スポンサーリンク

外遊び屋です。
キャンプ飯の定番!っていうか必ず一度は作ったことであろうカレー!
野外活動でうまくいかなかった方もおられるはず。
この週末キャンプデビューという方で「カレー作るぞ!」って方もおられるはず。
外遊び屋・・・かつて指導員だったころ子どもたち共にカレーを作ること
月に2~3度以上のペースでした。
海から石を拾ってきて釜を作って直火でカレー作り・・・。
懐かしい楽しかった日々です。
この経験を踏まえて、カレー作りの要領とコツのご紹介!
失敗の可能性を少なくなる・・・はずです。
今回はダッチオーブンを使っていきますよ。

1.カレー作りの流れ

カレーを作るのは簡単ですよね。
ただキャンプ中の場合は全体の流れをつかんで調理すると無駄が無いです。
その流れというのがお米を炊くタイミングです。
いつもなら炊飯器でスイッチ入れれば早炊きで20分くらいで炊けてしまう物もあります。
しかしキャンプでは色々な手順があるので1時間は必要になります。
詳しいお米の炊き方は
コツを押さえればすぐできる!飯盒炊飯の簡単なやり方!
を見てください。
簡単に言うとご飯を炊くのに吸水に30分、炊飯に20分、蒸らすのに30分と
結構時間ががかります。
カレーが完成してから炊き始めると・・・カレーまで時間がかかりますよね。
なのでカレーを作る場合
①お米を洗い吸水
②カレーの具材をカット
③お米を火にかける
④食材を炒めて水分を入れる
⑤お米を蒸らす
⑥カレーを煮込む。
という流れですね。
お米を火にかけるのと、カレーを火にかけるタイミングが同じなので
どちらも焦がさないように気を付けてくださいね。
大事なのは・・・お米炊くのとカレー作りは並行してください。
なんなら・・・お米が炊けてからカレーでもいいと思います。

スポンサーリンク

2.ダッチオーブンを使うメリットとデメリット

カレーはどんな鍋でもできます。
キャンプによいクッカーが欲しくなるのも仕方ない事なので
カレー用の鍋も欲しくなります。
ちなみに・・・

外遊び屋もこちらを使ってことがあります。
これらのものもいいのですが、やはりダッチオーブンが雰囲気が出ます。
加えて安定しない焚火の火力でも蓄熱性を発揮してくれるので
野菜に火を通すときにも重宝しますね。

外遊び屋はニトリのダッチオーブンを使ったり

ステンレスのダッチオーブンを使っていますが

最近蓋にロゴが入ったものが欲しいんですね。
なんか無骨感あるというか・・・
まぁ・・・機能的には全く必要ないんですけどね(^^;
デメリットは
錆びやすいって所ですかね。
調理したものを鍋の中に置いておくと翌朝には錆びている可能性が・・・。
とはいえ・・・最近外遊び屋のダッチは丸一日くらい鍋に置いていても
錆びなくなりました。
油がなじむと・・・ホント使いやすくなりますね(^^

3.豪快カレー

せっかくのキャンプなのでちょっと変わったものにしたい場合・・・
骨付き肉のカレーはいかがでしょうか?
外遊び屋の最近のブームは

スペアリブカレー!
しっかりニンニクで炒めて脂を鍋に出します。
その後お肉を一度別皿に移して

野菜にたっぷり脂を吸わせながら炒めたら
お肉を戻して水を入れてひと30分以上煮込んで
最後にルーを入れたら出来上がり!

二度ほど冷まして煮込むを繰り返せば、
スペアリブがほろほろに崩れる柔らかさになります。
ナイフなど不要。スプーンで崩れるくらい(^^
骨にかぶりつくお肉もなかなかいいですよ(^^

4.お肉に不安があるとき

これからの季節温かくなるというより、熱くなると食品保存が課題。
お肉も・・・ちょっと不安になるって場合には・・・

ホルモンなどのパック肉っていう手もあります。
冷凍なんで保冷剤代わりにすることもできますし、
生肉よりは日持ちしますからね。
ちなみに・・・
下味も付いているのでいつもと違う風味になりますよ。

ホルモンカレーも意外と美味しいんですよね。
モツに限らず牛肉もあるので痛みの恐れがあるときの
選択肢の一つに・・・

5.気を付けてほしい事

外あそぶ屋が体験リーダーしていた頃の失敗例から。
①火が通ってない
もっとも多いのがコレですね。
焦りすぎて野菜がゴリゴリ・・・ってこと結構あります。
対策としては煮込む時間をしっかりとるか、
野菜はみじん切り程度にするという事です。
外遊び屋も時間がないときはみじん切りです。
ジャガイモはちょっと形が残る程度で。
②薄いカレー

ホントにがっかりする失敗ですが、子供とするとホントに多い失敗です。
野菜を切ってしっかり炒めて・・・いざ水を入れる時・・・
鍋一杯にしてはいけません。
とりあえず、具材をひたひたにするくらいで煮込んでいきましょう。
薄めるのは簡単ですが、ルーが無ければ薄いカレーは食べるのがきついです。
水加減・・・好みはあると思いますので調整できる濃い目を目指した方が無難です。
ちなみに・・・外遊び屋はアンコくらい硬くしたい方なのでホント濃い目です(^^

6.最後に 

キャンプのカレーを取り上げました。
正直カレー完成は20分くらいでもできます。
でもこだわればいくらでもこだわれるし、オリジナリティも出せるのも事実。
簡単にできて美味しく失敗が少ない!最初のキャンプ飯向きでしょう!
ただ・・・お米を炊くタイミングと水加減には十分にご留意ください!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事