ソロキャンプで釣り
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
先日悔しい思いをしました。
もともとカヤックキャンプのつもりでしたが・・・・
夜に天候悪化の予報。特に雷予報は外遊び屋は避けたいところなので涙を飲んで注視しました。
案の定・・・夜には雷と豪雨・・・中止して正解だった!
しかし翌日には快晴!ここは出ない訳にはいかないでしょう!
ということで珍しくカヤックのデイキャンをレポートしてみたい思います。
今回はまったりと言いながら目標は明確です(^^

1.カヤックの最大の魅力の一つを楽しむ

カヤックの楽しみ方はたくさんあります。
また「カヤック」は「キャンプ」と同じようにその言葉の中にはたくさんのスタイルがあるので
「カヤックはこうだ!」って言いきるのは不可能です。
外遊び屋は海のツーリングスタイルなので、目的地は何となく決めて、
漕ぎ出してから風と潮をみて行き先を変えたり、決定したりできるのが魅力です。
今回も・・・
カヤックで出発
とりあえず漕ぎだします。
正直・・・瀬戸内とは言えこんなにベタ凪も珍しい!
水面を切る感じが気持ちいい・・・。
大潮なので流れがきつい物のまぁ問題ないレベルです。
目的は無人島。釣りをする事も目的なのでちょっとした浜があり、
朝食と昼食用の焚火が出来る程度の流木がある浜を探してフラフラとしていきます。

スポンサーリンク

2.ちょうど良い浜発見!

カヤックやってると良く思うのですが、一度良かった浜も次に行くと全く様相が変わっている事があります。
流木が全く流れ着いてなかったり、砂浜がえぐれていたり、平地がとげとげのツタで覆われていたりと
行くまで分からないっていう事があります。まぁ選びすぎているだけっていうのもありますけど。
今回もフラフラと浜を回って・・・
砂浜発見
何となく良さげな砂浜へ
砂浜
ちょうど良い砂浜!手頃の流木も確認できるのでちょうど良さげです。
意外と・・・早く見つかったな~って
カヤックと砂浜
上陸です。
ちなみに外遊び屋が今回のっているのはパーセプションのエクスプレッションです。
レク艇に近いながらも5m近い長さがあり波を切ってくれるので
まったり漕ぐには安定が良いです。ラダーはあまり使わない派なので
これにもつけていませんが、スケッグが標準装備なので強風の時などは重宝します。
軽さで言うとFRP艇がいいんですけども、上陸地が砂浜に限らない時などはポリ艇が便利ですね。
これは積載も多いのでホント重宝しています。
以上カヤックに興味ない方には全く意味のない話(^^;

3.上陸したら一番にする事!

カヤックで遊ぶときに外遊び屋の中で鉄則がいくつかあります。
①到着したらすぐにタイドラインより上にカヤックを上げる
②何はなくともテントなどの休憩所を設営
③薪の確保
と絶対にこれは最初にやります。
色々理由があるのですが今回は①はしましたが・・・
②に入る前に優先することがありました。
それが・・・

釣りの準備!

投げ釣りの準備をしてきたんで是非釣った魚を食べたい!
釣りは待つことが仕事です。なのでどうせなら最初にセッティングして準備に入れば
その間で釣れちゃうんじゃないかと期待しています。
ということで・・・
おもちゃの釣り具

何年前に買ったか・・・ファミリフィッシングのちょいなげのロッドを使います。
カヤックだと海水バリバリなので良いギアを使うとたちまち悪くなるので
安いので十分だと思っています。不便もないし。
ちなみに外遊び屋は基本ルアーなので餌釣りはあまり得意ではありません。
なので・・・

餌のワームを使用しています。
傷まないので使い勝手がいいんですね。
事アタリは後日レポートします。

これらを使って・・・
砂浜で釣り
ひょいと準備はできました。
なんだかいい景色です。
投げ釣りの砂浜
流れ着いていた木を使ってセッティング完了!
後は魚が来て鈴を鳴らしてくれるのを待つだけです。
これは・・・ワクワクするぞ(^^

4.続きます

意外と長くなるので続きます。「海なだらキャン▼レポ」シリーズになるかな(^^
ちなみに外遊び屋の元々のプライベートなキャンプはカヤックキャンプだけでした。
なので・・・もっとも得意分野なんです(^^
長くなるので今日はここまでです。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事