欧米アウトドアシーンで人気も理解できる!完熟トマトパウダー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ちょっと変わったものを提供いただきました。それが

完熟トマトのパウダーです。今欧米で人気のアウトドア用品として大人気だそうです。
正直「え?これが??」という先入観を持ちましたが使って分かるこの便利さ!
トマトという夏の食欲が落ちた時にもぴったりな食べ物で常温保存できる携行性の良さ!
料理もしてみたので詳しくレポートしたいと思います!

1.完熟トマトパウダーで夏キャンプの熱中症予防!

まずは完熟トマトパウダーってどんなもの?って所から。
届いたのはこちら!
完熟トマトパウダー
パック詰めされています
完熟トマトパウダー
さらさらのパウダーです。
常温保存できるので調味料ケースでも持ち運べます。
パウダー大匙1杯(15g前後)でトマト1.5個分の成分が含まれています。なので

こんな感じの調味料入れでも持ち運びできます。
場所も取らないし、温度管理も要らない所が夏キャンプにもピッタリかな。
しかし夏キャンプに良いというのはこれだけではないんです。
夏は暑さ対策が必須なキャンプですが、熱中症予防も大事!
トマトジュースは熱中症予防に効果があると言われます。ただこのジュースを持ち運ぶのは大変!
しかしこの完熟トマトパウダーならこれを水に溶かすだけでトマトジュースになるんです。

ただでさえ荷物が多くなるキャンプ!飲むか飲まないか分からないトマトジュースはちょっと荷物にはしたくない。
でも熱中症予防や野菜不足を補うことが出来るものがあれば便利!そんな時にパウダーを持って行けば省スペースでトマトジュースを持ち運べます。
ステンレスボトルにパウダーと水を入れてよく振って溶かせば完成!
調味料としてだけではなく、健康維持にも使えます。キャンプだけじゃないですね。出番は(^^
味はそれほど強いトマト風味ではなく、ちょっと甘みを感じる優しいトマト味です。
実はトマトあまり得意でないのですが、完熟で青臭くない物のみを食べられる外遊び屋。
トマトジュースはほぼ飲みませんが、これなら飲むことが出来ました(^^

スポンサーリンク

2.完熟トマトパウダーでキャンプのお昼ご飯が楽になる!

さて熱中症予防にもなり持ち運びが便利な完熟トマトパウダーですが、調味料としても優秀です。
キャンプのランチを手軽にしたい時にも便利です。

マカロニ湯がいてコンソメとこのパウダーと塩を少々で簡単ランチが出来そうです。
いやこれだけでなくメスティンで作るパスタとか、スープパスタにもそのまま使えるんです。

欧米ははトマトベースが多いイメージなので確かに使用する機会が沢山ありそうです。
欧米で大人気!何となく理解できなくは無いですね(^^

3.完熟トマトパウダーでチリコンカン風を作ってみた!

せっかくなのでジュースとして飲むだけではなく料理もしてみたいと思います。
今回作るのはキャンプで簡単!チリコンカンです。
チリコンカン
大豆を使うのでお腹もいっぱいになるキャンプ飯!
作り方は簡単です。
チリコンカンを作る
ニンニクを軽く刻んだら
チリコンカンを作る
ダッチオーブンなどでオリーブオイルで炒めます。
色が変わったくらいで
チリコンカンを作る
挽肉を入れて炒めます。この時塩こしょうと今回は七味も少し入れました。
そして炒めながら
チリコンカンを作る
ミックスベジタブルと
チリコンカンを作る
大豆を入れて
チリコンカンを作る
お肉に軽く火が通る程度に混ぜ込んでいきます。
火が通ったら水400mml程度を入れて
チリコンカンを作る
完熟トマトパウダーを大さじ3杯ほど入れました。
そしてぐつぐつとかき混ぜてひと煮立ちしたら
チリコンカン
完成です。
簡単ですね(^^
アルミクッカーでもできますが、アメリカのテキサス州発祥の料理なのでダッチオーブンなどでワイルドに作るのも風情があります。
味は、しっかりトマトの味なんですが、酸味があるわけでなくまろやかです。
缶詰のトマトを使った感じの味かな。しっかりトマトの味がするので、トマト好きも満足できる味かと思います。
まだまだ簡単レシピはたくさんできそうなので、追記していきたいと思います。
色味からしてもダッチオーブンと完熟トマトパウダーは相性が良さそうです。

次はキャプテンスタッグのミニダッチを使ってもいいなぁ(^^

4.最後に 

今回は完熟トマトパウダーを提供していただき使ってみました。
夏場にはトマトジュースとして、またカクテルなんかにも良いですね。
冬場にはミネストローネなども簡単に作れそうです。
ケチャップの代わりにもなるので荷物も減らせそうです(^^

トマト缶などと違って収納場所も取らない上に、常温で持ち運びできるのでキャンプにはぴったりです。
今日は何作ろうかな(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事