スポンサーリンク

外遊び屋です。
夏休み前で、キャンプ道具何買ったらいい?って声も聴く一方で、
これはちょっと失敗だった―!って声も届くようになりました。
外遊び屋的には使えないアイテムはないのですが、スタイルに合うのと合わない物はありますよね。
今回はそんな声を集めながらおススメのランタンをご紹介していきたいと思います。
最初のランタンの購入の際のご参考になれば幸いです。

1.点灯時間に注意!

最初のランタンって・・・意外と安きに流れる事が多いんですよね。
安価で安定した光量を提供してくれるのがLEDランタンですね。
安心して使えますしね。
外遊び屋の最初のランタンは

こいつです(^^
ホームセンターで1,000円くらいで買いました。
カヤックキャンプで焚火が灯りだったし、ヘッドライトがメインだったので
ランタンを持つ必要性が無かったのでこだわりなく買いましたが、
1回使ったら次の時には電池を変えてないと途中で消えることがありました。
そう。安易に決めると・・・電池の持ちが悪くて夜中に切れてしまう事が・・・
これ代わりの電池持ってないと最悪ですからね。
なので・・・点灯時間はちゃんと確認して20時間くらいは見ておいた方が無難?
最初に良く買われるのが・・・

口コミもいいし、値段もピンキリなので最初の一つには良いかと(^^
ただ外遊び屋が選んだのは
ゴールゼロランタン
ゴールゼロのランタンです。
48時間点灯可能で上部のハンドルを回すことで発電もできます。

ちょっと値が張りますが購入して正解品でした(^^
まずは選ぶ要素としては点灯時間!これに留意してください。

スポンサーリンク

2.電源

こちらも先ほどの話につながりますが、電源の供給の確保です。
点灯時間が40時間以上などそうそう切れる心配がない場合でも
急に電池が切れて真っ暗になる可能性が。
なので予備電源の確保は重要ですよ。
電池の場合は予備。LEDの場合はモバイルバッテリーなどなど。
普通の充電池で家に帰らなければ充電できない物は使用前に十分チェックを。
なんせ気にしていても知らぬ間に移動中に車で点灯していたなんてことも。
トラブルに備えて電源の種類は確認しておくといいでしょう。
外遊び屋はすべての電源に備えて、乾電池と

ソーラー充電式のモバイルバッテリーを複数個持っています。
いざというときの備えに。ちなみに乾電池は
お安いAmazonベーシックの充電式電池を使用。
単四電池で
スペーサーを使用して単三電池と互換性を持たせています。
とりあえずはこれで電源を確保していきます(^^

3.色も気にしておく

これはちょっとびっくり・・・というか・・・
あ~確かに気にする必要があるなぁと思ったのが、
「LED買ったら眩しいんよ~」
とのこと。購入したのは外遊び屋と同じよな格安LEDランタン。
どうやら光が直接目に入り眩しかったようです。
なので・・・おススメしたの

ハイでも60時間点灯可能なスノーピークさんのたねほおずき!

外遊び屋も3つ持っています。
これが明るくて結構便利!暖色系だし、調光できるし!
魅力については
スノーピークのタネホオズキが秀逸すぎる!ソロキャンプ最強?
にて。
とはいえ良いお値段になるので・・・ここはソロキャンプのカリスマヒロシさんも使用する

こちらのランタン!お値段も900円ほどで暖色系。調光が三段階で出来ます。
この値段なので・・・数を揃えることも可能ですね。
外遊び屋も買いたいと思いながら・・・たねほおずきが3つありますからね。
どうしたものかと(^^;

4.やっぱりおススメハリケーンランタン

やっぱり慣れてきた場合は
ハリケーンランタン
ハリケーンランタン!明るさは十分ではな無いですが雰囲気は最高!
燃料も灯油が必要と面倒はふえるかもしれませんが、
キャンプに慣れてきたら是非!

色形様々ですからね。探すのも楽しい!

5.最後に 

最近耳に入った失敗や要望、そして外遊び屋の失敗談からランタンを選ぶときのポイントをあげてみました。
とはいえ・・・一つのランタンで満足できないのもキャンプの沼。
かならず複数個買う事になるでしょう(^^
お気を付けください。
ちなみにランタンが何個必要かは
キャンプにランタンは何個必要?最初のおススメ紹介!で詳しく書いていますのでご参考に。
ちなみに・・・キャンプのマナーという訳ではありませんが
自分のサイトを明るくし過ぎてお隣さんを照らすのは嫌がられる事もあるのでご注意ください。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事