大人なアウトドアを目指す!アグリキャンパーの奮闘記!いつでもアウトドアライフ⑫
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
どちらかというと落ち着きのないキャンパーで流行り物にも弱いキャンパーです。
どんなスタイルのキャンプもかっこよく目に映りますから(^^;
しかし「肉。食うか?」でピンとくる方も多いかと思いますが、あの渋みのある落ち着いた大人なキャンパーにもなりたい。
そんなことも思っています。
なので今回はちょっと落ち着いたアウトドアスタイルを目指しました。
大人なアウトドアスタイル
ランタンの灯りをふわりと灯し、小さな焚火台で炎を上げる。
その灯りに照らされてククサで飲む!
そして流木の目隠し!いや風除け。
うん!落ち着いた雰囲気が出来ました。しかしリンちゃんのおじいちゃんの貫禄は出ませんね(^^;
落ち着いたアウトドアスタイル
それでもいつにない落ち着いた雰囲気でちょっと満足!
これでちびりと酒が飲めればいいのですが、この猛暑!大好きな金麦も蒸発するのが早いようでどんどん減っていきます。
「大人なアウトドア」まだまだ難しいようです。しかし!諦めたらそこがゲームセットです。
大人なアウトドア
じっくりとこの雰囲気を味わっていこうかと思います。
そしてこの頑張っている外遊び屋に
高級ウィンナー
高級ウィンナーを腸詰屋蓼科店さんより提供していただきました。

腸詰屋蓼科店のウィンナー
チーズインとガーリックウィンナーを焼いていきます。
しかし今回は大人なアウトドアの時間!一気に焼かずに
チーズインウィンナーを炭火で焼く
食べる分だけを焼いていき、常に焼きたてを食べられるようにします。
このがっつかない所も大人なアウトドア!とニヤつきながらウィスキーのハイボールを飲みます。
飲み方は決して大人ではないな(^^;
チーズインハンバーグを焼く
それでもじっくりと焼いていく時間というのは楽しい物です。
食材一つに集中する。いかに美味しく食べるか?自分が最高に焼き上げる!
そんな気持ちでいっぱいです。
そして
チーズインウィンナー
熱膨張で圧迫されたチーズが溢れ出しました!これスゴイ!
いやウィンナーは弾けさせる派です。
なのでじっくり焼いて「プリッ」と避けたところで食べようと思っていたのですがこのウィンナー!皮に柔軟性がありすぎて弾けません。
チーズインウィンナーを焼く
溢れるチーズ!これ以上は無駄にできないと早速かぶりつきました。

あっつ!!でもうっま!!

皮が柔軟性があるので柔らかいかと思いきや、噛んだ瞬間にパリッと弾けました。
そして広がる肉汁とチーズの味!この弾ける味覚はシャウエッセンの10倍?
今回外遊び屋の焼き方が良かったこともあげておきますが、それ以上の感動です。
うまっ!えっと・・ウィンナーを食べているというよりはジャンボ焼売に近い味?
お肉なんですよ!もう味が!そしてその中に閉じ込められた肉汁!味が濃い!それにチーズですからね。
これはお子様も大喜びな味でしょう(^^
ウィンナーとククサ
ハイボールもどんどん入っていきます。
続いては
ガーリックウィンナーを焼く
ガーリックウィンナーです。
チーズインウィンナーより大きいですね。1本でシャウエッセンの2倍くらいあるんじゃないかと思いました。
ガーリックウィンナー
じっくりと焼いていきます。がっつかず、焦らず落ち着いて焼く!うん!大人雰囲気だ(^^