油断できない秋キャンプの注意!実録レポート編!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
久しぶりにダラダラしないキャンプに行ってきました。
いつもは「だらキャン▼レポ」シリーズで
だらキャン▼・ソロなだらキャン▼・海のだらキャン▼と3シリーズありますが、
今回はおもてなしも含めてなのでだらっとしていません。
気合十分ですが、そこには秋キャンプならではの注意点も。
気合入れすぎるとまずいところもあると紹介しながら
キャンプレポート、秋の注意編①です!
初っ端から危険でした。

1.重装備はキツイ!

いつもは・・・
本日のテント
これくらいの結構簡単装備です。
ちょっと気合入れても
モンベルミニタープ設営済み
この位なので気合を入れて設営すれば30分もかからず
ビール飲みながらダラダラすると無駄に1時間かかるという
ラフスタイルです。
しかし今回は・・・
大きなテントにビックタープ!
そしてテーブル3つにチェア4つ!
その他の設備などなど・・・に加えて
ソロ用テント2つといつにないスケールです。
おもてなしなのでこれくらいは必要ですね(^^
ほぼ一人で立てるので・・・しんどいしんどい・・・
汗だくでした!しかも秋ながら日中の気温は32℃以上と
真夏日・・・。
秋キャンプ教訓川柳①
9月とて
油断されるな
諸人よ
滝汗流れる
秋の日中     外遊び屋

スポンサーリンク

2.休憩しながらの設営を心掛ける

この日は設営に時間がかかることも分かっていたので
通常チェックインはせずに、デイキャンプ代を払って早めに入りました。
流石にみんなが集まっている中で一人設営というのはどちらも気を使うので
もう立てている方が気が楽なんですね。
しかし・・・とてもじゃないけど1時間程度で終わらないので・・・
初日の昼食
昼食など休憩を取りながら設営です。なので・・・2時間かかるわけですよ(^^
ただ食材が傷まないようにと寿司を選びながらも、やっぱり生魚は外せない外遊び屋。
傷む前に食べなければと最初にタープを張って日陰を確保してご飯です。
この選択は間違っていませんでしたよ(^^
秋キャンプ教訓川柳②
1人とて
油断が出来ぬ
マイペース
最初に作るは
日陰がよろし   外遊び屋

3.水分補給に注意!

昼食をはさみながらホントに2時間かかりました!
その結果・・・
重装備キャンプ
とりあえず・・・設営完了!
これにソロ用テントが2つあります。
特にタープを張ること自体そんなに好きでない外遊び屋。
ビックタープの設営はちょと一苦労でしたよ。
とりあえずひと段落したので・・・
暑いときの水分補給!
水分補給!あっつい時には炭酸でしょう!!
炭酸が喉を刺激して気持ちいわけですよ!
しかし・・・普段それほどジュースを飲まない外遊び屋は気づきました。
甘い物飲むと・・・逆に喉が渇く!!
やっぱり・・・ちゃんとしたスポーツ飲料や麦茶などできっちり水分補給が必要です。
秋キャンプ教訓川柳③
水分を
とったはずの
スプライト
旨いと感じて
甘さで渇く  外遊び屋

4.暑さ対策の設備

とはいえ今回は暑さは織り込み済み!
もっとも恐れているのは「夜の暑さ」
おもてなしキャンプですからね!なるべく快適に・・・
やはりもっとも大きな期待を寄せているのが

意外と良い仕事をする実績があります。
ファンがスポンジで出来ているので怪我の心配もないですからね(^^
さらに

Ifanシリーズを2台投入!
これなら夜も比較的マシになるはず!

5.続きます

秋とは言え設営には意外と労力と油断はできないという体験でした。
まだまだキャンプ中にも注意点がありました。
というより・・・意外と痛い思いもしました!
これはこの後のレポートで!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事