季節を楽しむアウトドア料理!芋煮会で楽しもう。

Pocket

外遊び屋です。
当たり前の話をしますが・・・
夏は暑く、冬は寒い
夜は暗いし、昼は明るい
別にどおってことない、誰もが知っている事実です。
でも、それを実感する事って意外と少ないんですね。
室内にいることが多い方はエアコンがきいていたり
夜はどこも街灯がついててホントに暗いという体験
も少ないと思います。

まぁ熱い寒いはちょっと外に出れば感じることなので
実感持っている方は多いか(^^;

アウトドアしてると、五感で感じることが増えますね。
涼しくなった、寒くなった、温かくなってきた、暑いわ・・・
そんな体験から
おっ!そろそろコレの時期だなってのがありますね。
今回も涼しくなり寒さを感じてきたので、少し温まる料理。
芋煮をやってみたいと思います。

 1.芋煮を知る 

芋煮は山形などの東北の風習のようですね。
親睦を深めたりするようです。
初めて知ったのは、漫画の一場面でした。
河原で、石を組んで窯を作り、大きな鍋で
芋や野菜を煮る・・・
それをドンブリについで、掻っ込む。
その絵に強くひかれたことを覚えています。
しかし当時インドアでアウトドアのあの字も
知らなかった私にはそれを実行する力は
ありませんでした。しかし・・・
月を見ながら、車座で鍋を囲む・・・
なんだかあこがれを持っていました。
そして・・・今年ついに・・・・

実行です。

 2.芋煮を作る 

詳しい作り方は他のサイトもありますので、
推進室では書きませんが・・・
外遊び屋は簡単に、めんつゆと味噌で出汁を
作りました。東北の風習という事で、味噌は
欠かせないだろうという思い込みと、
各家庭や、地域で作り方も違うだろうという事で
何を何グラムとかは敢えて気にかけないように作ってます(^^

庭なので七輪にします。すぐに着く炭。
使い勝手は良いですが、火力が低いのが問題です。
ここにおが炭を入れて火力を挙げていきます。

材料もシンプルにこんなものです。
サトイモはたっぷり(^^
それを出汁を入れた鍋に入れて、沸かしていきます。
たっぷりの時間をかけて。
この時間も仲間たちと語らう良い時間ですね(^^
芋に火が通る直前くらいに牛肉をたして・・・

完成です。

広告

あったかい・・・一味入れてさらに暖まります。

野趣あふれる感じでクッカー使ってみましたが
あんまりいい写真ではないですね(^^;
しこたま腹に収めたら最後に・・・

うどん入れてみました。
芋煮というよりむしろ・・・

味噌鍋?

邪道かもしれませんが、うまいんだから仕方ない

 3.最後に 

どうしても定番化するキャンプ飯。
冬になると鍋って方も多いでしょうが、
この野趣あふれる芋煮もいかがでしょうか。
味付けは自分次第!
煮る時間も楽しむ。
秋の夜長に。
本場だともっと寒いのかな・・・

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です