホッパーを使ってみる
全体的に届かないので使いづらそう・・・。
また足が邪魔になりうまくフィッティングしませんでした。
う~ん。これでうまくいくと思っていたのでちょっとびっくりです。
これは・・・こまったぞ・・・。

3.アルミロールテーブルを使ってみる

続いてチャレンジしたのが・・・
アルミロールテーブル
アルミロールテーブルです。

こちらも丸めると意外と小さくなるので持ち運びは便利です。
ちなみに外遊び屋が持っているのはキャプスタさんの物ではないです。
カヤックのガイドの時に使っていた生き残りです(^^
これを置いてみます。
アルミロールテーブルを置いてみる
おっ!!なかなかいい感じです。
奥のテーブルは持ってきたものの一目で無理と奥に投げられたものです(^^
このロールテーブル思いの外良い!
というのも・・・
ロールテーブルの足で挟む
テーブルの足で挟み込めるのでガタツキがやや少ないです。
ただ・・・横の並びが基本的にゴムの連結の為置く場所が悪いと
フラット面が維持できなくて波打ちます。
最初の画像。ちょっと中央が盛り上がっているのがお分かりいただけるでしょうか。
この方法・・・悪くはないけど決定打に欠ける・・・。
しかし気が付きました。意外と腕置きにテーブルがしっかりかかる方が安定する。
ここでちょっと思いつきました!

4.バンドック バンブーテーブル

先ほど思い付きはこちらの商品!

Amazonさんのタイムセールで買ったバンブーテーブルです。
これを置いてみると・・・
バンブーテーブルを置いてみる
意外と安定しています。今までで一番使えそうな感じ。
ちなみに足はどちらも出していません。
もちろん端に力をかけるとグラつきますが、今までより断然使いやすいです。
またここで思いついたのが・・・
バンブーテーブルを置いてみる
横にしておく方法!
1人の時に限りますが、これが一番安定しました。
バンブーテーブルの足の様子
奥だけ足を出して支えています。手前はひっかかりが甘いですが、
滑りにくい素材であること、また4点で支えられていることから
この安定感ですね。
これなら・・・十分にリビングとしての機能を発揮してくれそうです(^^

5.分かったこと

ここで色々ヒントになることが分かりました。
①大きい事。
もちろんハマらなければ意味がないですが、小さいテーブルでちょこっと引っ掛けるより、
がっつりかけてしまう方が安定しますね。
②足は確実に収納もしくは取り外しが可能な事。
やっぱり足は邪魔になります。
とはいえなくても安定が取れません。
できれば足で挟めるサイズならよさそうです(^^

6.最後に 

今まで頭を擦りながらの車泊でしたが、
次は起きている時はリビングスペースで横になりたいときに後ろに回ることが出来そうです。
1人だと・・・かなり広めに使える(^^
今年は車泊が結構あったのと、今後も増えそうなので
車中泊グッズと快適空間をパワーアップしていきます!

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事