周防大島!片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場の楽しみ方!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
山口県は周防大島にあるキャンプ場
片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場」に行ってまいりました。
公立だけあって非常にきれいなキャンプ場でしたので
詳しくレポートしていきたいと思います。
ただ・・・利用した日が雪だったためちょっと雰囲気がつかみにくい
かもしれませんので、ご容赦いただきたい!

1.立地条件 

片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場は山口県の東部瀬戸内に浮かぶ
周防大島にあります。山陽道玖珂I.Cを降りて30分程度南に走り、
大島大橋を渡ると周防大島に到着します。
こちらの島は橋が架かっているのでかなり便利な島です。
この橋を渡って島内を走ること30分でキャンプ場に到着です。
離島ですが舐めちゃいけません。
キャンプ場は島のほぼ中央に位置していますが、ここまで車で30分程度
かかります。一周したらかなりの時間を要するでしょう。
キャンプ場からは南側へと海が一望できます。
どうやらTOKIOさんのいる?ダッシュ島まで見えているみたいです。
一泊しながらリーダー今も頑張ってるかなって思うのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

2.島内買い物情報 

なんせ一時間では回り切れない島なので結構便利です。
大体の商用施設は北側に集中しておりますが、
一般生活には全く困らないレベルですね。
まず、スーパーはAコープを始め3軒確認しました。
ただ外遊び屋、長く島にいたため、島に行くときには食料は
購入していくという癖がついておりますので、島内で、
スーパーは利用しませんでした。こんなにあるなら利用しても
良かったなぁ~。でも定休日もある様子・・・ご注意ください。

またコンビニもセブンイレブンを3件確認、利用しております。
これは便利でした!まさかコンビニがあるなんて!
ちょっと運転に疲れた時のアイスに癒されましたよ(^^
また外遊び屋ご用達の海苔
広島海苔 かき醤油味付のり 角54枚 20本セット発見!まさかコンビニでお見掛けするとは・・・
思わず買っちゃいそうでした(^^
お隣が広島だから売ってんのかな?
他にも名物のミカングッズは結構お土産にありました。

あと・・・なんと・・・ガススタがあります!
助かるんですよね。長距離走ってますから!
対応はそっけないですけど、きっちり入れてくれました(^^
改めて便利な島ですね。

但し!

玖珂ICから橋までの30分には店舗はほとんどありません。
そこで買い物を考えるのはちょっと危険ですよ(^^

3.利用方法 

利用方法に関して詳しくはHPをご覧ください。
とはいえ、簡単にご紹介してきたいと思います。
中の施設には
個別サイト、フリーサイト、コテージ(4人用、6人用)が
あります。シャワーもあるので、キャンプ場内で完結できますね。
お値段は個別サイト(電源付き)で5,000円越、
フリーサイトで3,600円超です。高規格な部類に入ると思いますね。

こちらの入り口から入り・・・

入り口の建物にて受付をお済ませください。
ゲートがあり、場内へは受付時に受け取る
カードが無いとはいれません。
ちなみに6人用コテージで2台、その他は1台の
入場が認められています。
受付の方の話では・・・このカードは
一回出庫しなければ次回のゲートは開きません。
つまり・・・2台こっそり入れるために、1台入れて
カードを持って歩いて出てからもう1台を入れようとしても
ゲートが開かないんですね。なのできっちりと入場台数を
守らないといけません。
ただ、荷物がたくさんあるから車入れたいよ~って場合には、
1台が中に入り荷物を置き、出てきて受付の前に車を置いて
交代で次の車が入るという手は使えます。
ちなみに・・・台数以上の車はキャンプ場前の無料駐車場に
止めることになります。少し歩きますかね。

4.フリーサイト 

このキャンプ場ではフリーサイトと言っておりますが・・・
区画がきっちり用意されておりました。

ちゃんと区画が書いてあります。

ちょっと雪で分かりにくいですね(^^;
フリーサイトですが、大きなテントとビックタープの
設営は難しいかもしれません。外遊び屋の持つ
モンベルさんのビックタープを張るともう場所はなさそうです・・・。
こちらのフリーサイトは炊事棟は共同ですね。

結構広い炊事棟がありました。

好みにもよると思いますが、木の作業台もなかなかいいなぁと
思いました(^^
またありがたいことに・・・

炭を回収してくれます。
これって結構ありがたいんですよね(^^
ちゃんと火を消してからインしてください。

5.個別サイト 


雪ですね(^^;
こちらの個別サイトは・・・すべてオーシャンビューです!
景色は最高ですね。
また

シンク、カマド、電源付きですね。
これは高規格だ!
ただ・・
狭い!!
これじゃ2ルームテント張ったらまったりスペースなくない??
って感じです。
利用の際は小さ目のサイト作りが必要となりそうです。

6.コテージ 

コテージには4人用と6人用があります。

こちらは4人用のコテージです。
中はロフトのベットもありお子様が喜びそうです。
むろん冷暖房管理!IH調理や簡単な食器もあるので
キャンプは・・・って方にもいいですね。
何より・・・

眺めも最高!
こちらのバルコニーで焚火も可です。
但し焚火台は必ず使用してください。
中には風呂トイレもあるので、
焚火の後煙の臭いが・・・て方も大丈夫ですね(^^

7.共同施設 

まず・・・

お手洗い等は年季は感じますが綺麗にされていました。
おむつ台もあるので、便利ですね(^^
また

コインランドリーもあるので長期滞在にも便利です。
さらに・・・

ゴミも完全回収です。さすが高規格キャンプ場!
但し分別などのマナーは守ってくださいね。

薪も販売しております。
ホント長期滞在には助かるサービスが多いです。

8.最後に 

さて長々と書いてきました片添ヶ浜海浜公園オートキャンプ場!
実は島内もかなり充実しておりますので、そちらの情報も順次アップして
記事のボリュームアップをしていきますね。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
Pocket

 



スポンサーリンク
おすすめの記事