モンベルテントは設営10分!ムーンライト7型でうどんキャンプ!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
今年初めてのキャンプに行ってきました。
しかも久しぶりにモンベルのテント「ムーンライト7型」をもって。
最近ミニマムなキャンプにシフト変更しており、大きめのテントを持ち運ぶよりも、ツーリングテント程度を持っていくことがおおかったり車中泊だったのですが、今回は腰を据えてキャンプをしようという事で持って行ってみました。
このテントを張るのは1年ぶり・・・。ちゃんと張れるのか。
不安を抱えつつキャンプに出発です!

1.いざ出発!

今年1発目のキャンプという事で選んだのは、「四国」です。
外遊び屋は瀬戸内の海をメインとした活動の為、車はノーマルタイヤなんですね。
なので・・・冬になると中国山地の方にはキャンプに行けなくなります。
まぁスタッドレスにすればいいのですが、それよりも欲しい物が多いので・・・いまだノーマルです。
なので瀬戸内沿岸でキャンプ場を探すのですが、冬場は結構閉鎖しているところが多いんですね。
そんな中選んだのが、「ホットステイまんのう」です。
国営公園で年中開いています。
また海の神様「金毘羅さん」も近い結構便利ですが敷地が広大なため静かに過ごせる結構気に入っているキャンプ場です。
前日に予約しようとしたら休園日で予約が取れず当日に申し込みましたが快く受け入れて頂きました。
有難い!
という事で四国に向かいます!

スポンサーリンク

2.香川の楽しみうどん!

四国に行くと必ず行きたいうどん屋があります。
それが・・・・
うどん本陣山田家」です。
どうでしょうファンの方はご存知のでしょう。
大泉さんが四国遍路の際に必ず行きたがるうどん屋さんですね。
外遊び屋はココの大ファン!
無論今回も・・・

お邪魔しております。
食すのは大泉さんも絶賛の

冷やしぶっかけです。
麺が長くてまさにうどんののど越しを楽しめます。
加えて出汁が上手い!
もはや・・・ドリンクと化して喉にうどんが流れ込む感じです。
しかし・・・外遊び屋はこれだけではありません。

冷やしぶっかけとかけうどんの2杯頼みます。
いつも冷やしぶっかけ大盛りを食べていたのですが、大盛りと2杯では100円の差しかなく、加えて冷やしぶっかけの麺の腰と、
かけうどんの麺の食感の違い!また出汁の違いなど・・・2杯食べるとかなり楽しめます。
なんせ山田家さん・・・出汁がめちゃくちゃ美味しい!
これで・・・四国に来た楽しみの半分を堪能しました。
どうでしょうファンの方も是非一度!

 

3.到着から設営!

2人前が900円ほどですね。
外遊び屋は・・・たくさん買って帰りました(^^
ちなみにキャンプ飯にも持って行きます!

さてうどんを堪能して、食料を手に入れたら早速ホットステイまんのうへ!
山田家さんからまんのうは1時間弱で到着です。
途中にイオンモールなどもあるので買い物は便利ですね。
ただ・・・外遊び屋は近くの「マルナカまんのう店」がお気に入りの為そちらで食料を調達しました!
手続きは簡単な上にいつも職員さんは好感の持てる接客で気持ちよくチェックイン!しかもフリーサイトは貸し切り状態の事。
これは・・・めっちゃ楽しめそう!
ちなみに荷物の運搬にも台車を貸してくれるので非常に助かります。
ここでもどうでしょうファンを喜ばせるんですが・・・
この台車。どうでしょうの喜界島で出てくる「山田くん」みたいです。
なんだか・・・テンション上がります。
そして・・・

20分ほどで設営完了!
今回使うモンベルのムーンライト7型。
1人で設営しても10分かからずに設営出来ちゃいました。
しかも・・・1年ぶりに立てるので結構丁寧目に立ててこのスピードです。
というのも・・・ただでさえ簡単設営のドーム型ですが、フレームがそれほど長くないので移動が少なくていいんですね。
さらに・・・吊り下げ式なので、フレームを通す手間もないので早いんですね。風が無いのもスピード設営の要因でしたが、フライもかぶせて引っ掛けるだけなのでこの辺りも簡単です。
しかし・・・1年ぶりでこんなに早く立てれると思わなかった・・・。
このムーンライトも設営など詳しく一度ご紹介したいと思います。

4.続きます

毎度ながら到着で第1話終了です。
ムーンライト7型の簡単さと、山田家さんのうどんの美味はどうしても書きたかったので・・・長くなっちゃいました。
しかし今回は色々試したいこともあったので後日詳しくレポートしたいと思います!

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事