ちょっと待って!車中泊便利アイテムを買うときの3つの注意ポイント!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
とっても便利な車中泊!外遊び屋も移動の途中の仮眠や旅行込みで楽しむこともしばしばあります。
気軽ですからね。最近ではRVパークや車も入れる無料キャンプ場も結構あるので静かで安全に過ごせる場所が多いです。
そんな中で気になるのが車中泊の便利グッズ!
様々なグッズが出ていますし、外遊び屋もその恩恵に浸っております(^^
ただ色々買ったり検討したりして感じた車中泊の便利グッズを購入時に気を付けておきたいポイント。
これを3つほど紹介です。あくまでも外遊び屋の経験則ですのでそれほど問題ない方も多いと思いますが、
そんな失敗したんだ~っていう失敗経験談です!

1.積載スペースの無駄になる可能性をチェック!

普通車の車中泊で気を付けるべきポイントの一つは車内の積載スペースです。
人が一人か二人寝転ぶスペースを確保できるようにしておかなければならないので、
案外荷物を載せることができません。
そんな中に大きなものや、積載スペース無くしてしまうアイテムを購入するときには注意です。
大きなもので言うと車内の冷蔵庫!コレがあればいつでも冷たい物が・・・なんて思いますが
その大きさの冷蔵庫ホントに寝る時に置き場所が確保できるか?チェックしてくださいね。
もう一つ気を付けたいのが足元スペースをフラットにするインフレータブルのスペーサー!
後部座席で横になることを想定されている方には寝るスペースがフラットになりさらに広くなるありがたいアイテムですが、
意外と後部座席の足元は開けておきたいところです。
まずはクツの収納や、濡れた傘の置き場として使う事も多い場所です。なにより車内で出たごみ!
シートに置くことに抵抗がある方は足元に置きたい!そんな時に足元が埋まってしまっていると
ちょっとそのスペースがもったいない気がします。なので・・・もしフラットにするなら
DOD(ディーオーディー) テキーララック 焚き火の上で使用可能 ワンバイ木材でカスタム可能 TB2-541
こんな感じの台を作った方が、収納スペースは有効活用できますね。
その上にマットを敷けば凸凹も気になりにくいでしょう。

スポンサーリンク

2.車内で使える電化製品の電圧チェック!

車中泊が慣れてくると車内でお米を炊いたり湯を沸かしたい!
加えて朝ドライヤーが使えたら便利!などと考えてしまいます。
昨今は車から電気を取って使える電化製品も増えましたしね。
お米を炊くにも

便利なアイテムが出ています(^^
しかし・・・ここは文系で数字に弱い外遊び屋が非常に気にしているところ。
それが・・・電圧?何とかVってやつです。
どうやらね。普通車ってシガーソケットからは通常が12Vだそうです。しかしよく見ると
車泊用の道具の中には24Vってのも結構あるんです。どうやらトラックなどは24Vだそうです。
つまり・・・24Vを買ってしまうと普通車では正常に動かない事が多いんですね。
ここは必ず見ておいていただきたい!
車中泊の家電って期待値が大きい分使えないってなるとすっごいがっかりするんです。
最近は12Vの物が多い気がしますし、一度覚えておけば問題ないのですが・・・
買う前に・・・買う前に・・・一応見ておいていただきたい!
ちなみに将来的にはモバイル電源を購入して・・・

こういったクッカーを使って車内で料理もできたらいいなって思っています!

3.シェードと窓の大きさの関係

完全に凡ミスなんですが・・・
車内のプライベート空間や日よけにシェードを買う事があります。
車中泊には必須といったアイテムではないでしょうか。
現在では100均でも購入できますが・・・これがなかなかピッタリとこないんですね(^^;
車内に張る物はほんとピッタリとハマるものが少ないです。
外遊び屋は手での計測で買いましたが・・・横幅はともかく上下の幅が全く合わず・・・
下に合わせれば上から丸見え、上に合わせれば下からスカスカ・・・真ん中にすると・・・しっかり丸見え。
なんて状態になりました・・・。なので現在は
フロントガラスカバー
がっちりと覆えるものにしていますが・・・これでさえちょっと窓がはみ出している!!
なので・・・購入の際にはしっかりとサイズを測って買ってください。
この隙間がね・・・ちょっと悔しいんですよ(涙)

ちゃんとサイズは書いてくれていますので・・・しっかりチェックして車と比較してください・・・。

4.最後に 

外遊び屋の車中泊便利グッズのちょっと失敗談込みの記事でした。
車中泊も工夫の世界なので色々楽しめますが、やはり失敗は痛いです。
ただ今回「この商品は失敗だ!」と言っているんではないですよ。
ここ重要!どれも優秀なアイテムであることは間違いないんです。
ただ・・・外遊び屋の想像力の無さやスタイルによっては一度購入前に「考える」作業をしっかりすべきだったという反省です。
衝動買い・・・しないように気を付けます。
でも・・・次はポータブル電源なんだろうな~~。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事