ソロキャンプの初心者に試して欲しいコンパクト焚火台!!

Pocket

外遊び屋です。
昨日まで三日ほど雑誌の取材協力でキャンプでした。
また機会があれば学んだことも書きますが
カヤックでのキャンプなので非常にこじんまりの
キャンプです。最近車での楽なキャンプが多かったので
再び鍛えなおされている感じでした(^^
この歳でカヤックから一線を退いた感じでしたが・・・

現役復帰!

したいなぁ。
ソロでの小さなキャンプはホントいいものですから(^^
今回はそんな熱い思いがあるうちに
ソロキャンプで特に初心者の方が楽しんでほしい
アイテムをご紹介したいと思います!

1.小さな焚火 

ソロキャンプの楽しみはたくさんの楽しみがありますが、
こそっと小さな焚火をするのも一つの楽しみです。
人数が増えるとどうしても火が大きくなりますが
1人なら薪も少なく手のひらに乗るくらいの火で
十分に調理や炎を楽しめます。

2.小さな焚火にピッタリ焚火皿 

焚火は直火であると非常に趣が出て、一気に
野趣溢れる気持ちになりません?
好きなんですよね・・・直火の焚火・・・
しかし、直火が出来るところも少ないし、
後のはっきり残る直火は後から来た人も
あまりいい気持ちがしませんよね。
決まった場所があればそれでいいですが
釜戸だとなんか気分でないし・・・
そんな時には・・・


こちら広げて使う焚火台のような皿です。
この下に断熱効果を入れてやれば地面に後は残りません。
そして・・・

こんな感じで使える・・・

網を添えれば楽しい焚火になりますね。
薪をくべて組み立てる楽しみもできます。
ホームセンターでよく見かけるコンビですが
使いようによってはかなり遊べるアイテムです。
安い!手に入りやすい!楽しい!
三拍子そろっていますよ。小さいしね(^^

2.コンパクト焚火台 

コンパクト焚火台にも数あります。
まずは外遊び屋が大好きな

ネイチャーストーブです!
かなりの高火力になる上耐久性があるので炭火にも
対応してくれます。
なんなら・・・チャコスタ代わりにも使えますから(^^
何より収納が手のひらサイズと非常にコンパクト!
持ち運びにも便利ですよね。
ホント心からおススメできる逸品です。

広告

さらにちょっと下火になった感もある
ウッドバーニングストーブも面白い!

煙突効果でかなりの高火力な上に・・・

覗き込んでもキレイ!
気を付けてくださいよ。覗き込むときは。
松ぼっくりなどの小型燃料専用ながら
たのしめます。
ただ・・・燃焼効率が良すぎて調理には
忙しいです。

また最近はやりの・・・


コンパクトのカマド型!
これも面白ですが、やっぱり薪を選びますね~。
でもお肉焼くのとか調理はしやすいです。
触った感じでは燃焼効率はあまりよくはないですね。
普通のバーベキューコンロくらいです。
ただ・・・コンパクトなので遊び相手には向いてますし・・・

風防+五徳としてもシングルバーナーでつかえます!
輻射熱で熱くなるので、それを避けるように使ってくださいね。

4.もはや雅?

ソロキャンだと野趣触れる感じを求めてしまいますが・・・
ここで・・・


卓上の小型七輪なんてどうでしょう。
河原で川の音を聞きながら・・・ローテーブルローチェア、
テーブルの上には小型七輪。そして周りにはマツタケのかおりが
ほんのり漂う。
ちょっと冷えて日本酒を口に運びながらマツタケを割いて食す!

や・・・やりてぇ・・・・


肉焼いてる場合じゃない!
これだ!これしたい!
野趣でなく優雅さが漂う・・・
平安貴族のような雅なソロキャンプ!

・・・しつれい!変なテンションになりました。
しかしそんなソロキャンもいいなぁと思いました。

5.最後に 

今回はお仕事キャンプでテンション上がったために
もう書きたいことを書きなぐりました。すみません(^^;
しかしソロキャンや少人数キャンプで小さな焚火をスマートにできる。
外遊び屋には非常に魅力を感じるスタイルです。
まだまだ・・・遊ばなければ!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

「ソロキャンプの初心者に試して欲しいコンパクト焚火台!!」への3件のフィードバック

  1. こんばんは(^ ^)

    焚き火台、いっぱいお持ちですね〜!
    この中ですと、ネイチャーストーブが欲しいですw
    ユニフレームさんは外しませんね。

    私はソロ用に尾上さんのフォールディンググリル買ってたんですが、
    肉焼く用なので焚き火はあまり向いてませんでした(^^;)

    1. みーこパパ様

      おはようございます!
      焚火台・・・といよりコンパクト焚火台は
      何故か増えますねぇ・・・不思議。
      既に手元にない物もありますが(^^;
      私も同じ形状のキャプスタさんのものを触ったことがありますが
      やっぱり焼き物用で焚火にはちょっと使いづらかったですね~。
      薪を選ぶのと入る範囲が決まるのちょっと入れづらいし・・・
      カマドにこだわらず、奥の壁が取れる構造なら
      もっと使いやすいのに・・・って思いますね(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です