ちょっとコットで焚火してみる?チェアとの比較
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
今回は・・・キャンプレポというより、
要素に分けてお送りしていきます。
キャンプスタイルにも色々ありますよね。
チェアだけでもハイ、ロースタイル。そしてコットなどなど
名前が付いたスタイルの他にもオリジナルスタイルが多々ありますよね(^^
今回キャンプで色々試してきました。
チェアなのか・・・コットなのか・・・
その感想も含めて書いていきたいと思います。
意外とね・・・めんどくさかったですけども、
一長一短あるなって思いました(^^
さて・・・どんな感じかな~

1.スタンダードスタイルで始める

最近の外遊び屋は・・・

地べたにシートそして焚火というスタイルです。
最近外遊び屋のお気に入りのだらキャン▼スタイルです。
しかし・・・今回は友人を招いたこともあり・・・

普通のキャンプスタイル。スタンダードですかね。
ちなみに外遊び屋はあまりタープが好きではないんです。
いや便利だし必要なアイテムですが、
閉塞感出たり、空が見れなかったりと開放的な雰囲気を楽しみたいときには
ちょっと邪魔なんですね・・・。
逆に周りに人が居る時にはプライベート感でるから便利ですが。
今回も貸し切りなのでどうしようかと思ったのですが
山間部で雨の懸念があったのでタープ張ってみました。

すると・・・スタンダートスタイルっぽくなり意外と満足いく結果に。
今回は画像にある様にハイチェアからコットでごろ寝スタイルと
二つを試してみました。

スポンサーリンク

2.スタイルに必要なアイテム

今回使ったチェアは

ヘリノックスさんのサンセットチェアです。
ハイバックの為このまま寝落ちしても大丈夫!
さらに座面がちょっと広いのでゆったりしています。
立つのも便利。ゆったりもできる優れものですね。
無論ヘリノックスさんなので小さくなります(^^
持ち運びが便利なのも魅力です(^^
対するごろ寝スタイルは・・・

こちらの格安コット。外遊び屋は7,000円ちょっとで買ってます。
安くなってるな~ 色の違いかな。

3.色々比較してみる

色々比較してみます。
①景色
同じ場所ですが・・・
座る高さが違うだけでちょっと見える景色が違います。
まずはサンセットチェア

遠くまで見通せる感じでした。
ひらけた景色なのでホント・・・見通せます。
続いて・・・コット

アイテムに埋もれてしまいました。
まぁアイテムを除ければ景色もいいんですが、
作業しながらの景色を楽しむにはチェアの方が
ちょっといいかなと思いました。
でもコットでも腰が掛けれるので、
大きな利点っていう事はないです。
②作業性
今回は薪を買ったので薪割りの作業の必要がありました。

こうなると・・・コットが圧倒的に有利ですね。
チェアだと降りて作業しなければいけませんが
コットだと姿勢が低いので作業しやすいです(^^
また・・・地面に並べている物を出すにはコットが良かったです。
物を取る場合は、チェアよりごろんと寝転がって物を取れたり
広い範囲にアイテムがあっても取れます。
想像以上に焚火を触るには良い高さでした。
③移動性
焚火を中心にキャンプ時間を過ごす為、煙が直撃するときには
場所を移動して逃げたいところ。
こうなると・・・チェアが有利ですね。
コットだと長いので場所を選んで・・・の前に
場所を作らなければなりません。
ただ・・・煙は上に行くので低い姿勢のコットは煙があたりにくい・・・
って思っています。まぁ風向き次第ですかね(^^;

4.今はごろ寝スタイル

どちらが優れているっていう事はありません。
どれを好むかです。
いまの外遊び屋はゴロっとしたい気分なので・・・

コットによるごろ寝スタイルを選びました。
最近・・・

横から焚火を見るのが好きなんですね。
別に何っていう訳ではないですが・・・
視線的にも炎を見上げるっていうのがなんかお気に入りです。
これを魚に・・・

ただただ・・・飲むっていうのも悪くないんですね。
こうやってみると・・・今の外遊び屋はキャンプで
何を見るかっていうのが重要要素なのかも。

5.最後に

最近のスタイルだと・・・
ごろ寝で焚火を見て火を育てるっていうのがブームなんだなって思いました。
でもコットですると・・・座れるっていうメリットもあるので
正直気持ちよかったです(^^
とはいえTwitterでも心配された通り、爆ぜて穴があく恐怖もあるんですよね・・・。
となると

やっぱりサーマレストのZを買うかな~(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事