バンドックより新発売?オイルランタンは格安で本格的?
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
バンドックのソロドームが欲しい熱が収まりません。

ホント魅力的なアイテム持ってます。バンドック!
そのバンドックから新しいオイルランタンが発売されているようです。
Amazonでは2021年10月6日に登録されています。
落ち着いてきたとはいえ、高額が続いているハリケーンランタン!

この世界に2,000円台前半で切り込んできました!
詳しく見ていきたいと思います!

1.バンドックのオイルランタンの詳細を見てみる!

早速今回発売されたバンドックのオイルランタンの全景を見てみたいと思います。

シルバー一択です。
色々カラーバリエーションを揃える傾向にあるキャンプアイテムの中でカラー一択!
そこにシルバーを持ってきたことに無骨メーカーの心意気を感じました(^^
本体は至ってシンプルですが

ホヤにはしっかりバンドックの文字があります。
やはりこれが無いと格安品を持ってきただけかと思ってしまいますから、自社ロゴは是非入れてほしい!
このホヤも

単体で売っていますので、万が一破損した場合にも安心です(^^
このバンドックのオイルランタンの気になったところが

こちらの芯を調整するハンドル!
外遊び屋もいくつかの格安オイルランタンを触ってきましたが、ここがしっかりしていないと
芯の調整時に空回りしてうまく炎が調整できない事があるんです。
これがどうかな~って思いますが、作り自体はしっかりしてそうです。
格安ハリケーンランタンを購入するときの注意事項と代替対策案!
これで2300円前後なので、ちょっと買ってみたくなります。
ランタン
フュア―ハンドランタン持っているんですけどねぇ(^^;

スポンサーリンク

2.バンドック「オイルランタン」の基本スペック!

基本スペックをフュア―ハンドランタンと比較しながら見ていきたいと思います。
●サイズ::約160×120×250mm
フュア―ハンドランタンが135×150×265mmなのでちょっと小さい感じです。
●重量:約400g
こちらもフュア―ハンドランタンが530gなのでやや軽め。
●容量:約200ml
フュア―ハンドランタンが340ml程度なのでこの違いが大きさと重さの違いかな。
バンドックのランタンが14時間燃焼に対して、フュア―ハンドランタンが20時間以上とあるので
長時間点灯の場合にはフュア―ハンドランタンが便利ですかね。
でも実際満タンで使い切るまでキャンプしたことは無いので、この差がどうなるかはちょっと分かりかねます。
数字だけ見ていると、やっぱり魅力的だなぁと思います。

3.他の格安オイルランタンを見てみる!

高騰中のフュア―ハンドランタンやデイツに変わって、所有欲を満たしてくれるメーカーさんはたくさんあります。
やはり最初に助けの手を出してくれたのが

キャプテンスタッグかな。色も豊富でサイズも3種類あるのがかなり嬉しかったです。
何よりあまりにも高騰していたため手が出ないと嘆いた友人が購入して嬉しそうにしているの見て
「流石鹿番長!」と思ったことを鮮明に記憶しております。
また他にもキャンドルランタンの老舗。カメヤマキャンドルより

シルバーや

カメヤマキャンドルは2,000円を切る事もあるので、懐にもやさしいです。
手を出したり、ブログでもあまり挙げなかったのはロゴが見当たらないんですよね。
シンプルで良いのですが、ロゴ欲しいんですよ。箱はかっこいいんですけどね(^^
ホント各メーカーさんの努力により、無理に転売の高額な物に手を出さなくても
安心して使えるアイテムが増えている事には感謝しかないです(^^

4.最後に 

バンドックから発売されたオイルランタンがちょっと嬉しかったので記事にしてみました。

選択肢が増えてきたことは非常に嬉しいですね。
2,300円位かぁ・・・。後輩君のキャンプデビューにプレゼントしてもいい値段だな~(^^

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事