今から間に合う!夏キャンプの暑さ対策!ポータブルな扇風機考!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
夏キャンプの対策はたくさんあります。暑さ対策は特に重要な対策と認識しています。
その暑さ対策も色々ありますが、今回はキャンプで使えるポータブル扇風機を詳しく見ていきたいと思います。
外遊び屋もいろいろ考えながら検討し、結果手に入れたのは5台です。
自宅でも使っているので特に多いとは思っていません。たった5台ですが、持っていると色々考えさせられることがあるので今回はキャンプに持って行くポータブル扇風機について詳しく書いていきたいと思います。まず言えることは無いよりはあった方が良い!
そこから始めていきたいと思います!

1.夏キャンプで暑さが和らぐポータブル扇風機の使い方!

夏キャンプは暑いです。灼熱を感じることがあります。
外遊び屋の扇風機は日中自分や人に向けて使う事は極めて少ないです。
もちろん使わない訳ではないですが、キャンプ中に最も扇風機が必要な場面は寝る時のテントの中だと思っています。
キャンプで暑くて夜寝れない体験というのは思っている以上に辛いんです(^^;
また日中の日差しによるハウス効果でテント中は熱が籠って温度が上がっています。この時に荷物をテント内に入れていると、荷物が蓄熱していて、テント内の温度が下がりにくい状態になります。
テントをメッシュにするといくらか風は抜けますが、それでも熱気が籠りいざ寝る時にもまだ暑くて寝づらいという事があります。
また高温多湿の日本ではテント内に湿気がこもりさらに体感温度を高く感じさ、寝れないという事態が発生します。
これを緩和させるためにポータブル扇風機を使用する事が多いです。
サーキュレーターとしてテント内の空気を循環させることで、テント内の空気が外にも出やすく換気につながったり、空気が動くことで体感湿度を下げる効果もあります。
扇風機があると無いではテント内の環境も全く違い、忘れたことで寝れない経験もしているので外遊び屋にとって夏キャンプの夜の扇風機は欠かせない存在になっています。
もちろん設営後の自分の汗だくの時にちょっと扇風機にあたることもあります!体を冷ませば随分と楽になりますからね。
正直扇風機はあった方が良い夏のキャンプギアだと思います。

スポンサーリンク

2.夏キャンプに便利!ポータブル扇風機の選ぶポイント!

あった方が便利な夏キャンプの扇風機!しかし色々な物があります。5台しか持っていませんが、その5台で感じた夏キャンプに便利なポータブル扇風機の選ぶポイントを紹介!
どれも一長一短あるので、選択肢としてのポイントです。2つ紹介していきます。
①扇風機の電源
まず1つ目は電源です。電池か充電式か外部電力が必要か?そんなところです。
日中もつけていて、夜も回したい!使用時間がキャンプ中全部となると30時間近く扇風機は回りっぱなしです。
そうなると充電式ではその時間の電力を確保することが難しくなり交換できる電池式やモバイルバッテリーなどを使う物が予備の電力を持っていけるので便利です。電池ならキャンプ場でも補充できる可能性が高いですから。
反面せっかくだから家でも使いたいというときには電池の交換を考えなくてよい充電式の方が手軽かなと思います。
とにかく気を遣わずにキャンプ中は扇風機を回したいという方には予備電力が確保できるものを。
稼働時間内で工夫して使うという方は充電式でも問題ないかなと思います。
一応どっちがいいかな~って考えといた方が汎用性も広がってくると思います。

②扇風機の大きさ
外遊び屋の持つポータブル扇風機も直径が10cmくらいから30cmくらいまであります。
お店を覗いてもこの位の物やもっともっと大きい物があります。
扇風機が大きいとそれだけ大きな風が起こせるので涼しくなります。
しかし車に乗りづらかったり、テント内には入りにくかったり、また稼働音が大きかったりという事も想定できます。
寝ている時に音が気になって寝れないというのもいただけない結果になります。
かといって小さい物は空気を動かし切れないという事もあります。外遊び屋的には30cmくらいの物がいいですね。
ソロ用のテントの中にも十分入れられるし、大きいテント内でも空気を動かせます。
どのくらいのテントで使う事を想定するか?そこも考えておいた方が良いと思います。荷物の量も変わってきますから。

外遊び屋はこれらを考えずに購入して結果的に5台あります。充電式が3台、モバイルバッテリーが1台、電池式が1台です。
実際複数台持っていると便利です。空気の流れを感じないともう一つ動かして調整することもできます。
また充電式ならば1つを稼働させている間に、もう1つを充電させておけるので交代させながら使えば点けっぱなしも可能です。
充電式も弱風なら10時間くらいは稼働する物が多いので、1台購入で考えずに複数台で考えてもいいかなと思います。

3.明日から使えるポータブル扇風機を探す!

季節ものアイテムって「この週末には欲しい!」という事もあります。
なのでとりあえず楽天の「あす楽」対応の物や、Amazonのプライム会員なら翌日配送の物を中心に見ていきたいと思います。
ただ「翌日には到着」を保証するものではないのであくまでも目安程度の物です。


こちら!コールマン「テントファンウィズLEDライト」!外遊び屋も一番最初に買ったポータブル扇風機です。
というか当時あんまりなかったんですね。風はそれほど強くないものの、テント内の循環扇としては十分に機能してくれています。
電池式は電池の手配が面倒ではあるのですが、充電忘れや、電源切れに強いのは重宝するポイントです。
また羽が柔らかいスポンジ素材なので手が当たっても痛くありませんし、タオルを巻きこむようなこともありません。
安全に配慮されているなと思います。

テントの上などからも吊るせるようになっているので便利ではあるのですが730gに加えて単一電池4本分の重さが加わるのでかなり重い扇風機になります。テント内設置などは注意してください。大きさは直径25cmくらいなので持ち運びには苦労がありません。
コールマンのバッテリーが使えるのでコールマンユーザーは便利でしょうね(^^
アルカリ電池を使えば20時間は稼働するので朝まで使える稼働時間ですね(^^

sotosotodaysさんはあす楽に対応していているようです。sotosotodaysさんって親近感湧く名前なんですよね(^^
バンドックでも同じような扇風機があります。

こちらはプライム会員なら翌日配送してくれるみたいです(2022年7月7日現在)

続いてちょっといいなぁと思っているのが

テントの循環扇に良さそう!最大稼働時間は25時間!一番弱い風ですかね。強風で6時間だそうです。
リモコンコントロールでき、三脚で立たせられるのでちょっとおしゃれに見える扇風機かな。
大きさ表記が無かったのでちょっと詳しく分かりあ箋が25cmくらいでしょうか。扱いやすいサイズですね。
また翌日配送は無かったのですが

ここひえ!水冷式で冷たい空気がでる送風機USB電源なのでモバイルバッテリーやポータブル電源で動きます。
外遊び屋の物は旧式なので、ここまで良い物ではありませんが、やっぱり重宝しています。

旧式の物は翌日配送がありますね。
またここひえでなありませんが、格安の類似品もあります。
このタイプはテント内で使うと湿度が上がるので、注意してくださいね。

4.最後に 

夏キャンプの暑さ対策にポータブル扇風機を見てきました。
外遊び屋はソロが多いので小さい物が多いですね。ただ夜にテント内で回すことは考えて選んだ方がいいかなと思います。
まだまだ色々扇風機はありますし、ポータブル電源あるから家で使ってるのでいいやっていうのもあります。
あくまで選択肢の一つとして。
ただキャンプに扇風機はあると助かりますよ(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事