スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
「キャンプの時に炭火?肉?そんなの初心者やろ」
といわれたことがあります。
キャンプで肉が食えないなら、いつまでたっても初心者上等!
というか長い長いキャンプ道!まだまだ入り口にも到着してないのも重々承知!
肉汁でジュージュー言わないテッパンなんて寂しいじゃないか!
と未だにその時の事を思い出して熱くなることがあります。
まぁ・・・ヒロシさんの動画がそれほどメジャーになる前の話で、
キャンプで焚火→ダサい
という風潮があったのも確かですが、焚火の復権は嬉しい限り(^^
外遊び屋的にはキャンプに行くと必ずではないですが・・・
ユニ鉄でステーキ
やっぱり肉は食いたいところです。
今回この肉レシピ!特に分厚い肉に絞ってこれまで調理したレシピとアイテムで振り返りたいと思います。
極厚肉・・・行きますよ!

1.やっぱり鉄板!ステーキ!

やっぱり現在の流行のアウトドア鉄板は肉料理に欠かせない存在です。
外遊び屋も・・・
キャンプ飯完成!ステーキ定食
外遊び屋はユニフレームさんのユニ鉄を愛用中。
どのアウトドア鉄板も蓄熱性が高いので意外と美味しく肉が焼けます。

しかし最近出たビーパル鉄板!これもなかなか良かったです(^^
アルコールバーナーで焼肉
この感じ!
そして・・・
ステーキも十分に焼けるアルコールバーナー
がっつりと焼けました。
味も納得!やっぱり鉄板が冷めにくいので表面が一気に焼けるというのはありがたい!
美味かった!
ちなみにおススメの味付けは

クレージーガリック!
クレージーソルトのニンニクたっぷり版といいましょうか。
ガーリックの他に岩塩、オニオン、ブラックペッパー、セロリシード、タイム、オレガノなどの
ハーブも含まれます。これを振るだけで・・・結構良い味になるので外遊び屋は重宝しています。
キャンプのお供ですね(^^

スポンサーリンク

2.ローストビーフ

最近ローストビーフをキャンプをしない方たちにふるまう機会があったのですが・・・・
外遊び屋の想像以上にローストビーフって一般的ではなかったんですね(^^;
作ったというとびっくりされました。この辺りキャンパーとの認識の違いなんだな~って思いました。
このローストビーフも肉塊を食べてる感じでやめられません。
外遊び屋では少なくとも2か月の1度は作っている気が・・・。
作り方は意外と簡単。外遊び屋はダッチオーブンを使用します。
牛モモ肉を常温に戻し、その時に塩こしょうをたっぷりと振っておきます。
ニンニクを利かせたい場合は前出のクレージーソルトがよいです。
ただ女性がいたり、翌日に人と会う予定があったりとニンニクを控えた方がいい局面では塩こしょうですかね。
だいたい30分以上このまま置いておく方がいいです。
常温に戻ったら・・・
ローストビーフの周りを焼く
オリーブオイルとニンニクを入れたダッチオーブンをプレヒートしておき、
肉の表面に焼き色が付くまで軽く焼きます。
全ての面が焼き終わったら、一度上げて網を敷いて、肉を置いて中火もしくは強めの弱火でローストします。
10分程度時間が経ったら金串を肉に刺して、抜き先の温度があったかく感じたらアルミホイルにあげて
完成前のローストビーフ
うまそう・・・。
このまま包んで粗熱が取れたら完成です。
外遊び屋が考えるポイントは2つ。
①常温に戻す事
②粗熱が取れるまで切らない事
中までしっかり常温に戻しておいた方が、火の通りにムラが無くなるので
余計な熱を加えずにすみ、肉の味がしっかりするように思っています。経験上。
また粗熱が取れる前に切ってしまうと、肉汁が流れ出してこれまた肉の味が落ちます。
これも避けたいところです。
現在外遊び屋は前日にローストしておき、キャンプ場で切るといった感じです。
キャンプディナー
ひと手間浮きますが・・・キャンプ場で調理するのも楽しいんですよね(^^
キャンプ場で使う場合はステンレスのダッチオーブンが便利です。錆びにくいですからね。
ただ・・・

ただ・・・値段が・・・もう一個欲しいけど買えないんですよね・・・。
ニトリで2,000円で鋳鉄が変えちゃうので。

3.肉の吊るし焼

これは簡単だし、非常にワイルドな焼き方です。
五徳において遠火にする
肉を串に刺して、遠火でじっくりと焼いていく。
単純で明快!画像は落ちないように串を曲げています。
味付はこれまたクレソルと七味をたっぷり。
タレにつけて食べるわけでないので下味はしっかりと。
ここがポイントかな。
後は強火、弱火、遠火近火を使い別ければ焼けていきます。
肉を本格的に焼く
この場所移動は焚火の薪をつつくのと変わらず楽しいです(^^
部分的に焼けたところを
焼けたところを食べてみる
トングでつまみ
オピネル
お気に入りのナイフで削って食べる!
この感じ・・・ワイルドだろ~って自己陶酔に浸れます(^^
肉とお気に入りのナイフ。そして焚火。
楽しくって仕方がない!!

錆びるので手がかかる一方で黒錆加工などで育てると愛着が湧くオピネルのカーボンスチール。
大失敗経験談!オピネル黒錆加工の失敗談を成功に変えて欲しい
たとえ失敗しても愛着湧いたナイフというの使って楽しい物です(^^

4.最後に 

ただただ・・・お肉が食べたい気持ちから過去の肉料理を出してきました。
今回

クッキングストーブも購入したことだし煮込み料理にも手を出すかな(^^

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事