実験編!可変ポールでテントやタープを快適にカスタマイズ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
テントやタープを自分なりに工夫するのは楽しいところです。
外遊び屋もかつて
シェード君1号
シェード君1号という自作タープを作ったりしていました。
そんな中最近好んで使っている
スーパーシェルター全景
スーパーシェルター!
これをもうちょっと居住性が良くできないか。
そう考えていた時に出会ったのが長さを変えられる可変型タープポール!
これが外遊び屋のニーズにぴったりだったので早速取り寄せ。
実験してみたところ・・・予想通り!
ということで可変タープポールで居住性をあげていきたいと思います!

1.スーパーシェルターに求めたもの

外遊び屋のシューパーシェルターは

こちらの軍幕風のテントです。これで1万円以下ですからね。
飛びついちゃうわけです(^^
これを使いやすく
ポール接合に便利なカラビナ
各所にカラビナをつけてタープ以外でもかかりやすくしてあります。
それは・・・
砂浜の設営
カヤックのキャンプ時にパドルをポールにしたり、
カラビナでポール結合
長いポールを二分割にして設営できるようにし足ります。
大したことない事ですが、これ一つで外遊び屋の利便性はかなり上がります。
テントとカラビナ
流木などでも使いやすくなるので。
ただ・・・不満があります。
夏はいいのですが、寒くなると跳ね上げている幕を寝る時に閉じたり
下げておきたいんですね。昼寝や着替えなどもやはり上げっぱなしではねぇ(^^;
なので簡単にこの跳ね上げを下せないかと考えていたわけです。

スポンサーリンク

2.ニーズにピッタリ可変型ポール

この跳ね上げを簡単に調整できないかと思っていました。
ポールを倒すのも面倒だし・・・
そんな時に出会ったのが

こちらのタープポールです。
まずは基本スペックから
長さ:120~280㎝
太さ:3.2㎝
仕様:4本継ぎ2セット
素材:アルミ
オプション:ケース、ロープ4本
となっています。これが・・・結構遊べます。

3.開封レビュー

では早速詳しく見てきたいと思います。
ポール収納袋
届いたのはこちらの商品!
収納袋は大きめに作られており、ストレスなく出し入れ出来ます。
これって結構重要なんですよね。袋は大きく作って欲しい!
広げてみると
ポール組み立て前
こんな感じです。
長さ67センチのパーツをつないでいきます。
接合部があるので高さが稼げるのが1本で60センチといったところです。
はめ込み式
がちっとはまるはめ込み式!
ズレる心配がないので安心です。ガタつくこともなく
280cmMaxにしてもそれほど揺れはしません。
意外と細かい細工が効いております
長さ調整部分
こちらは長さが調節できる部品を組み合わせたもの。
5㎝ごとに穴が開いているので結構細かく調整できます。
短くしたポール
こんな感じになります。
この調節が簡単なのはありがたいです。
では早速実践的に使ってみたいと思います!

4.スーパーシェルターで実験してみる

では組み立ててみます。
テント設営
ちょっと太いのでテントの設営には存在感出すかなと思ったのですが
それほど邪魔にならないですね。よかった(^^
メインポール
ポールを2本使用しています。
長さが127センチ程度なのでピッタリです。
悪くないですね(^^
ここで長さの調整が肝になります。
長さの違い
長さの調整でこれくらいの差が出せます。
それが必要??

必要なんです!!
これにより、日の動きに対応しやすくなりますね。
日暮れ時にもポールを短くして日を遮ることができます。
そうそうこれがしたかったの(^^
さらに両方を下げれば
短くしたポール
かなり低めにできます。
真冬だと寒いので完全に閉めなければなりませんが
10月の瀬戸内ならコレで何とかなるかな~って思っています。
開けっ放しだと湿気も入りますしね。
ちいなみにすべてのポールを使用すると・・・
一番長いポール
開放的になります。
これはこれで涼しく使えそうだな~!
ポールの長さが簡単に調整できるというのは
意外と幅を広げてくれるなと感心しました(^^

5.注意事項

ご注意いただきたいのは
二分割使用はイレギュラーの使い方です。
設置部分が傷む可能性があるので、この使い方は自己責任で。
外遊び屋は・・・大体のポールをこの格好で使っています。
また可変ということは接合部分が多いので、砂などを噛むと
後々メンテナンスが必要ですから、そのあたりは注意してください。

6.最後に 

いや、良い物を手に入れました。
簡単に長さ調整が出来るのはこの後、アイディア次第では
もっともっと可能性が広がりそうです。
とりあえずしばらくはスーパーシェルターで楽しませてくれそうです。

色はシルバーの他にマットブラッグ、マットレッドの3色あります。
サイトイメージを損なわずに色が合わせられればいう事なしですね(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事