ソロキャンプにピッタリなアルミクッカーを探す!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
ファミリーキャンプの時期真っ盛りですがそろそろ準備したいのがソロキャンプのアイテム。
外遊び屋的には(いつでも行っているのですが)秋から春がソロキャンプの季節です。
この時期が涼しくて焚火もしっかり楽しめますからね(^^
今年はソロキャンプ始めるぞ~って方も多いはず。
そんな方にも、そして今年の外遊び屋にも新しいソロキャンプ用のクッカーを探していきたいと思います。
これまでの経験をもとにサイズやギミック?を追求していきたいと思います。

1.ちょうど良いサイズはどれくらい?

これまでの経験からサイズ感を割り出していきたいと思います。
現在メインで使っているクッカーは
スノーピーク アルミパーソナルクッカー
スノーピークのアルミパーソナルクッカーです。
良い感じで育てていたのを一度磨かれて、再度育成中です。
お米を炊く
なかなか良い黒が戻ってきました。

大と小のスタッキングできるクッカーで、
小の方でお米1合がピッタリ、大では2合がピッタリのサイズです。
米の炊き上がり
大でお米2合を炊いたときの画像です。
水も吹きこぼれすぎず美味しく炊ける容量です。
また
うどん入れたところ
うどんやラーメンの1人前には大がちょうどいいサイズです。これらの経験から考えると
大1000ml、小700mlくらいの容量が外遊び屋が使いやすいサイズかなと思います。

スポンサーリンク

2.クッカーに求めたい機能

アルミクッカーを色々使って求めたい機能というか精度が出てきました。
蓋がきっちりと締まるかどうか。ここです。
このスノーピークのクッカーは非常に作りが精巧で蓋がかなりしっかりとフィットして
お米を炊いていると内圧で蓋が開いてしまうくらいフィットしています。
なので
アルミパーソナルクッカー
お米を炊くときには蓋に重りを乗せて内圧を高めてやると
ふっくら美味しいお米が炊けることが分かりました。
ここを・・・どうにも譲れないラインになったんです。

3.スノーピークのクッカーの不満

ここまで持ち上げているので、ならば今使っているアルミパーソナルクッカーでよいじゃないか?
そんなことを思わないでもないのですが、数点の不満があります。
まずは弦が無い事。
確かに焚火中は薪の上に直接置いていることが多いので
ハンバーグを温める
ハンドルがないと使いづらいという点があります。
でも一方で焚火の上でハンガーを組んでそこに吊るしたい
焚火で飯盒
肉を吊るしてもクッカーは吊るせません。
これを・・・吊るして調理がしたい!それができるようにしたい!
と強く思っています。
またこのクッカーの注意点は
スノーピークの蓋のハンドル
この蓋をフライパンとして使用するときです。
気を付けないとハンドルが収納状態(下側)に曲がり、中の食材が落ちてしまいます。
このハンドルが、本体と同じ構造の両脇から出るタイプだったらどんなに安全か・・・
この2点が気になっていてここを改善できるクッカーがないかと思っています。

4.これまで使っているクッカー

もちろん使っているのはこのアルミパーソナルクッカーだけではありません。
育てたいと温存してたまに登場するのが

DUGの焚火缶です。外遊び屋はS/Mセットを使っています。
こちらはS1160ml、M1,880mlと欲しい容量に対してかなり大きめです。
ハンガーを低くする
焚火に吊るして調理できる理想に近い形ですが、サイズが大きい上に本体にはハンドルが付いていないんです。
さらに蓋のかみ合わせも悪いわけでないのですが、スノーピークの物ほどは良くないのでちょっと不満が残ります。
グルキャンやファイキャンにはいいサイズなので不満はないのですが、ちょっとソロのクッカーとしては物足りない。

他にも
アルミクッカー
お気に入りのアルミ食器を飯盒として使用することもあるのですが

大きい方にしか蓋が無いので2合炊くのがもっとも良い量になりますが1合炊くには大きすぎる。
蓋もフライパンにはならないのでクッカーとして使えるのですが、これだ!っていう物でもないんですね。
さらに・・・
モンベルのクッカー
滅多に出てこないモンベルのクッカー、
これもちょっと大きいんです。
Terra Hiker クッカーセット キャンプ用品 アウトドア鍋 ポータブル 料理用(10点セット)
こんなタイプなんですね。ファミリーなどにはいいのですが、
ちょっと大きすぎる!
現状もっとも理想に近いのが

スノーピークのケトルNO1!
ケトルNO1
吊るせるし、ハンドルも付いている!900mlなのでサイズ的にもいいのですが、
なんせケトルですからね。スタッキングもないし、蓋もクッカーにはならないのでちょっと物足りない。
いろいろ使った結果の欲しい形態なのですがなかなかないんですね。困った・・・。

5.最後に 

残念ながら今のところ理想とする形はあっても、そのクッカーは見つかっていません。
しばらくはスノーピークとDUGの焚火缶を用途に応じて使い分ける感じになりそうです。
しかし・・・ちょっとキャンプのメーカーの友人に相談してみようかと思います。
ひょっとしたらいい感じの物を考えてくれるかも・・・。
淡い期待ですけどね(^^
しかしクッカーってホント楽しい!

Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事