自家製保存食でビジュアル映えキャンプ飯を作ろう!

Pocket

キャンプで簡単にビジュアル映えするキャンプ飯を作りたい!
そんな気持ちはキャンパーならどこかしらにあるはず(^^

外遊び屋です。

キャンプの昼食など簡単に済ましたいなってこともありますよね。
インスタントや冷凍食品もこよなく愛す外遊び屋は、躊躇なく
レトルトなどを使います。レトルトとホットサンドクッカーの
愛称は抜群ですからね。

でも!!

今回は保存食を自分で作り、それをキャンプに持って行ってみたいと思います。

 1.作る保存食の選定 

保存食をもっていくぞー!!と行き込んでますが、、問題は・・・

何を作っていくか??

これですね。最初にリストに上がっていたものは

1.お好み焼き
2.チャーハン
3.ホットケーキ

の三点!

スキレットを使う気満々です

どれもスキレットで作り、フィールドでスキレットで温めれば
すぐに食べられる!凍らせておけるし、便利です。
でも・・・なんだか・・・

決め手に欠ける・・・

そこで思いついたのが

チリコンカン

これだ!!

前に挙げた3点は完成しすぎていて、フィールドで手が加えづらい
でもチリコンカンなら、ソースとして使用可能なので、いろいろ
バリエーションも思い付きで増やせるはず。なにより・・・

作るの簡単だから(^^

なので今回はチリコンカンに決定です!

 2.チリコンカンを作ろう 

詳しい作り方は以前のブログ

カウボーイ気分でキャンプをしよう

こちらで紹介していますので、今回は簡単にご紹介したいと思います。
使うのは

ステンレスのダッチオーブンです。
今回は大量に作り、冷まして袋別けまで行うため、作業に時間がかかります。
鋳鉄製でも構わないのですが、冷ますのに時間がかかり、翌日の袋詰め
の可能性を考慮したとき、錆びないステンレスの方が安心できると踏んだからです。
実際、ステンレスと鋳鉄二つあるのも悪くないです。
まずダッチオーブンが2つあるとメインとスープが作れるので便利に加え
キャンプ場でもステンレス製は鍋を開ける必要がないので、量と場面に応じて
使い分けしています。
まぁ外遊び屋はものぐさなので楽なものを持っているだけですが(^^;

広告

ちなみにステンレスの方が大きいダッチオーブンです。
これに、写真のニンニク!

ピーマン(パプリカだとおしゃれ?)
さらに

トマト缶を入れて
潰すように混ぜたら

豆類投入!
このまま蓋をして一時間ほど弱火で煮詰めます。
時間がたったら


お好みの調味料で味付けです。
外遊び屋的にはチリパウダーにこだわらなくても
良いと思います。クレソルも使いますからね。
でもチリペッパーは必須です!
ある程度辛い方が好きなので(^^
味付けをしたら、蓋を開けて水分を
お好みの水分量になるまで飛ばしてください。

完成して冷めたら

ジップロックで小分けにしておきます。
ここで注意!!
チリコンカンって・・・

腹にたまるので量に注意!!

豆を大量に入れた場合は特に注意してください。
外遊び屋は・・・この後量を減らしました(^^;
三分の一で十分・・・・
これを冷凍すれば完成!冷凍なので保冷剤としても
使えて帰りにはクーラーが空く!
いいではないですか!

 3.フィールドテスト 

さて詳しくは後日フィールドレポしますが今回は

メスティンパスタにのっけて、
チリコンカンパスタです!
なんだか変わったミートソースっぽくて美味しかったですよ!

 4.最後に 

今回実験的にやってみましたが、使い勝手もよく、フィールドでも
手間なく、美味しいキャンプ飯となりました。
保存食もバリエーションを増やしていけばさらに、楽しいフィールドライフを
送れそうです。もっと考えないとな~

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です