キャンプ場はヒントがいっぱい!松ぼっくりより燃えたこの素材!

Pocket

外遊び屋です。
2泊3日の大山池野営場にお世話になっております。
これまでの詳しい行程は
1.大山池初日編
2.あっさり終了2日目編
をご覧ください(^^
しかし大山池野営場はホントお気に入りのキャンプ場です。
では翌日の野営場で見つけた優秀着火剤編です!

1.2日目の夜明け 

昨日のようなミスはなく本日はちゃんと5時の起床!
昨日は起きたら・・・

既に明るいというミステイクを起こしていました。
それでも・・・綺麗でしょ?
それがやはり暗いうちから見るのがいいんですよね。
が・・・しかし・・・
今回は他にも2組のキャンパーさんがおられるうえに
見晴らしの良い東屋はその一組のキャンパーさんが
前に設営されておられるために東屋でごそごそすると
迷惑がかかりそう・・・。
なので・・・ちょっと離れたところから撮影です。

まぁね。外遊び屋は写真に拘りがほとんどないので気になりません(^^
って事で・・・

色々考えているうちにちょっと明るくなっちゃった(^^
いつもはタイムラプスで撮影ですが、なんせ今回は・・・

車内から・・・

なんで随時撮影です(^^
空のグラデーションが大好きです。
いつもならここでコーヒーの写真がはいるのですが・・・・
寝袋でぬくぬくしていたため、まだ沸かしていません(^^
それでも・・・

徐々に明るくなっていくのが分かります。
ぼ~っとこういう風景を見ながら外の音に耳を澄ませている。
こんな時間も大好きですね。

もうちょっとで明けそう。
こうなってくると・・・
日の出はすぐです。

出ました!
雲一つない快晴です。
来てよかった~!!

2.朝食の準備 

明るくなり周りの方も動き出したので朝ごはんの準備です。
まずは火起こしから!

使用回数が増えてきたのでいい味になってきた
ネイチャーストーブラージです。
着火は楽ですが、スタンダードタイプに慣れていたので
ちょっとコツが必要です。また後日そのあたりはまとめて
記事にしますね(^^
とりあえず落ちている枝などを放り込んで炭に強制着火していきます(^^
ちょっと弱点を書くと、小さい焚火台にはあるあるですが
薪が入りづらいんですね。薪を折って入れるんですけど、
暗いうちは折る音も周りの迷惑になりそうで困りました。
なので・・・

広告

穴から差し込むことにしましたがこれにも問題。
長くなるのでこの辺りで(^^;
焚火の火が落ち着いたころには炭にも火がついており

五徳を付けて調理準備完了です。
いつもは着火剤にに松ぼっくりを使用しますが、
今回は・・・

キャンプ場に落ちているこちらを使ってみました。
すると・・・すごい火力で火が上がります。
焚き付けには良い素材ですね(^^
なので袋いっぱいに拾っておきました(^^
しかし・・・注意点が。
まず火力は強いが火持ちは悪いこと。
松ぼっくりはしばらく燃えますが、
それほどの火持ちは無いので量が必要になります。
また・・・この楽に火が付くため、焚火の周りに
こいつが落ちている時は注意が必要ですね。
火の粉で着火となるとシャレにもなりませんから。
お気を付けください。
火が付いたところで・・・
まずは・・・

湯沸かし。炭が少なかったので全体に遅い・・・
でも・・・

美味しいコーヒーです。
本日もキツツキのドラミング音が聞こえます。
キツツキさん今日も一生懸命働いております。
良い時間ですねぇ・・・。
そのよい時間に・・・
ホットサンドクッカーを熱しております(^^
今回は・・・

コロッケチーズを挟んでみます。
分かりづらいですけど・・・
コロッケ2つです。
これで・・・挟んで、焼いて・・・

出来上がりです(^^
コロッケの形に火が通っています(^^
でもホットサンドって・・・結構なんでも
美味しくなるんですね。
コロッケ2個挟んでいるため、ボリューミィです。
1枚でお腹いっぱいになりました。
うまいわ~。
パンをお腹いっぱい食べコーヒーを飲み音を聞く・・・。
幸せな時間でした。
この後はただひたすらまったり。
でも風が強くなってきたのでそのまま撤収となりました。
時間制限がないのも無料キャンプ場の良いところです。

3.最後に 

2泊3日の鳥取の旅でした。
大山池野営場は無料のキャンプ場です。
トイレなんかも朝地元の方が清掃をしてくださる姿を見ます。
利用する方も感謝の気持ちをもって利用したいですね。
大事にしたい良い野営場です(^^
2週連続でお邪魔しておりますが・・・
来週も来るのかな(^^;

外遊び屋のFacebook「外遊び企画推進室」では更新情報の他に
ブログになる前の情報や、ブログに乗せない情報などもあります。
よろしければこちらもお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です