新発売!キャンプ作業台問題に朗報!VENTLAXキャンプテーブル!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
外遊び屋のキャンプスタイルは
夜が明ける
ロースタイルです。
そして
焚火ハンガー
砂浜で行うことも多いんです。
そんな時にいつも思っていたのがちょっと大きなテーブルが欲しいという事!

SOTOのフィールドホッパーを持っているのですが、料理と飲み物を置くと一杯で、
調理したクッカーやケトルなどを地面に直置きするか、薪の上に置くしか手が無かったんです。
なので

大きめの格安ローテーブルを買って2台体制で対応しています。
しかしVENTLAXより新発想のローテーブルが発売されました!
このテーブル2枚体制が解消されるかもというアイテム!発想がコロンブスの卵的な斬新さです。
ちょっと詳しく見てみたいと思います!

1.新発想で超えた常識の壁が広さを生んだ!

ホント新発想というかコロンブスの卵的な発想だと思います。
まずはおさらい的に外遊び屋も使うフィールドホッパー!
ソト(SOTO) ポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630 アルミ ロールテーブル ケース付 アウトドア用 折りたたみ式 ソロキャンプに最適
ヒロシさんも使っている超メジャーです。
さらに先ほどの大きいローテーブル。
Zoarlan アウトドアテーブル ミニテーブル アルミ製 ソロキャンプに最適 軽量 組立簡単 収納袋が付き 銀色
そしてもう一つ実は所持していて相方に占有されている
スノーピーク(snow peak) テーブル オゼン ライト [登山用]
この3つを見た時にお分かりいただけると思いますが、今までのローテブルはの基本構造は2枚の板を広げて足で固定させること。
この2枚の板を大きくすることでテーブルを大きくしていますが、そうすると収納が邪魔になります。
使うとき大きい物は、収納も大きくというちょっとしたジレンマでした。
ちなみにSOTOのフィールドホッパーもラージが出てます。
これは店舗で見ましたが大きすぎて外遊び屋のスタイルには合いませんでした。
その頭の上で今回VENTLAXのローテーブルを見ると
VENTLAX キャンプテーブル ローテーブル アルミ製 軽量650g コンパクト 耐熱250度 折りたたみ設計 3枚組 (マットブラック)
3枚組です。これはびっくりしました!というかなるほどな~って。
まさにコロンブスの卵!こうすることで収納小さく、使うのは大きくできるわけです(^^

スポンサーリンク

2.VENTLAXローテーブル基本スペック

では大きさなどの基本スペックを見ていきたいと思います。
参考にするのは

SOTOのフィールドホッパーと比較しながら行きます。
収納サイズ
●VENTLAX:13cm × 40cm × 3 cm
●SOTO:11cm×29.7cm×1.9cm
収納サイズはフィールドホッパーより2回りほど大きいです。
天板がかなり広いと思われます。厚さは3枚組という事もあり3cm。
フィールドホッパーやオゼンライトを使っている方には大きいと感じるサイズです。
外遊び屋的には大きい方と変わらない大きさかな。
展開サイズ
●VENTLAX:35cm × 37.5cm × 10cm
●SOTO:29.7×21cm×7.8cm
高さは比較的高い部類に入ると思います。横幅は5cmほど大きいですがやっぱり1枚板分違う奥行きが段違いです。
板一枚分16cm広いと思うとかなり便利なスペースですね(^^
耐荷重
●VENTLAX:15kg
●SOTO:3kg
これは段違いですね!足がしっかりしているのかな?
ただ先ほど挙げた外遊び屋の持つ大きめのテーブルも耐荷重15kgですが
重さで足が広がるので、15kgでもちょっと不安がのこるかなと。
ただこれは実際格安の物を触っただけの経験談ですし、それほど大きな問題でないと思います。
重量
●VENTLAX:約650g
●SOTO:395g
ホントちょうど1枚分重いと思った方が良いかと思います。

3.最後に 

VENTLAXのローテーブルがあまりにコロンブスだったのでちょっと詳しく取り上げてみました。
発想も面白く、構造自体は昔からある物なので、意外と使いやすいのではないかなと思います。
加えて荷物が少なくなる上に、作業台が大きくなるならこれに越したことはない!
ただちょっと気になる点などから少し購入は待とうと思っています。
それはまず組立安さです。口コミでも散見されるのが組立が最初慣れが必要な事が書かれています。
このタイプの足は確かに最初やりにくいと感じました。フィールドホッパーから入ったので。
それが3枚組となると安定が悪いので最初苦労しそうだな~って思います。
そして耐荷重。ここももう少し口コミを見て行こうかなと。
というのも外遊び屋は

満水状態のキャンティーンや
チリコンカンセット
小型のダッチオーブン的な物も置くので足はしっかり見ておきたいんです。
これは格安品を買って学んだことですね。不安が残るので次回からは耐荷重などをしっかりウォッチしようと思っています。
そして最後は好みなのですが・・・シルバーを待ちたい!
いやすぐにでも買いたいくらいの楽しそうなアイテムなのですが、現在全てシルバーで来ているので
ブラックやグリーンはちょっと色が合わない可能性が・・・なんて言いながらグリーンには心惹かれれているんですけどね(^^;
もう少し待ちたいと思います。

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事