スポンサーリンク

外遊び屋です。
虫除けキャンドル
このスタイルを見ていただくとお分かりいただけますが、オシャレキャンパーではありません。
トータルコーディネートが出来ないので、オシャレになれない人種です(;^_^A
なので「おしゃれ」なキャンプは憧れながらもちょっと敬遠しがちです。
そのオシャレなキャンプギアのベアボーンズもレトロで雰囲気があって好きなのですが、手が出せないメーカーさんです。
値段もそこそこするので、使いこなせそうにないギアにはちょっと手が出ない。
しかし11月の後半に発売されたベアボーンズの「マイナーランタンLED 」が妙に無骨に感じています。

今回このベアボーンズの「マイナーランタンLED 」を詳しく見ていきたいと思います。
いやなんか・・・アメリカ旧時代のランタンっぽくてかっこいい!

1 ベアボーンズ「マイナーランタンLED 」の全景を見てみよう!

早速色々画像が出ているのでそれを見ていきたいと思います。

まさに「ライト」って感じの形です。
既に書きましたが、なんだか昔の炭鉱で使われていそうな形です。
昔と言ってもそれほど昔でないけども、昭和的といいましょう馴染みのある懐かしさを感じます。
でも

USB充電でちゃんと令和のアイテムなんですね(^^

充電の残量も見れるようになっていて使いやすい設計!

そしてこの電気が出始めた時のスイッチじゃないかというスイッチがまたレトロ感を増しています。
いいですね。
雰囲気を出しながら機能は現代!
サイズ感は

この位!
コンパクトなので置物としても良さそうです。
なにより見た目が良いですからね!う~ん!ちょっと欲しくなるな~!

スポンサーリンク

2 ベアボーンズ「マイナーランタンLED 」のスペックを見てみる!

基本スペックを見ておきたいと思います。
■サイズ:10.8×10.8×11.4cm
片手サイズですね。サイトを照らすには不向きの大きさでしょう。
ソロキャンプの雰囲気出しとかテント内ですかね。
■バッテリー:LI-ION 18650 | 2200mAh 3.7V 8.14Wh
■充電時間:6時間(Barebones専用リチウムイオン電池のみ)
■充電方式:USB-C充電
充電には時間がかかりますが、こんなものかなという感じです。前日には思い出して充電して置く必要があります。
■明るさ/Lowパワー/30ルーメン、Hiパワー/250ルーメン
■連続点灯時間:Lowパワー/15時間、Hiパワー/3時間
250ルーメンなのでテーブルランタン程度の明るさです。30ルーメンとなると下手するとキャンドルランタン位かな。
雰囲気出しで使うのがちょうどいいくらいかなと思います。

3 ベアボーンズの「マイナーランタンLED」買う?

まずはお値段楽天では

Amazonでは

どちらも8,800円です。
ちょっとお高いかなと思いますが、デザインなどを考えるとむやみに高いという訳ではない値段かなと思います。
あとは自分のスタイルと勘案して、この値段が高いかどうかですが、外遊び屋のスタイルでは今のところはいいかなと思っています。
ただ欲しいか欲しくないかで見ると「欲しい!」です。
だって可愛いじゃないですか。最近おこもりキャンプも多いので、これをテント内にぶら下げておきたい!
ご飯も食べ終わって動画見ながらお酒飲むときにはこの灯りをつけてゴロゴロしておくのいいなぁと思います。
ただ150ルーメンが3時間しか点灯できない事を考えると普段のキャンプスタイルにはちょっとついてこれないかなって思いました。
好きなんですけどね~!デザイン!
ここはいったん欲しい物リスト入りで止めておきます。

4 最後に

ベアボーンズの「マイナーランタンLED」を見てきました。
実際欲しいです!手元に置いておきたいギアですが、自分のスタイルには合わないかなと思っています。
「あ!今ここだ!!」という瞬間があればその時に改め検討したいと思います。
今使っている

こちらのランタンも気に入っていますから。

 

 


 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事