冬キャンプの準備!暑いけどもう準備しないと!!

Pocket

外遊び屋です。
気が早いけど・・・なんて言ってると

すぐシーズンインですよ!!

おのおのがた・・・抜かりなく!!

その前に秋キャンプもあるんですが・・・
山のキャンプは季節が早い!
という事で今回は秋冬キャンプのいいところ
気を付けるところを綴ってみようかと思います。

 1.秋冬キャンプのおススメの理由 

秋キャンプでは一概に言えませんが、冬キャンプでは
圧倒的にキャンプ場の利用される人数が減ります。
本来ゆっくりしたいキャンプを求める方には
この時ほどおススメ時期はないでしょう。
10月の後半くらいからはうまくするとキャンプ場が
貸し切りって事もあります。思う存分まったり時間が過ごせます。
なので自然を身近に感じたい方に打ってつけ!
さらに・・・

虫がいなくなる

これって大きくないですか?
テントに蚊が入っただけで、夜の寝苦しさは
大幅にアップします。蚊に刺されてもいやですしね^^;
さらにムカデも減少!テント内の危険が下がります。
つまり・・・めっちゃ過ごしやすいんですね。
夏が終わったからアウトドアも終了~ってのはもったいないですよ。

 2.寒さ対策は気を付けよう 

山の季節は早いです。山だけに限りませんが急に夜が寒くなります。
なのでいつまでも半袖短パンという訳にはいきません。
それに対応した準備をしましょう!

3.薪ストーブは必須アイテム?     

寒くなると欲しくなるのが薪ストーブ!
2ルームテントで全室に薪ストーブを炊き、ぬくぬくでキャンプ!
いいですよね~。
でも・・・薪ストーブがないとキャンプできない?
そんなことはないです!
外遊び屋は薪ストーブは持っておりませんが、ガンガン出ていきます!
最も寒さをしのげるのが、焚火です。
外遊び屋のstyleは幕内にはこもりたくないタイプです。
冬の夜空はきれいですからね~。
焚火で暖を取りながら、夜空を眺め、会話を楽しむ。
それもよい時間ですよ!

広告

 4.おススメの服装 

さて寒さ対策は服装が基本になります。
むしろこれを書きたいがために今までの文章があるくらいです(^^
寒い夜、どうやってしのぎますか?
ダウン?ゴア?フリース?いやいや・・・

つなぎでしょう!

服の上から着れるくらいの大きいのを選びましょう。
冬の対策の服装をしてから、その上につなぎを着るんです。

なぜか??

まず一つ!
ダウンなどのアウターに穴が開かないようにするため!
焚火は必ず爆ぜます。それにより服に穴があくのは
よく聞くお話。それを避けるために一枚上にごついつなぎを着ることで
服へのダメージを減らします。

次に…におい!
焚火をするとどうしてもにおいが付きます。
次の日に予定があるなど、やっぱり服には
薪臭くなってほしくないですよね。
それを防いでくれるのが全身を覆うつなぎ!
これもいい感じです。

最後に・・・失敗しないペアルック!
つなぎのペアルック・・・悪くないですよ(^^

 5.最後に 

冬キャンプ、敷居は高いですが、実際は結構楽しめる
事間違いなしです。チャレンジしてみてください!

広告
Pocket

「冬キャンプの準備!暑いけどもう準備しないと!!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です