スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
最近キャンプ芸人のガチ勢のお陰でともいえますが
ソロキャンプに対する理解が深まってきていますね。
少し前までは
「ソロでキャンプ??寂しくない??」
と怪訝な顔をされたものです。
それでも・・・
「ソロキャンプって何するの?」
って聞かれることも。
なので・・・今回はソロキャンプの楽しみ方をファミキャンと比べながら
書いてみたいと思います。
正直・・・同じキャンプというジャンルの中でも違う分野なので
ちょっと楽しみ方が変わります。暇つぶしなんて必要ないくらい(^^

1.どこまでも自由!ソロキャンプの魅力

やはりソロキャンプの魅力は自由です。
ファミリーの場合はどこかでおもてなしの精神も要るし、
自分が好きな事をしながら、家族のチームワークが必要ですね。
しかしソロキャンプはどんな時間を過ごすのも自由です。
つまり・・・いろんなことにチャレンジしても待たせる気を使わなくていいし、
調理もみんなの腹具合を考えなくてもいい。
そんな自由なところがソロキャンプの魅力です。
色んな事にチャレンジできます。

スポンサーリンク

2.暇つぶしにもなる?着火にチャレンジ

ソロキャンプだと焚火をする方も多いはず。
焚火に火をつけるのも楽しみの一つ!
もちろん面倒な時や他に時間をかけたいときには
バーナーや着火剤で簡単にっていうのも楽しみ方の一つ。
でも色々試してみたいのが外遊び屋ですね(^^
これ・・・キャンプの時に火がスマートに付けれないと
意外とかっこ悪かったり、料理が滞ったりするので
他に人がいるとじっくり時間が掛けづらいんですよ(^^
そんな中で最初に使っていたのが
使用中のファイアスターター
ファイアスターターを使った着火です(^^
これを
アサヒモと着火
アサヒモを使って着火です。
これも初めての頃はなかなか火花が散らずに苦労しましたよ(--;
それでも火が着くと楽しいです(^^

今となっては格安でもありますし、Seriaでも販売しているので
試してない方は是非試していただきたい!
Seriaのファイアスターターを購入実験!他の商品との比較!
詳しいレポートがあるので興味ある方は是非ご覧ください。
最近では・・・
チャークロスに火種が付く
火打石もマイブーム1
まだ不慣れなのでスマートに火が付けれません。
なので練習中。あんまり見せれない姿のでコレがじっくりできるのもソロキャンプの楽しみです(^^

600円ほどで石がありますが、問題は火打金です。

最も火花が飛びやすいと口コミの良いこの商品を使っています。
もっとうまく火が付けれるようになりたい!

3.設営にチャレンジ!

他に人が居るとスムーズに設営したいですよね。
あんまりアタフタするのもかっこ悪いし・・・。
なのでソロキャンプの時に試すと後々スムーズに設営が出来ますよね。
外遊び屋も
モンベルミニタープ設営済み
この時初めて小川張りなる物に挑戦。
理屈は理解していたのでやって見ると
案外簡単にできました(^^
この経験をもとに・・・
重装備テント設営
ビックタープもうまく小川張り出来ました(^^
一度の経験が役に立ちます(^^
また先日も・・・
背面にポールを入れる
テントをちょっと細工してみたりと、こういった時間が作れるのも
ソロキャンプの良いところです(^^

4.料理にチャレンジ!

最後に料理です。
料理はキャンプにおいて失敗したくない要素の一つ!
なのでチャレンジするのもソロキャンプの楽しみの一つ。
外遊び屋的に最近試して良かったのが・・・
バウルーで焼鳥
バウルーで鶏ももを焼きました。
これはヒロシちゃんねるの影響されて作りました。
これね・・・簡単で結構おいしいんです。
見た目もいいですしね(^^
さらに・・・
肉の表面をさっと焼く
同じくバウルーでローストビーフ風に調理したりと
失敗を恐れずにチャレンジできるのもソロキャンプの良いところ。
こうしてみると・・・

バウルーは調理の幅がかなり広いですね。
ヒロシさんも今年はバウルーに注力しています。
外遊び屋ももっと突き詰めてみたいな~

5.最後に

なんだかこうやって書くと・・・
他人の目を気にせずに好き勝手楽しめるのがソロキャンプの良いところのようになっちゃいました(^^;
もちろんこれは魅力の一つです。
色々な楽しみ方があるので、是非・・・試していただきたい。
外遊び屋も次はソロキャンプかな(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

スポンサーリンク

 



おすすめの記事