冬キャンプで解凍も楽?本場石川県の昆布締め!金沢ごちそう産!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
キャンプではお肉を定番にしています!
でも冬キャンプに外遊び屋の付き物が
燗グリル
熱燗です(^^
笑’sの焚き火グリル「B-6君」と燗グリルで野燗炉が出来る!購入レビュー!

熱燗の時に「美味しい魚があると更に幸せだな~!」って思います。
そんな時にピッタリの食材を提供していただきました!

金沢ごちそう産!石川県産の甘えびとヒラメ、フグを北海道の昆布で締めた物。
昆布締め!美味しいんですよね!
この商品は冷凍で届き、冷蔵庫で解凍するのでクーラーで持ち運べばキャンプ場でも行けるなと思ました。
詳しく紹介していきたいと思います!(※PR記事です)

1.昆布締めとは?

これは外遊び屋のグルメバイブル漫画「美味しんぼ」にも登場しました!
フグのお造りを昆布の上にちょっと置いて、昆布の味をお造りに移して食べる!
昆布の旨味がお造りに移り、ほのかな塩味とともにさっぱりと食べれる。そんな描写だったと思います。
幼心にお造りが好きだった外遊び屋も「食べてみたい!」と思った物です。
それがいま・・・
金沢ごちそう産
目の前にあります。
食べ方などは
金沢ごちそう産
一緒に入っている説明書に書いてあります。
なるほど!海の幸豊富な金沢でとれた新鮮海産物を使った昆布締めだそうです。
しかも甘えびとヒラメ、そしてフグ!心躍る物ばかり!
憧れのフグの昆布締めですよ(^^
自然解凍していきますが、解けながら昆布の風味が染み込むようなので、この時間調整が結構肝になりそうです。
金沢ごちそう産
昆布の風味を楽しむために、醤油は控えめにするそうです。これは味に期待できそう!

スポンサーリンク

2.意外とボリューミー!しっかり量のある昆布締めセット!

セット内容は
金沢ごちそう産
ヒラメに
金沢ごちそう産
甘エビ
金沢ごちそう産
フグです。
これ、ぱっと見で5切れなので、ちょっとおつまみ程度かなと思いました。
しかし金沢侮るなかれ!
金沢ごちそう産
昆布の下にもしっかりとありました!
全部合わせると3人くらい食べれる量です。
金沢ごちそう産
まな板に乗せようとしましたが、たっぷりあるので容器をそのままで食べることにします。
結構ボリュームありますよ(^^

3.金沢ごちそう産昆布締めの実食!

早速頂いてみます。
金沢ごちそう産
ヒラメ!
箸で掴んだ感じで、ふわふわしているのが分かります(^^
食べると確かに白身!そして噛んだ時に広がる昆布の香りと味!
ウマイ!
金沢ごちそう産
続いてフグ!こちらは最初に昆布の風味が広がり、その後にフグのほんのり甘さが昆布の塩味で引き立てられます。
これは・・・醤油不要です。ただ山葵をちょこっとつけると香りが際立ち、白身の甘みも締まる感じがしました。
もうここでテンション上がってしまい・・・甘エビの画像を撮るのを忘れてしまいました。
甘エビももちろん美味しかったです。
全体的には昆布の味がきつくない方が良いという方は、解凍後すぐ食べた方が良さそうです。
外遊び屋はしっかり解凍させたかったので4時間ほど保冷していましたが、思ったより昆布が強いなと思いました。
でもこの昆布!あとで鍋などに入れたいなぁ(^^

3.最後に 

冷凍で持ち歩けるお造りなど結構あるんですね。キャンプにも便利だなと思います。
また今回はボリュームもしっかりあったので、夫婦で満足いくまで食べれました。
ちょっと趣向を変えて
金沢ごちそう産
半身を炙ってみましたが、これもウマイ!昆布の塩味が軽く炙って強くなった魚の甘みをグッと引き締めます。
うまい!!
金沢、もう少し落ち着いたら行ってみたいなと思います!
今回提供いただいたのは

金沢ごちそう産!昆布締めセットでした。ウマイ!

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事