スポンサーリンク

外遊び屋です。
まず最初にお断り。
外遊び屋は・・・

めっちゃスノーピークの焚火台ユーザーです。
正直・・・なんの不満もなくむしろお気に入りです。
しかし増えていくのも焚火台の不思議。
外遊び屋も敢えて数は言いませんが、
そこそこ持っています。
それでも最近やりたい事が出てきました。
それが直火スタイル!
直火のように焚火を使いながらキャンプしたい・・・
なんてことを思うようになりました。
今回は・・・この直火スタイルの魅力と
焚火台を探していきたいと思います!

1.直火スタイルとは

とくにそういうスタイルがあるわけではありませんが、
焚火で直火というのは風情があります。

カヤックキャンプの時には直火が多いのですが、
無論キャンプ場では焚火は焚火台ですよ。
この焚火の調理今までは

焚火でトライポットというスタイルでした。
いや・・・これも非常に趣があり好きなんですよ。
最近では・・・

鍋もこだわってみたり。このスタイルは大好きです。
ただ・・・最近ヒロシちゃんねるなどを見ていると
焚火の熾火に直接アルミクッカーを置くという
スタイルで移りますよね。
アルミクッカーを現在鍛えている外遊び屋としては・・・
直火スタイルにも手を出したい・・・と思っています。

スポンサーリンク

2.所有している焚火台の特徴

所有している焚火台、主に使うのは

焚火台Lと・・・

ユニさんのネイチャーストーブです。
どちらも非常に優秀な焚火台です。
しかし…深さがあるので熾火にクッカーを置くには
ちょっと不便なんですね。
なので・・・薪を平積みできる焚火台探してみたいと思います。

3.焚火台探してみる

この辺りを勘案して焚火台を探してみます。
その1つ目に上がったのが・・・

DODさんの秘密のグリルさん。
これは網が外れるので薪を置くにもいいですね。
また最近の外遊び屋の地べたスタイルを考えると
この高さはちょうどいいかもです。
しかし・・・ちょっとお値段が・・・

次にヒロシさんも使うピコグリル!
いやかっこいいし、これがいいんですけど・・・
使用している方が多い・・・
こうなるとちょっと順位下がってしまうんですよね・・・。
いや欲しいし触ったことあるのでこのお値段も納得なんですよね。
あ・・・「ピコグリル」で検索すると13,000円ほどで購入できる
公式サイトがあるので、Amazonを使用する際はポイントやギフト券など
余って仕方ない方とかですかね(^^

ここはお値段を優しく行くと・・・

2,200円ほどですね。
しかしAmazonさんでは

Amazonさんでは1,100円程度でもありますね。
これなら調理に全く向かないという話ですが
直火スタイルのようにクッカーを薪の上に置きたいときには
丁度良いですね。
試し買いもありかな・・・

しかし実際問題・・・これ以上焚火台増やす?
っていう気持ちもあるんですね。
その解決策として・・・

焚火台のロストルですね。炭床。
お値段も5,000円ほどなので
新しい焚火台を買うよりは安価です。
でも外遊び屋ロストルの代わりに普通の網を
使って満足しているので・・・今更これ買うか考え中。
むしろ・・・これって代用品あるんじゃない?
また考えていきたいと思います。

4.最後に 

欲しい物って・・・増えていくもんですね。
書いてて思いました。
この際だから炭床買おう・・・。
ただこの炭床を何度か買おうとしてるんですね。
難点は重いという事・・・。
焚火台とこの炭床両方は大分重いかな~。
そのあたりも含めて今後検討ですね(^^

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事