Seriaのトライポット失敗談!雰囲気は良いが組み立てに工夫が要る?
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
Seriaでどうしても手に入れたかったアイテムがありました。
それが
Serianoトライポット
Seriaのトライポット!
コンパクトなトライポットが欲しいなぁと常々思っていました。
さのやのジャンボ焼売
おうちキャンプのランタンスタンドとしても使いたかったんですよね。
それをこのトライポットなら自然木を使いながら雰囲気の良い物が出来るのでは?と考えたわけです。
早速Seriaで購入できたので使用レビューをしたいと思いますが、雰囲気は良いのですが意外と使い勝手がどうかなと思っています。
そのあたりも詳しく書いていきたいと思います!

1.Seriaのトライポットを開封してみる!

早速出していきたいと思います。
Seriaのトライポット
分かってはいましたが少し安っぽいです。
もう少し照りを抑える仕様だったらいいのになぁと思います。
チェーンも含めて黒ならかなりかっこよかったと思います。
しかしなんせ100円ですからね。文句はありません。
気になればスプレーで塗装するだけでいいですから(^^
もちろんチェーンは別パーツとなっていて丸い穴に3本の枝を挿して安定させたら真ん中の穴にチェーンの輪っかを入れて上からピンでとめるというシンプルな構造です。
Seriaのトライポット
これが100円!なんともいいじゃないですか!
これならトライポットを持ち運ばなくても枝で代用できる!と喜んでいたのですがなかなか思い通りにいかないのが世の常です。

スポンサーリンク

2.Seriaのトライポット!失敗談!

構造は簡単なので楽勝ムードで迎えた開封の日
Seriaのトライポットを作るための流木
程よいと思われた流木を発見!綺麗なのでこれを使う事にしました。
Seriaのトライポットを作った時の失敗談
それなりに長さがあったので3分割をして穴にはめてみました。

すると
Seriaのトライポットを組み立ってみる
細すぎてずり落ちてきます。そのままでは安定せず
Seriaのトライポット
斜めになってきます。
さらに細いためテンションをかけるには枝が開き気味になるので高さが確保できず
Seriaのトライポット設営に失敗
ランタンをかける場所も小さい!
う~ん!こんなはずじゃなかったよな~(^^;
ここで学んだのはまず穴にピッタリに近い枝が要る事!そしてその枝もそれなりに60㎝以上は欲しい事。
この2点ですね。う~ん!これはリベンジだ!

3.Seriaのトライポット設営リベンジ!成功かな?

せっかく面白そうなSeriaのトライポット!
「うまく行きませんでした~!」では終わらせたくはありません。
せっかくならうまく使って実戦配備したいという事でリベンジです。
Seriaのトライポットを成功させる
先日剪定しているんだという知人宅に押しかけ枝を数本貰ってきました。
この位の長さがあればいいだろう!そして太さもそれなりにあるものを選んできました。
この時点ではまだ枝はあの穴の中に差し込めなければいけないんだと思い込んでいました。
しかし
Seriaのトライポットさらに失敗談
前回よりは太めですが、穴より明らかに細い枝はやはり足が開き高さが確保できない上に安定しない!ということが良く分かりました。
つまり穴ピッタリか、少し削って押し込むといった細さが良いようです。
ならば!
Seriaのトライポットにれる枝を加工
太めの物を選んで先を削り
Seriaのトライポットの枝を細工する
細い物は少し切込みをれて、くさびを打つことにしました。
Seriaのトライポットが完成
なんとかいい感じになりましたよ(^^
Seriaのトライポットのチェーンのつけ方
チェーンもこういった感じ。一つの輪を穴から通してピンで固定して置くイメージです。