使用実験!100均着火剤の性能を試す!

Pocket

外遊び屋です。
フラフラあるくとバーベキューの香りがしたり
堤防や砂浜ではお肉を焼いている風景を見たり
するようになりました!

美味しそう・・・

外遊び屋がキャンプ場で働いてた時
着火剤を持ってこずに炭だけ持ってくる方も
結構おられました。

着火剤重要ですよ!

で、たまに忘れたり、切れたりするのも事実。
ということで今回は安価で買える100均の着火剤。
ホントにどのくらい使えるのか実験指定と思います!
用意したのは

Daisoさんのジェルタイプと固形タイプです。
では早速行きたいと思います。
ただ最初にお断り。
外遊び屋ジェルタイプの着火剤を使うのは
初めてです。
とりあえず初めにお断り・・・

1.ジェルタイプを使ってみる 

まずは

ジェルタイプです。
前述しましたが外遊び屋はジェルタイプ初めてです。
もともと海で落ちている物を使って焚火をすることが
基本だったので、新聞紙→焚き付け→炭っていう流れが
普通でした。後々文化焚き付けなどを使ったり、
松ぼっくりを使ったりに変わりましたが、
ジェルを使う機会がありませんでした。
なのでちょっとワクワクです。
とりあえず・・・

炭の上にジェルを出して・・・

見えませんが火がついております。
とりあえずこの上に・・・

炭を置いてます。
アルコールランプのような炎が出てます
10分ほどしたところでちょっとばらしてみると・・・

火はあるけれど・・・一切着火しておりません。

ジェルを置いた炭も全く火が起きている気配もなく・・・
これが示すところは・・・

失敗

広告

ですね。着火に失敗しました・・・
原因に考えられるのは
1.火力が弱い
2.積み方が下手
というところですかね。
説明では燃料か燃料の下にジェル設置とあったのですが
どうも置き方がまずかったのかな。加えて火力が優しいので
強制的に着火させるだけの力が無かったようですね。
ジェルって・・・意外と難しいの??
研究していかなければ・・・

2.固形燃料 

次に

こちらを使ってみます。
この袋が2つ入っています。
文化焚き付けなどは一度明けると蒸発してしまいますが
これなら蒸発しにくい作りだと思いますね(^^
では6つほど使ってみます。

早速着火!
文化焚き付けのように灯油の臭いがすごいって
事はありません。敢えて言うなら・・・牛糞?
的な臭いです(^^;
暴れるような火力は無いですが安定した火力です。
なので・・・炭を追加してたっぷりと火を起こしてみます。

ネイチャーストーブの威力もあると思いますが
いい雰囲気で火が回っていきます。
あまりに火の調子がいいので・・・

くるくる回しながら炭を起こすと
かなり簡単に炭に火が付きましたね。
燃焼時間も15分以上とかなりの時間燃えていました。
外遊び屋的には使いやすい着火剤ですね。
しかし大事なのはここからです!

とりあえず・・・

七輪に炭を移して、七輪を温めたら・・・

お肉を焼きます。
先日の九州旅行の途中で買ったお肉です。
単に塩コショウで・・・
味は・・・

うまっ!!!

めっちゃうま!!

たまりません!
着火剤の雰囲気を一切感じさせませんでした。
文化焚き付けは完全燃焼していないと灯油の臭いが
でますがこちらは心配なさそうです!

うま~!!

3.最後に 

まとめとしては
Daisoジェル型着火剤
燃焼時間10分程度。火力はそれほど強くない。
誰でも付くわけではない(外遊び屋は失敗)
Daiso固形着火剤
燃焼時間15分程度。火力は十分。
数が多くて数回使用可能。
文化焚き付け等に慣れていれば着火しやすい。
というところですね。
加えて分かったのは・・・


携行用焚火台としても優秀だし、
七輪程度の大きさならチャコスタとしても
かなり優秀ですね。
色々楽しめる実験でした。
お肉も美味しかったしね(^^

外遊び屋のFacebook「外遊び企画推進室」では更新情報の他に
ブログになる前の情報や、ブログに乗せない情報などもあります。
よろしければこちらもお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です