DOD参戦!二次燃焼系の新焚火台を比べて分かったそれぞれの魅力!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
新しい焚火台が到着しました!
プチもえファイヤー
DODの「プチもえファイヤー」!
DODより「ぷちもえファイヤー」新発売!人気の焚火台にプチ!

二次燃焼系の焚火台でちょっと使いやすいサイズが欲しいなと思って購入。
どちらかというと無骨を目指したい外遊び屋にはDODはちょっと挑戦でした。
ファーストインプレッションは
「可愛いやないか~~~!!」
といった感じです(^^
また使っていないので詳しいレビューは後日にしますが
二次燃焼系焚火台
二次燃焼系の焚火台が3つになりました。
並べてみると分かる二次燃焼系の焚火台の魅力!
ちょっと初火入れの前に迫ってみたいと思います!

1.初めて見入った炎の美しさ!ウッドバーニングストーブ!

最初に出会った二次燃焼系の焚火台は

まさにこんな感じの焚火台でした。既に手元にないのが残念です。購入したのも2,000円位だったかな~。
当時は二次燃焼系とかではなく「ウッドバーニングストーブ」と言われていたかな。
煙突効果もあり、非常に燃焼効率の良い焚火台くらいの印象でした。
実際12センチくらいの径の大きさなので焚火台としてはちょと物足りない。
そんな感じで使ってましたが、ある日、中を覗き込んでびっくり!
周りから噴き出す二次燃焼の炎!温度も高かったためか、青色の炎でした。
その美しさにしばし見惚れていたことを覚えています。
当時はまだこのタイプの物はソロストーブしか有名ではなかく、二次燃焼もトークスくらいしか知らなかったので、
2,000円ちょっとで購入できたこの焚火台は非常に印象深い物でした。
一方で、収納がかさ張ることと、当時大きな焚火を好んでいた事もあり手放してしまいました。
まぁ自分のスタイルに合わなかったんですね。それから幾年か・・・あの美しい炎が見たいという気持ちがくすぶりました。

スポンサーリンク

2.激安とサイズに惹かれて再度二次燃焼系焚火台デビュー!

そのくすぶっていた二次燃焼系の焚火の炎の美しさに対するあこがれに再度購入を決意させたのが

1700円以下で購入したこちらの焚火台です。
前回はソロストーブ型に近かったので、今回はトークス型にしてみたかった事もありましたが
何よりサイズが17㎝程度あるので、調理も薪もしっかり入りそうというところで選びました。
実際
肉の塊を焼く
調理もしやすく
ユーラー焚火台
薪もある程度許容範囲のある大きさで使いやすく、値段の割には楽しめる焚火台であります。
もちろん二次燃焼も綺麗に出ます。
なにより囲炉裏鍋との相性がいいので、楽しませてくれる焚火台なんですね。

ただ1点!不満があるのは予想通り収納がコンパクトでない事。
これはもう覚悟していた事とは言え、やっぱり大きいんですよね。
二次燃焼系の焚火台である以上、小さくならないと思っていました。
そこで出会った折り畳み出来る二次燃焼系!
調べるうちの欲しい物が出てきました!

3.折りたためるのに2次燃焼!パイロマスター2!

行きついた感のある二次燃焼系の焚火台!
それが
南部鉄器
パイロマスター2です。
コニファーコーンのパイロマスター2
ほらっ!
こんなにコンパクト!
パイロマスター2
分かりづらいですが、二次燃焼もちゃんと起きます。
ただ、ヨーラーの物よりもちょっと二次燃焼が起きにくいかな。
それでも
パイロマスター2
蓄熱性の高い南部鉄器も難なく温める火力は流石だなと思います。
ただ・・・今度は小さい!携行性に優れる分、薪を選ぶのは已む得ないのですが、
もう少し携行性は妥協しても、薪を選ばない物も欲しいなぁと思いだしました。
二次燃焼できてコンパクトな焚火台!コニファーコーン「パイロマスター2」!