自作タープ
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは!外遊び屋です。
昨日タープの張り方でビークフライが張れたらカヤックキャンプもかなり楽になるんじゃないか?
そんなことを考えました。そんな記事を書いたのですが、その熱が一晩経っても収まらず、燻るというより炎上状態で
とりあえず、あの形が不器用な外遊び屋にできるかどうか?そこを確認したいと強く思いました。
いや形を見れば何となく立て方が分かるので(根拠のない自信)行ける気はするんですが、
勘違いも多いのでとりあえず立てて実証しておきたい!
買ってから出来ないっていうのは今後のキャンプアイテムを買うのに影響があるので(^^
という事で引っ張り出してきたのはかつて自作タープを作るために購入したユタカメイクさんのODグリーンです。

サイズは2.7×3.6mこのサイズで1,000円位で買えるので、グランドシートに使用している方も多いですね。
色もアーミーグリーンっていうのかな?濃いグリーンでブルーシートみたいに見えると恥ずかしいって感じの色では無いのも魅力。
ただ可変型でところどころに切れ目を外遊び屋が入れているので、立てにくいとは思うのですが、
とりあえずやって見ました!
ビークフライ風
あ・・・なんかっぽくなりました!
ちゃんとクローズもできます。パドルをポールの代わりに使うのはカヤックキャンプを想定しているから。
初めて、しかも見様見真似で立てて7分程度でした。我ながら「いいやん」って。(^^
ただホントに張り方が正解なのかは分かりません(^^;
この使いかけODグリーンで出来るならDD買っても大丈夫じゃないか!
そんな気持ちになりました。ちなみに穴が開いていない所は直接パドルとODグリーンをロープで縛り付けているので
特にハトメがなくても対応できそう!
となると・・・DDタープに走らなくても格安タープでいいんじゃないか?
一気にテンションが上がりましたよ(^^
ならば新しいODグリーンのこのサイズでいいんじゃないかと相方に言われたのですが、
ODグリーンは分厚い上にゴワゴワなので小さくならないんですね。カヤックに乗せる時にはテント以上の大きさになります。
これでは本末転倒という事で・・・やっぱり格安タープを探しました。
格安品を探すときにはAmazonが重宝します。サイズも色々考えて3m×3mくらいにしようかと。
ヒロシさんが先日発売した著書で3.5m×3.5mを使用していて、ハンモック泊にはちょうどいい大きさと記されています。

どんな道具をどんな思い入れで使っているのか。自然体で書かれていて、飾りのない表現なのでアイテムへの信頼が増しました。
最近ヒロシちゃんねるはかっこいいに走ってますが、この本は昔のヒロシちゃんねるのように馴染みやすさがあります。
それで3.5を押していたのでその前後という事で探してみました。

最初に見たのはこちらです。色もいいし大きさもピッタリです。価格的にはDDタープと同じくらいですが
DDが溢れている今こちらでもいいな~って思いました。
スーパーシェルター設営
今使っているスーパーシェルターとも雰囲気が近くなりそうで魅力的ですが、せっかくなので安い物を探します。

相変わらず格安品を探すときに必ずと言っていいほどヒットするsoomloomさん。
4×5mさらには3×2.9mと近いサイズの物もあります。3×2.9は4,000円弱とかなり手が出やすい金額。
しかも商品紹介に既にステルス張りが掲載されていて、ハトメ場所も多く中央に吊るす袖もあります。
練習用というか・・・なんか失敗してもちょっと気が楽かも・・・。
しかも価格だけ安い物を考えると

3,000円位でもあるんですね。ハトメと袖はありませんが、
レジャーシートとしても使えるので使えなかった時には汎用性もあります。
しかもODグリーンだってハトメ無しでやってるんだから問題なさそう。
いや・・・いろいろあるから悩むなぁと思っていました。
しかし・・・念のために回ったAmazonのアウトレット。
そちらでオリーブグリーンのDDを見つけました。ちょっとお安く・・・。
色々迷って・・・結局買ったのはDDタープの3×3オリーブグリーンでした。
なんか・・・「あ・・・やっぱね」って自分で言いながら(^^;
値段が安かったので・・・。
タープってあんまり興味持ってみてなかったけども色々出来るなと思いました。
とりあえずタープは明日到着の予定です。
しかも明日は弾丸キャンプ予定。使えるといいな~。

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事