スポンサーリンク

外遊び屋です。
外遊び屋の大好きな庭キャンプ。
その主役として君臨するのが・・・

七輪です。
流石に大きな焚火が出来ないので
七輪による炭火を細々と楽しみ、

コーヒーを飲み、気が付けば眠るといった
生活ですね(^^
この七輪。優れたアイテムなんですが、
最近はちょっとやりたいことが出来て
もう少し大きい角型七輪を購入することにしました!

今回は購入動機とレビューをご紹介したいと思います!

1.購入動機

散々使っていた七輪

ほぼメンテナンスフリーで使えて、火力も強い!
そして調整可能と使用歴は5年以上です。
ホントに便利なんですが・・・
ちょと不満も。
それが・・・焼ける面積が狭いんです。
最近は鍋も作ることは多いのですが・・・

ちょっと狭いんですね。
これでは保温程度です。
なのできっちり調理ができる面積と、
焼く場合の岩塩プレートを置ける場所も確保したい。
しっかりと焼き物を楽しみたい!
そんな思いから焼き面積の大きい角型七輪の
購入に至りました(^^

スポンサーリンク

2.購入スペック

ということで・・・
近くのホームセンターをめぐり・・・

購入しました!
サイズは・・・

365×205×高さ170となっています。
メーカーは大好きなホームセンターブランドDCMさん(^^
こちらは角形七輪としてはちょっと小さいサイズです。
ではなぜこれを選んだか・・・
その理由が・・・

こちらの取っ手ですね(^^
炭の廃棄など動かすときに安定して持てます。
籠形式で中に七輪を収めるタイプもありますが
設置式の方が安定がよさそうですからね。
こちらを選びました。
また外遊び屋は・・・

デッキに設置式なので大きいと入らない可能性が
あるのでちょこっと小さ目!
ただし!
サンマがちゃんと焼けるように30cmは確保しました(^^
魚を頭から尾っぽまで一発で焼けることも必須条件なので(^^
これなら・・・秋のサンマも夏の鮎もしっかり焼けそうです!

焼くスペースは二つに分かれており、
1つでつながっているより炭の量を少なく済みます。
加えて・・・

ちゃんと吸気口も二つあるので
場所による火の調整もできますね(^^
これに

網が設置できるわけです(^^
ちなみに・・・自作五徳の「後藤君」もぴったりです(^^

3.使用実験

早速使用してみたいと思います。
まずは火付けから(^^
今回は簡単着火の豆炭使用です。
時間が無かったので着火剤の代わりに使用。
豆炭の上にオガ炭を置く簡単スタイルで行きます。
まずは・・・

豆炭を二袋投入!

着火すると・・・ものすごい煙と共に・・・

着きました!
ここまでは簡単ですよね(^^;
これに・・・

オガ炭を置きます。
5分程度で・・・

とりあえず火は回りました。
たっぷりの炭量なのでかなりの高火力です
高さが足りないので十分な煙突効果が得られないかと
思いましたが・・・かなりいい感じです!
さらに・・・

このボリュームで置けます。
シシャモなら完全に一匹頭から丸侭焼けます(^^
全然余裕ですね。
そして・・・

この焼き加減!高火力の賜物です(^^
そして・・・

ビーパルさんのおまけのチャムススキレット!
やっと出番でした!
これで・・・バター醤油を温め続けて
マッシュルームをつけて食べる!
最初の目的を十分に果たしてくれます。
このサイズなら・・・岩塩プレートもいけるな(^^

4.最後に

七輪は殆どメンテナンスフリーです。
この辺りもまた新しく記事にしてもいいかな・・・。
火力も高く炭も消費しないありがたい日本文化です。
その機能を持ちつつ焼き面積の広い角型七輪!
これは買って正解でした(^^
まだまだ活躍してくれそうです!

こちらは持ち運びが籠式なので、外遊び屋が買った物とは
違いますが、ご参考までに。
ちなみに外遊び屋がホームセンターを回った結果
2500円~3000円(税別)くらいで売っていました。
まずはお近くのホームセンターを探してみてください。
DCM取扱のお店には外遊び屋の買った物があると思います(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事