簡単!美味しい!スキレットレシピ!vol.1

Pocket

外遊び屋です。
久しぶりにスキレットで料理です。
いや・・・正直外遊び屋ではスキレットは
2日に1度は必ずと言っていいほど出てきます。
お肉焼くのも、煮るのも便利ですからね~。
量も作りやすいところでセーブできるので
取り回しがよいんですね。
今回は・・・レシピっていうほどの事もないけど、
簡単にできるスキレット料理です。

1.塩鮭のピカタ 

外遊び屋は正直ピカタという料理を知りませんでした。
先日行ったカフェでのランチで出てきたのが魚のピカタ。
これが結構美味しかったんですね。
しかも・・・意外とボリューミー!
作りも簡単そうですから早速挑戦です。
ここで今回のポイント。

塩鮭を使ってみる

事です。生鮭を使う事が一般的みたいですが、
塩が染みている鮭を使う方が、ご飯が進むんじゃないかと。
生鮭でも結局塩コショウを振れば、塩がないってわけでもないし
やってみようという事ですね。
作り方は非常に簡単でした!
まず・・・

塩鮭!これに

小麦粉をたっぷりまぶします。
薄くていいんですが、こってりボリュームに(^^
ここに・・・

溶き卵を入れて、鮭に絡ませます。
卵はしっかり白身を切っといてください。
白身を箸で挟み持ち上げるようにすれば
細かく切れます。すると・・・よく絡みます。
昔、京都の焼鳥屋の大将(ホテルで洋食修行)に
教えて頂きました。大将元気かな・・・。
すみません。
この時、小麦粉が多いとしっかり絡む気がします。
絡めたら、熱したスキレットにサラダ油をひき

皮面から焼いていきます。
程よきところで、

裏返して表面を焼きます。
焼き色が付いたら、もう一度卵にくぐらせて・・・

2度焼きです。
2度目も卵に火が通ったら・・・

蓋をして3分程弱火で火を通していきます。
最後に残った卵を鮭にかけてやって卵に火を通せば・・・

完成!最後の卵が効きすぎてオムレツみたいに
見えますが・・・ピカタです。

お米が進むピカタの完成です。
塩鮭なんで、特に味をつけなくても
程よい塩加減です。卵にも味が付いており
食欲をそそります。ただ、サラダ油をバターにすれば
さらに美味しかったかなぁ・・・。
工程も簡単なんで、これはキャンプでも作れそうです。
魚や肉を変えてもいけますからね。
レパートリーのストックが増えた!

広告

2.最後に 

ググってみるとピカタってイタリア料理なんですね。
アメリカでもチキンピカタが有名なんだとか。
チキンピカタって・・・親子ピカタ?
ドンブリにのっけて・・・
親子ピカタ丼ってのもありですかね(^^;
なんだか色々出来そうなので、また試してみたいと思います。


一人用の料理にはロッジのスキレット61/2がおススメです。
購入の際には

スキレットカバーもお忘れなく。蓋と本体が値段が変わらないので、
同じサイズのスキレットを買って、蓋にするのも手ですね。
ニトスキのやり方みたいに(^^

最初の購入は廉価版で良いと思います。
使い勝手になれる為にも。ただ・・・結構こういった廉価版で
満足してしまいますので、ロッジも可愛がってください。
性能の違いは・・・
スキレットを選ぶポイント!ロッジ対ニトリ!差が出る結果に
をご覧くださいね。

 

広告

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでるかも


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside" data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です