スポンサーリンク

外遊び屋です。
天候不良と体調不良のダブルパンチでキャンプできない日が続いておりました。
余計に体調が悪くなる・・・。
そんな外遊び屋の現在の楽しみが庭での息抜きです。
庭キャンプ・・・。これが今の癒しです。
その庭キャンプを盛り上げてくれるのが燻製です。
結構簡単にできるし、美味しいし、たのしい。
そして今回は燻製が大成功!この要因と美味しかった食材をご紹介。
あと・・・楽しみ方ですね。

1.まったり楽しむ温燻

今回は温燻にすることにしました。
燻製時間と味がもっとも好みに合うんですね。
どれも好きなんですけどね(^^
突然ですが、焚火って火の調整をしながら、お酒を飲み、ただ立ち上がる炎を眺める。
そんな楽しみが無いですか?
温燻ってどこかそれに似ているんですね。外遊び屋の中で。
チップ・・・というかウッドですかね。
ソト(SOTO) スモークウッド さくら 240g(80g×3) ST-1551
これにバーナーで火をつける。
これも簡単に着かないし、途中で消える事もあるのでしっかり付くように、
またちゃんと煙を出し続けるように置き方を考えるのも楽しい。
そして・・・

扉の開閉加減で燃える速度や煙を調整しながらお酒を飲み・・・

立ち上る煙をボウっと眺めているのも悪くない時間です。
大体外遊び屋が燻す時間は90分程度。
時間はかかるけど、煙の状態に、食材の状態、そして香る燻製の匂いで
ゴロンと寝転がり時間を過ごすのも悪くないんですね。
今の外遊び屋には何とも幸福な時間です。

スポンサーリンク

2.今回使った食材

今回は食材もちょっと変わったものをしてみました。
チーズ、卵は定番ですね。
さらに・・・

赤ウィンナーとウズラの卵、ベビーホタテとタコです。
加えて・・・

フグの一夜干しにサーモンのお造り、明太子を燻製してみました。
それぞれ味の感想を入れていきましょうか(^^
①刺身用タコ
既に茹でたるタコですね。これ・・・好きです。
タコって脂身の甘さとは異なる甘さがありますね。それが燻された香りと
若干の酸味によって味が際立ちます。日本酒に合うわ~。
②ベビーホタテ
おつまみの定番ですね。これも少し乾くので噛み応えがでました。
でも貝独特の甘さが際立ち・・・貝ヒモ?がメッチャウマイ!
③ウズラの卵
ウズラの癖が結構強いので普通のゆで卵の方が好みかな。
熱燻で強めの香りをつけた方が美味しいかな。
④赤ウィンナー
ウィンナーの癖が強すぎて燻製の効果があまり感じられませんでした。
これは・・・次からは無しかな・・・。
⑤サーモンのお造り
これは時間を短めにする方がよかったですね。
火が通ると焼き魚っぽくなりますからね。ただ半生の美味しさもありました。
チーズを挟むと更に美味しい!これは何度もやりたいですね。
⑥フグの一夜干し
こちらは絶品!燻製の香りでフグの甘さが際立ちます。
ただ火の通りが甘いので、燻製した後軽く炙ってやった方が
香りがよくなります。さらに味も深くなりますね(^^

全体的にあんまり油のない物が好きですね。
食材の味が際立つような気がします。
何にしても今回は大成功!いつもは酸味が気になるんですが
処理が功を奏したのか数段と味が上がりました!

3.行った処理

難しいことはしておりませんが、今回行った処理が2つです。
①ウッドの変更
いつも桜チップを使用していましたが、今度はなんにでもよくあうヒッコリーを使いました。
香りがほんのりですが、芯のある存在感に感じますね。
②水分を徹底的にとる
これは知人から教えてもらいました。水分があると酸味が強くなるよって。
構造上燻製しながらふき取ることはできなかったので、燻製前に徹底的に水分をとりました。
たしかに酸味が出ずにホントに美味しい燻製でした!
この二つの処理がいつもと違うところ。
功を奏したようです。

4.使用機材

今回使ったは
①ウッド「ヒッコリー」

SOTOさんのウッドを使用しております。
燻製を頻繁にしない場合は小さい小分けを買った方が湿らなくてすみますね。
この中で選んだのはヒッコリー。
最初の燻製にはおススメですよ。ホント癖もないけど味は美味しいです。
②燻製器

外遊び屋が使うのはこちらです。折りたためるものも欲しいんですが、
もうこれがある以上手が出せないな~って。
収納場所は取るけど構造が簡単なので洗うのが簡単です。
上段の網が目が粗いので細かい物が乗せれないので外遊び屋は100均の網も置いてます(^^

分かりにくい・・・(^^;

③トーチ

ウッドに火をつける時に便利です。
ライターなどではあんまり火が着かないのでこれで一気に付けた方が
途中で消えることが無いですね。
火ばさみでウッドを挟んでからコレで火をつければ安心です(^^

5.最後に

燻製は食べるだけでなくその工程も楽しいです。
ちょっと疲れを感じている外遊び屋にはありがたい調理ですね。
これからバーベキューで人が集まる時期にも試すのもいいですよ。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事