フィールドラックは安いだけじゃダメ!強度を生かしてスッキリ収納!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
フィールドラックが流行しており、楽天でも週間ランキング1位を獲得する物も現れました。

3段セットでこの値段というのは魅力的です。
外遊び屋もキャンプや車中泊でも使いたいなと思っていたのですが、心配事がありました。
それが強度!
焚火のアツアツの物を乗せたり、車中泊でも使いたかったので溶接が甘いなどの不具合や強度に不安があるのではと思って気後れしていました。
やっぱり安心して使えるユニフレームの物が良いかなと。

そんな折になんとフィールドラックを提供いただきました!嬉しい!!

嬉しいな~!ちょっと安価なので強度が心配なのですが、そこも併せてじっくりレポートしたいと思います。

1 しっかりした作り!フィールドラックの細部を確認してみる!

到着しました!
フィールドラック
しっかりしたケースに入っています。
それほど重くないラックですが、カバンが頑丈で入れやすいという事は他の品質も安心できそうです。
フィールドラック
2つセットなので収納ケース付きは便利ですね。
重さも一つ約2kgなのでそれほど持ち運びが重いとは思いませんでした。3枚あると流石に重いでしょうね(^^;
天板付きの物も提供いただいていますが、そちらも天板の分だけちょっと重いと感じましたから(^^;
持ち運び青考えると、重さと大きさは要注意です(^^;
今回提供いただいたフィールドラックの大きさは使用時/約60×35×23(高さ)cm、収納時/約60×35×1(厚さ)cmです。
フィールドラック
しっかりした広さがありますが、収納時が薄いのも助かります。
重量も収納袋まで合わせても4kg弱と特にかさ張るというイメージはありません。
家でもキャンプ道具の隙間に収まっています(^^
フィールドラック
細部もしっかり溶接されており、不安は特に感じていません。
また重ねて使う時にもピッタリハマるので滑って落ちる事もありませんね。
これならフィールドでも、車中でもそして家でのキャンプ道具の収納にも役に立ちそうです。
なるほど!フィールドラックは家では収納しているのではなく他のアイテムの収納場所としても使えるわけですね。
これは役に立ちそうだ(^^

スポンサーリンク

2 指つめ注意!フィールドラックの組立!

さてこのフィールドラック!同じ系統の物が多いですがどうやって組み立てるか?
それは見てしまえば簡単でした。
フィールドラック
こちらの足の部分の真ん中を引っ張って
フィールドラック
真ん中に引っ掛けるだけ。
ちょっと力が必要な事と、引っ掛ける際に指を詰める可能性があるので十分に注意してください。
作業手袋などをしてもいいかもしれませんね。

力が必要な分
フィールドラック
使う時のガタツキやぐらつきは全くありません。
なかなかいい作りしていますね。
フィールドラック
重ねても先ほど書いたように滑って落ちる事はありません。
むしろしっかりホールドされている感じで
フィールドラック
安心してものが置けます。
アツアツのダッチオーブンなどの置けるので、テーブルとしても安全に使えそうです。
これは便利かも!

3 フィールドラックを使ってみる!

さて今回はラックというよりテーブルとして使ってみます。
フィールドラックを使用してみる
大きさがあるので焚火台の周りをコックピットのようにしても広々使えます。
フィールドラックを使ってみる
断熱をちゃんとすれば焚火テーブルとしても使えますね。
ラックだけじゃなくテーブルとして使えるのもキャンプの出番が多そうです。
また
車中泊でフィールドラックを使う
車中泊にも大活躍でした。
後部座席の足元にラックを組むことで、テーブルと
車内にフィールドラック設置
収納をたっぷりと取ることができ車内が快適に広く使えるようになりました。
この時は天板付きを使用しています。
フィールドラックはサイズさえ合えば活躍の場は広そうです。

4 最後に

フィールドラックは気になりながら手にしていませんでしたが、使う局面は多そうです。
また溶接や金属のバリなど細かい所を気にしていましたが、どれも綺麗に作ってありました。
格安品を買う時に覚悟するこういった細かい所や、作りの甘さもあるのですが、丁寧な仕上げを見ると安心しました。
長く使っていけそうです。キャンプに行かない時のキャンプギア収納場所としても活用できるので(^^
今回提供頂いたのはこちらのフィールドラックです。リンクがつながらない場合は

コチラを試してみてください。
天板付きは

こちらです。

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事