冬キャンプに備えろ!ちょっと買っておきたい3つのアイテム!
スポンサーリンク
Pocket

外遊び屋です。
随分と夜が寒く感じるようになりました。
悪くないのですが、寒さの対策もそろそろ必要かなと思っています。
消耗品もあるので早めに準備ですね。売り切れることもありますから。
とりあえず用意したものを含めて紹介していきたいと思います。

1 冬場に強いパワーガス!

最初にに準備した置かなければいけないな~っていうのが

SOTOのパワーガス!これでなくてもいいのですが、冬の寒い時期に強いCB缶です。
外遊び屋はシングルバーナーは基本的にCB缶にしてあります。
いつでも手配できるので、便利なんですね。しかしその分寒さに弱い!
寒すぎて気化せずにちょろちょろした炎で湯が沸かなかったことも経験していますし、使用中に温度が下がって結果火力が劇落ちってことも経験しています。
湯たんぽのお湯で温める等方法もありますが、やっぱり素直に寒さに強い物を買っておく方が、最後まで使い切れていいなぁと思い毎年1本ずつ買っています。
基本的には焚火をするので、あまり使わないのですが、雨などで焚火が出来ない時にはガスが頼りになります。

よく使うのはイワタニのジュニアバーナーですね。
ハードケースに入っていて持ち運びが気軽ですし、あまり使わないので値段もそれほど高くない所がお気に入り。
出も使いやすいのも事実です。メインとして使うなら

輻射熱をカットし、テーブルにも使える遮熱テーブルも便利です。
寒い時には輻射熱で少し温める程度でもいいんですけどね(^^

スポンサーリンク

2 ブランケットなど上に羽織れるもの!

温度調整には羽織れるものが便利です。
外遊び屋は

ウールブランケットを使用しています。
火の粉が爆ぜてもいきなり燃えず、穴が開いても目立たないので雑使いできる上に無骨でかっこいいブランケットです。
ちょっと大きいですけどね。しかしその雑使いできるタフさが相方も気に入ってこれうちには2枚あります(^^;
寒さを緩和させるのに羽織るだけでなく、衣類を火の粉から守る時にも使っているので、焦げはあります。
しかしそれが味に感じるところがこのタイプのウールブランケットの良いところですね。
ちなみに寝る時の寒さ対策としては先日
車中泊
マットに敷いているブランケットを用意しました。
車中泊用の毛布
片手で持てるサイズなので荷物ならず温かい、そして肌触りが良いんですね。
車中泊や寝袋の中に入れて活躍しれくれそうです。

値段も安くて、持ち運びがよく、寝袋の耐寒性アップに使えるので今年はよく使いそうです(^^
ブランケット系は持ち運びがかさ張る事もあるので、大きさも見ながら選ぶと間違いないです。

テントシートもポンチョとして使えるので、寒さ除けにも便利です。

3 ちょっと軽めのモバイルバッテリー!

え?モバイルバッテリーが寒さ対策??なんて思うかもしれませんが、結構急務なんです。

昨年導入した電熱ベスト!
背中とお腹が温かい上に背骨に沿ってパネルが入っているのでスゴイ温かいんですよね。
「背筋が寒くなる」という言葉通り、寒さって背中から感じることが多いです。
それが首の真後ろと背中にたっぷりの電熱があることでホント温かくなるんですよ。
モバイルバッテリーが電源なのでどこでも着ているのですが、このモバイルバッテリー!
大容量の物って重いんですよ。それで着ていると疲れる!
キャンプでも座っている時はいいのですが、動くときにはずっしり重いんですね。
寝る時にも寝袋の足元にかけておくとぬくぬくするので、冬キャンプに欠かせないアイテムなので、動きやすくしたいんですね。
バッテリーは予備合わせ2台あるので、ちょっと軽量で、身に着けていても負担にならない物が欲しいなぁと思っています。
まだ買えていないし、買わなくても大丈夫なんですが、欲しいんですよね(^^;

4 最後に

冬の寒さ対策に準備しておかないとな~って物でした。いや外遊び屋がですよ(^^
特にストーブとか使うことは無いですが、ガスストーブは相方用に準備してもいいかなと思っています。

テント内では使わないですよ(^^;
冬装備は売り切れになる事が多いので、早めに動きたいと思います。

 

Pocket

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事