スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
昨今焚火の地面へのダメージを気にする方も多いですね。
確かにせっかくのキャンプに行った時に芝に残る数々の焦げ跡を見ると
ちょっと残念・・・加えて直火禁止の場所で直火跡があるとげんなり・・・。
そう思うとあってものいいのかなぁと。
他の使用も考えてちょっと買ってみました。

今回は買った商品と期待した機能。実際使ってみた使用感をレポート。
地面へのダメージがあるのかどうか。実験していきたいと思います!

1.購入製品と期待する機能

今回購入した品は

こちらです。
購入した理由は大きさですね。
外遊び屋は

デッキでの使用も考えているので耐熱も欲しかったんですね。
これなら折り返せば耐熱シート機能も上がります。
その為にはそれなりの大きさが必要です。

七輪の下にも使えないと考えました。
◆基本スペック◆
素材:炭化繊維
大きさ:1m×1m
性能:溶接時の耐火・断熱を発揮。
用途:
・耐熱シート用生地、防炎シート用生地
・コンロ、ストーブの周りなど

スポンサーリンク

2.開封してみる

早速開封です。

キレイに梱包されていました。
ちょっと安心(^^

開けてみると・・・コットンのような触り心地・・・
というか最近はやりのインド綿?的な感じです。
意外と普通の布みたいな感じです。

広げるとこんな感じ。
端はほつれます。まぁこれは製品情報にも書いてあります。
何かしらの対策が必要になりますね。
大きさ的には

50cm×30㎝のテーブルです。
このサイズなら問題なく置けますね。
薪ストーブにもこのサイズなら十分そうです。

3.耐火実験

使用感はどんな感じなのか。
使用していきたいと思います。
まず最も使われることが多いであろうデッキでの耐火実験です。
実験方法は

シートの上にレンガ、そしてバットを置いて断熱は今回ちょっと逃げています(^^;
いきなりシートの上で火を熾して炎上しても困るので(^^;
ここに・・・

おそらく外遊び屋の持つ焚火台の中で一番下への熱が強いだろう
ネイチャーストーブを使用してみます。

湯を沸かしてコーヒーを淹れたり、炎を眺めたりと
楽しんでいきます。
しかし今回は耐火実験!
勇気をもって・・・

炭を置いてみました!
待つことしばしでも、燃え上がることはありません。
分かっていてもドキドキでした(^^;
さらに

炭を除けても焦げていません。
溶けた形跡もなし!

灰を除けると無傷な事が分かります。

下の板へのダメージも無し。
5分ほど置いていましたが、ほんのりあったかいくらい。
断熱機能もかなり期待できそうです。
ちなみに焚火台を置いているところは
アルミバットのお陰で熱くなっていませんでした。
しかし少々炭が爆ぜても十分に収まる範囲!1m×1mで良かったなぁ(^^

3.フィールド実験

続いてはフィールド実験です!

まずはアルミバットで断熱しながら使用。
調理をしてかなりの長時間火をつけていましたが

シートは全くの無傷です。

下へのダメージはそれほど無いようです。
地面はだいぶ熱く感じましたので、完全な断熱は無理ですね。
さらに

使用してみました。
シートは全く問題なかったのですが、下が熱くなったので
アルミバットで断熱しました。
マット自体は全くの無傷でしたが完全な断熱は期待できないですね。

4.感想

地面にダメージを与えない!
という点で考えるとやはり完全な断熱は無理です。
断熱に関しては今まで通り手を講じる必要があります。
しかし薪が転がったり爆ぜた炭が周りを焦がすことはないですね。
そう言った言所では「延焼」の不安は減ります。
また灰がこぼれたりすることを気にするならば受けになるのでよいですね。
ただ・・・これさえあれば大丈夫!ではありません。
今まで通りの工夫する必要があります。

5.類似商品

耐火に関しては意識の高まりかかなり商品が出始めました

ロゴスさんからですね。
大きさが80×60です。外遊び屋が購入したものより小さ目ですね。
お値段も2000円ほど。ちなみに外遊び屋が使用した感じでは
炭が落ちて結構汚れるのでこの白いまま使用は無理でしょう。
味とみるか、汚れとみるかの判断が必要になりますね(^^

販売元が違いますが、外遊び屋が購入したものと同じ商品かな。
お値段は少し高めです。
でも1mあると使いやすいんじゃないかな。折って使う事もできるし、
追って50㎝の幅があればほとんどの焚火台は中に納まりますからね。
折れば・・・耐熱効果も上がりますから。

6.最後に 

正直な話、これが無いと「マナー違反だ!」と大騒ぎになることはないと思います。
一方で卓上コンロのテーブルへのダメージや、デッキへのダメージを考えると
かなり有効だと思います。
またフィールドも他人の目が気になったり、綺麗な芝へのダメージを気にする場合は
下に引いててもいいと思います。外遊び屋はデッキ遊びに幅が広がりそうです(^^
これ敷けばデッキで薪ストーブも次の冬には楽しめるかな(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事