8人用テントが1万円以下!Amazonベーシックのテント!

Pocket

外遊び屋です。
最強寒波が来ていますね。
積雪も厳しくなっているようです。
皆様も健康、および交通などなど
お気を付けくださいね。
外遊び屋も全く雪や凍結と縁のない生活なので・・・
しばらく山のキャンプ場は控えようかと思っています。
でも週末には少し、寒さも和らぐよう・・・。
もう少しの辛抱ですね(^^

さて、寒くなると外に出なくなる。
そうすると・・・ネット巡回が多くなりません?
現状外遊び屋がその状況ですね。
そんな時に見つけました・・・
8人用テントがナント1万円を切る!
これは見なければなりません!!
解くことで今回はAmazonベーシックのテントを
ご紹介です!

1.探していたデイキャンプ用のテント 

寒くなるとキャンプをする人が減ってきますよね。
でもデイキャンプなら行ってもいいなぁって。
そんなときの為に一つデイキャンプ用のテントもあっても
良いなぁって思っています。


こんなのもあってもいいなぁと思っていますが、
幕内で火器を使う事に抵抗のある外遊び屋は
この中で火を使う事はないなぁと思っています。
だから、外で火を使い、まったりできる空間が
作れたらなぁと。
ちなみにワンポールのテントも持っていますが、
日陰部分が少なく微妙な時もありました。
また普段使いのテントじゃなく気分を変えれる
ものが良いと探していました。
そんな中で見つけたのが・・・・

こちらです!なんと8人用のテントが1万円以下です。
タープ買うより全然安い・・・
しかし・・・大丈夫なのか??

2.Amazonベーシックとは 

まずAmazonベーシックってなんぞや??
ってとこからです。私も詳しくしりませんでしたが、
名前の通りAmazonの独自ブランドの様ですね。
高品質で低価格を目指しているようです。
まぁこの辺りはどこの独自ブランドも同じ路線でしょう。
ただ、Amazonが行っているっていう事で少し品質も
安心できそうですね。さすがに変なことはしないだろうと(^^
しかし、読んでいると少し不安な事も・・・
どうやら修理や部品の販売は行っていないとのこと。
1年間の保証期間であれば限定の保証がある様ですが、
それが切れると行わないようです。
またギフトで送った場合は、受け取った方には保証はないようですね。
スノピやユニさんなどなど国内ブランドのアフターサービスに慣れていると
ちょっと違和感があるかもしれませんね。

広告

3.スペック 

画像を見る限りでは組み立ては一般的なドーム型ですね。
それほど設営に手間がかからないのではないでしょうか。
ちょっとフライシート小さくない??っていうのと
メッシュ部分が多くない??っていうのが初見の感想です。
夏向きなのかもしれませんね。
しかし・・・
中の広さは約450×270で高さ180程度です。端数は切ってます。
ちなみに


こちらのスクリーンタープでは約320×340で高さ215です。
基本的に使用する意図が違うのでサイズが違うのは当然ですが
面積的には少し広いですね。高さがない分圧迫感がありそうです。
ただ、雨などの耐水面ではコールマンより数段落ちると覚悟しとく方が
無難でしょうね。明記されていないので。

2018追記テントのおススメポイント 

このテントのおすすめポイントは
ドーム型テントという事ですね。フレームを見る限り
かなり組み立てやすそうです。
さらにメッシュ生地が広いので夏の蒸し暑さからは
解放されるでしょう(^^ある程度(^^;
ただ・・・8人用ってよりは5人までで使う方が
広々使えそうですよ。
値段戻ったら・・・欲しいかも・・・

4.使い方を考える 

外遊び屋的にはデイキャンプのお座敷スタイルで使いたいですね。
寒さ対策に弱いかもしれませんが、フライシートを掛けなければ
外がかなり見えそうですから、お花見用としても良いと思っています。
夏の星空観察とか?
また、来客用のテントとして(キャンプ初心者の方を招く時)にも
貸しテントとしてもあってもいいなぁって思っています。
なんせ・・・9千円台ですからね。
でも自分のメインテントとしての通常使いとしては不安ですね。
外遊び屋の他の装備との色合いも合わないし(^^

5.最後に 

ホントいろいろなテントがあるものだなぁとシミジミ思います。
外遊び屋はテントを持たない方とキャンプに行くこともあります。
テントをフル動員していきますが、このサイズが一つあっても
良いと思いますね。マットとかも必要となるけど(^^;
またキャンプ始めたいけどどれだけ使うかわからない。けど
せっかくだからマイテントで挑みたい方にも良いでしょう。
Amazonなので現物を触ることは難しいですが、比較検討の一つに
入れても良いですね。

2018年9月追記

2018年は少し値上がりしています。
15,000円程度になっております。
また冬には値段が下がるのかな(^^
しかし相変わらずのクオリティだと思いますね。
さらに最近の画像を見ているとドーム型の様です。
これは組み立てやすい!
初張にはかなりおススメです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です