スノーピーク一択ではない!魅力的なソロキャンプのクッカー!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
最近理想のソロもしくは2人用のアルミクッカーを探しています。
その歴史として色々クッカーを買いましたし、先日は理想的と思ったらチタンだったっていう落ちもありました。
アルミコンボクッカーサイズ感
まさに戦いの記録的な写真です。
どれも優秀なクッカーですが、あと一歩外遊び屋のニーズに足りないんです。
しかしこれだけ見つけるにあたり、「あ・・・いいな」っていうクッカーも結構あるんです。
欲しいなと思うのですが、手が出なかったもの。でもかなり魅了的なアイテム!
今回はそんな4つのクッカーを紹介したいと思います。
ちょっと今は理想を追っているので手を出していませんが、どれも魅力的でおそらく簡単には人と被らないだろうというもの。
魅力的な点と、まだ購入していない理由も並べて紹介していこうと思います。

1.エバニュー アルミコッヘルLL

色々魅力的なアイテムを出しているエバニューさんのアルミコッヘルです。
アルミにこだわっている現在としては非常に好みなアイテムです。

見た目がかっこいんと思っているんです。弦が着くタイプは好きなので惹かれました。
小でお米を炊き、鍋を大で作る。そんなスタイルにしたいなと。

しかも弦は収納可能でこれ自体がクッカーを固定してくれる構造です。
なかなかの魅力!ではなぜ選んでいないか。
理由はサイズです。大ナベ:内径20cm×深さ14cm/容量4000ml小ナベ:内径18cm×深さ11.5cm/容量2800ml
小さい方でも18cmという事はDUGの焚火缶Mよりも大きいんです。
これがちょっと大きすぎる。名前にもLLとあるので、そりゃそうか~って言いう感じなんです。
でもLLがあるならSもあるんじゃない?そう思っているのですが、見つけられていないんです。
この形で大きさが16cmくらいで高さが10cmくらいで収まる物であれば欲しいんです(^^

スポンサーリンク

2.片力商事 キャンプ8P

これはちょっと迷っていたの物です。
名前も聞いたことない片力商事のキャンプ8P!名前もホントにそうだかわかりません。

こんなセットです。とにかくパーツが多い!
またフライパンの形状が外遊び屋好みのバタフライ型?開くタイプです。
これなら安定してフライパンとして使えます。

スタッキングもスマートなので結構いいなと思っています。
フライパンと蓋が別というのも悪くないかな。蓋の代わりにフライパンを蓋として持って行けそうですから。
サイズはソースパンカバー/直径14.5×1.6cm、ソースパン/直径14×7cm
ミルクパン/直径12×6.5cm、ミルクパンカバー/直径12.7×1.5cm
ミルクパントレー/直径11.8×2.6cm、フライパン/直径14.5×3cm
ちょっと分かりにくいですが最も大きなソースパンが直径15cm以下の深さが7cmくらい。容量が1000㏄。
なかなか悪くないサイズなんですね。なぜ選んでないか?鏡面加工だからです。
いやすぐ煤だらけの黒くなるのでそれほど気にしてなくてもいいのですが、アルミにこだわりを持ち、
ピカピカの鏡面加工はちょっと魅力が薄れるかなと思っています。
とか言っても
キャンティーン
キャンティーンはステンレスの鏡面だったんですけどね(^^;

そう思うとなんだか急に「あり」な気がしてきたな・・・。ちょっと真剣に考えよう。

最初のソロキャンプのクッカーとしても良さそうですね。

3.ハック モンタナアウトドアクッカー

これは形状を見ればちょっと買わなかった理由を理解していただけるかと。

サイズ:鍋大/直径14.2×H6.6cm、鍋小/直径12.1×H6.1cm、
フタ兼用フライパン/直径14.6×H3cm、フタ兼用皿/直径12.9×H1.4cm
収納サイズも15cm以下で7cmくらいの高さなので申し分ない大きさなんです。

パーツもそろっているのでちょうど良い感じなのですが・・・
なんか普通でしょ??(^^;
ちょっと普通過ぎて手が出なかったんです。キャプスタさんもこの形状の物を出されていますが黒で別売仕様なんです。

またブラックという魅力もあるのですが、ちょっとハックの物は魅力が足りないんですね。
あ、値段は2,580円とかなり魅力ですが、ここまでクッカーが揃っていると、あえて手を出さなかったですね。

4.BANANAJOY フライパン

ちょっと今までと違ったクッカーです。
BANANAJOY キャンプ フライパン ミニパン スキレット アウトドア フライパン アイアン 折りたたみ式ハンドル バーベキュー 直火 超軽量 たためるミニパン 非粘着性コーティング キャンプ クッカー 調理器具 収納袋付き
鉄板とスキレットのセットです。
これぱっと見アルミじゃないかと思ってみているんですが、情報が少なくて手が出せていません。
アルミで軽量なら、アウトドア鉄板としても持ち運びたいところ。
重さの記載もなく、素材は鉄とありますが、ホントかなって。
とりあえず情報が出るまでは保留のアイテムです。

5.最後に

魅力的だけど踏み切れなかったクッカーを紹介してきました。
外遊び屋的には現在保留の物たちですが、十分に魅力で欲しい物リストに置いとくだけにはもったいないなと出してみました。
これまでのクッカーを使った感じ、悪くはないスペック(最後は除く)なので一度手にしてみたいなとも思います。
でも・・・いっぱいあるしな~。
しばらくは理想のクッカーを追いかけて、この子たちはまた欲しい物リストで塩漬けにしておきます。

 

 

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事