スポンサーリンク

外遊び屋です。
今年のアウトドアのテーマは
「簡単」と「レトロ」だと思っています。
レトロ感は人それぞれですが、
簡単というのはやはりありがたいし、
何となくみんな同じくらいの感覚かなって思います。
その簡単を体現しているのが使い捨てコンロですね。
インスタントグリルとも言うんでしょうか。
昨年なんてホームセンターや100均さんにも
おかれた人気商品ですね。
しかし・・・どれほど使えるのか・・・
疑問に思っていたので・・・

買っていたんですね。
今回はこのインスタントコンロをレビューしたいと思います!

1.基本情報

まずはどんな状態な物なのか。
簡単にはライターだけで点火して
火が起きてバーベキューが楽しめるという代物です。

燃焼時間は1時間。
少人数でのバーベキューには問題ない時間でしょう。
ただサイズが270×220とちょっと小さ目ですね。
2人が限界といったところでしょうか。
捨て方は特に書いておりませんので、
使用する自治体の規則に沿って廃棄となるんですね。

スポンサーリンク

2.使い方

使い方は簡単ですね。
まず開封したら・・・

このスタンドの上に本体を置くんですね。

こんな感じになります。
輻射熱は強いので地面で使用する際には工夫が必要ですね。
ちなみにこの時は下が網なので

ベタ置きにしました。
そして・・・使用書によると・・・

この着火紙に火をつけて15分ほど待つと
熾火の状態になり使用可能とのこと。
熾火の状態になるまで待ってからというのは
2度ほど書いてあるのでかなりのキーポイントなのでしょう!
しかしこの15分って燃焼時間の1時間に含まれるんだろうか・・・

3.着火してみる

では早速着火してみます。

端に火をつけました。
この辺り簡単着火の炭よりも簡単に火が着きます。
あっという間に・・

燃え広がりました。
いい感じだ!周りの紙が燃えていくと・・・

落ち着いた状態になりました!
これで着火!

って思ったら・・・消えていました。
なんと着火失敗です。
湿気ていたのか??
とりあえずバーナーで強制的に火をつけようとしますが

中々熾きません。
これ・・・バーナー持ってない人どうするんだろう・・・
とりあえずどんどん炙っていくと、
なんとか火は着いたようです。

4.実食

早速調理してみます。

火力は・・・低い・・・
その上・・・
完全に燃焼できていなかったのか・・・

火薬臭い・・・

これは食べれません・・・。
加えて・・・
どんどん落ちる火力・・・
これでは、全くお話にならないじゃん・・・っていうレベルです。

5.原因究明

このコンロが火力が弱くて使えない!
って結論付けるのは早計ですね。
おそらく炭が湿気ていたものと思います。
これに関しては簡単着火炭の経験があるので
ほぼ間違いないでしょう。
ちなみに外遊び屋の保管期間は3か月未満です。
他の炭と同じ環境で保管していたので、
外遊び屋の保管環境が悪かったのか、
時期外れまであったので、店舗の状況が悪かったのかは
分かりませんが・・・次に買うのはちょっと不安ですね・・・。
なので使用される方は、これだけに頼らない方が無難ですね。
加えて・・・

のようなバーナーを持っておいた方が良いですね。
万が一の場合に備えて。

6.最後に

簡単に使えてやっほーい!って感じになる予定でした。
炭の味だけ気にするはずが、まさか着火に苦労する上に食べれないとは・・・
びっくりでした(^^;
急がば回れ!といったところでしょうかね。
手軽さを求めるなら・・・

デュアルグリル?
煙も出ないし。炭火も味わえるので。
ただお値段は・・・ですけどね(^^;

ちょっと試してみます??(笑)

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事