キャンプの嫌な虫を近づけない対策!夏キャンプの注意と対策!!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
夏キャンプ楽しんでますか?
外遊び屋は・・・シーズンオフの為、もっぱら庭キャンプとアイテムで遊ぶ日々です。

しかし!!
庭キャンプでもいえることですが、この時期の外遊びの最大の敵といっても過言で無い存在・・・・

そう!虫です!
昨今ヒアリが話題になっておりますが、フィールドにはマダニやセアカゴケグモなどの特に注意すべきもの以外にも、ムカデや毛虫。
そして害の無いようでかなりの不快指数をたたき出す蚊、ブヨ。ブヨに関しては害のないとは言えないですね(^^;
結構多いんですよね。この対策を怠ると楽しいキャンプも台無しです。
なので今回はその対策の参考になればと思います。

 1.まず現場を知ろう 

当たり前の事を書きます。
フィールドは手が入っていても、人間の管理下ではありません。
つまり、人の手によって加工はできず、あくまで虫さんたちのフィールドにお邪魔していることを意識しましょう。
彼らはこちらの都合には合わせてくれません。
イラつくと怒鳴り散らしたり、お金で解決したりしてくれません。
かえってキャンプの雰囲気が悪くなるだけです。
もちろん管理事務所に苦情を言っても何一つ解決せず、売店の虫よけと蚊取り線香を勧められる程度です。
なので、敵地でどうやって防ぐかを考えましょう。

スポンサーリンク

 2.服装 

キャンプになると急に開放的になり上半身裸に短パン、ビーサンって方を見かけます。
これって蚊にとっては食べ放題バイキングを提供しているようなものです。
これにお酒を飲んで気持ちよくなった日には、蚊にも飲み放題をつけてやったようなものですね。
肌の露出は極力避けた方がいいです。お子様の短パンなども注意です。
また意外と見落としがちなのが、靴下と長ズボンの間の足首です。
ズボンも靴もあるけど、座ったら足首が無防備ってこと結構あります。
しかも足首刺されるとかなりかゆいです。クロックスの穴でも蚊は侵入してきて一撃を食らわせて行きますので、併せてご注意ください。
土踏まずのあたりを刺されると最悪です。
出来る限り隠しましょう!あ・・・背中もね。

 3.虫除けを確実に!  

これも必須ですね。虫除けスプレー!いろいろなタイプもあり、アロマで赤ちゃんにも使えるタイプもありますから、肌への影響を考える方も選べばありますよ。
あと、肌にかけるだけでなくTシャツの上からも軽くかけときましょう。
蚊は・・・服の上からでも容赦なく襲い掛かってくることがあります。
服着てるから100%安心!ってことはないので、虫除けを確実に振りましょう。

 4.靴を履く前は中をチェック 

朝起きて眠気眼に、靴を履きトイレへ・・・キャンプの朝の風景。
でも注意!夜のうちにムカデの侵入が予想されます。
万が一中にはいっていたら・・・
中のチェックは忘れずに。

 5.テントの対策 

テントは必ずメッシュでも締めておきましょう。
開けっ放しだと・・・大変なことになります。
キャンプでも大事な睡眠。たった一匹の蚊で睡眠不足になりますよ。
なので、必ず締めて、中には蚊のいなくなるスプレーやっときましょう。それだけで全然違います。

 6.最後に 

お盆に向けてキャンプ中の方もおられるでしょう。

いいな・・・

でも虫対策は確実に行って楽しいキャンプを過ごしてくださいね。

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事