2019年しっかり遊んだスノーピークの3つのアイテムレビュー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
そろそろ今年の締めをしていく時期かなぁとも思っています。
今年もたくさんのキャンプを通して体験を深めて経験を増やしていきました。
そのたびにたくさんのアイテムたちに楽しませてもらいましたが、
そのキャンプアイテムのメーカーの一つに「スノーピーク」は欠かせない存在。
今回は必ずと言っていいほど持って行くスノーピークのアイテムたち2019年の活躍です。
どれも・・・思い出深い優秀なアイテムです。
詳しく行きますよ~!

1.スノーピークアルミパーソナルクッカー!

今年最も活躍したクッカーと言っても過言ではありません。
また食に偏重する外遊び屋が最も多用したと言っても間違いない。
なにより「炭火で育てたい」そんな気持ちでちょうど一年前に購入したのが
アルミパーソナルクッカーの購入時
ピカピカでした。
その後一年。使用回数は優に50回を超えますが・・・
Daisoスピットでスノーピーククッカーを調理
こんなに真っ黒になっちゃいました。
「汚くなったなぁ~。」とも言われますが、これが育てた証です(^^
もうかなりのお気に入りです。
料理も色々作りました。
豚ステーキ丼
お米を炊くのはもちろんの事。
キャンプで焼きそば
焼きそばにしたり
キャンプ飯ラーメン
ラーメンを作ったり
スノピクッカーでフォアグラ料理
フォアグラをやいたりと大活躍!
大と小があるのでお米を炊いてオカズといったこともできます。
小さい方でお米1合がいいくらいに炊けます。
大の方ではラーメンがピッタリ位な感じです。
ヒロシさんの動画で憧れましたが、ホントに良い物です。
まだもっともっと育てたい逸品です。

お値段は3,500円程度だったと記憶しています。価格の幅が広いので購入の際にはお気を付けください。

スポンサーリンク

2.スノーピークのタネホオズキ

今年のランタン熱に火をつけたのがこのタネホオズキです。
タネホオズキ
結果3つ買ってしまうという溺愛ぶりです(^^
タネホオズキ3連星
うん・・・この感じ!
点灯時間も40時間とソロキャンプなら十分すぎる時間。
またかなり明るいけども眩しくないこの暖色系の色。
そして無段階調整の使いやすさです。
最近では・・・
車中泊でタネホオズキ
車内にも常備されて車中泊にも大活躍です。
マグネットで自在につけれるタネホオズキ
マグネットで鉄部分にくっつけたり、
これで巻き付けたりすることもできます。
また・・・
マグネットで挟む
シェードなどに挟み込んで固定もできるので
意外と使いやすいんですよね。
ちなみに白は可愛いので相方にとられちゃいました(^^;

値段がね・・・あんまり可愛くないんですけどね(^^;

3.スノーピーク 火ばさみ

今年最後に買ったスノーピークの商品ですね。
スノーピークの火ばさみ実践投入
スノーピークの火ばさみです。
購入時のイメージは
「でかっ!!使わない可能性あり!!」
って感じでした。現在ソロキャンプのミニマム化に向けている最中なので
大きいというのはかなりのマイナスでした。
しかし使ってみると、薪を挟むフィッティングや炭もしっかり掴めるなど
かなり気に入ってきました。特に最近は
薪ストーブと火ばさみ
薪ストーブを使用するときにもぴったり。
外遊び屋が使う

ホンマ製作所のクッキングストーブは小さいので結構薪の配置に気を使います。
これが・・・ちゃんとつかめることでストレスがあまりないんです。
このスノピで知った火ばさみに有難味ですね(^^

4.最後に 

いや・・・こうして振り返るとホントキャンプアイテムに遊んでもらっています。
スノーピークさんだけでもこれだけ。もちろんパイルドライバーや焚火台を入れると
もうカオスになりますし、殿堂入りともいえる2つなので今回は省きました。
まだまだこれらの物は今年出番があります。
残り一か月を切った状態で、出番が確約されているアイテムたち。
やっぱり優秀なんでしょうね(^^

 

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事