スポンサーリンク

外遊び屋です。
寒くなったこともあり、鍋料理が良い時期になりました。
そんなことも踏まえて鍋料理をお勧めする理由を書きました。
やっぱり温かい物を食べたいという気持ちはありますからね。
これから頻度の高まる鍋ですが、キャンプ界のキングと言えば
ダッチオーブンではないでしょうか。
今回はダッチオーブンの中でも最近販売されたニトリの
ダッチオーブンを取り上げていきたいと思います。

 1.ダッチオーブンの魅力 

ダッチオーブンの魅力は多々ありますが、
1.料理の豪快性
最初ダッチオーブンが欲しいと思う理由の最もたるは
ダッチオーブンでローストビーフや、チキン一羽を
調理できることでしょう。鍋を開けた時に見える
焼きあがった一羽!それをさらに盛った時のビジュアル!
クリスマスにローストチキン
昨年のローストチキン。シャンメリーと一緒に(^^
たまりませんなぁ!
2.家でも使える実用性
キャンプ用品はキャンプでしか使えない。
だから購入は迷う・・・
なんてこともありますが、ダッチオーブンは
普段でも使えます。IHもガスにも対応なので
炭火や焚火でなくても使用可能!
蓄熱性が高いのでしっかりと火が通り、
ポトフやおでん、もちろんカレーにも良いサイズです。
家庭用としても十分使える調理器具です。

スポンサーリンク

2.ニトリのダッチオーブン

ダッチオーブンは鋳鉄からステンレスまで値段も素材も色々あります。
ニトリのダッチオーブンは鋳鉄で若干作りは弱いですが、
何よりもその値段が魅力です。なんと・・・
19センチ1500円程度
24センチ2500円程度
何ですね。
他と比べても破格に安いです。
この値段ならお試しに買う事もできますね(^^
外遊び屋は19センチを買いました。
24センチ程度のものは持っているし、
小さいちょっとした料理ができるものが欲しかったんですね。
サイズが二つあるのも嬉しいところ。

ちなみに価格の参考にコールマンさんとの比較を。
19センチはコールマンさんの8インチとほぼ同サイズ。
こちらの価格比は1500:6000程度という比率になります。
次に24センチはコールマンさんの10インチと同サイズ
価格比にすると2500:8500程度って感じです。
ちなみに重さはどちらもコールマンさんがやや重いです。
成分までは分かりませんが、ほぼ同じ重さなので
同じくらいの蓄熱性を発揮してくれると期待できます(^^

次にサイズですが
これは使用した感想です。
19センチで3人分くらい。
24センチで5人分くらいですかね。
19センチでは鳥一羽をローストするのは難しいです。
ローストビーフなら行けますけどね(^^
なので・・・丸鶏をローストしたい方は24センチが
おススメです。
ただ購入時にはチェックしていただきたいことも。
外遊び屋が買うときに展示されていたものは
かみ合わせが悪くて蓋が上手く締まっていませんでした。
すこし隙間がある様なんですね。
なので購入物を見せてもらってから買いました。
既に製品精度が上がっていると思いますが、
気になる方は店員さんに中を見せてもらった方が良いですよ。

3.シーズニング 

ニトリのダッチオーブンはシーズニングが必要なので必ず行ってください。
正しいやり方は他のサイトにお任せしますが・・・
簡単な方法としては、
洗剤で一度洗い、アツアツになるまで熱してから冷まします。
冷めたら水を張りしばらく沸騰させて・・・
冷まします。
最後に水を捨てて、アツアツにもう一度熱したら、
オリーブオイルを薄く塗って完成です。
シーズニングの主な理由は最初に塗布してある錆止めを落とすこと。
しっかり洗い、焼き切れば使えます。
ただ気になる方はクズ野菜を炒めるなどの手順を踏んだ方がいいでしょう。
外遊び屋は最初のシーズニングでは特に違和感なく使っていました。
しかしひと月程度使わなかった場合塗布してあった油が古くなります。
古くなった油でそのままローストすると、刺激臭が食材につくことがあります。
なので再シーズニング!まで行かなくても一度湯を沸かしたりして、古い油を流した方が良いです。
あんまり使わなかった場合は揚げ物などをすると簡単に再シーズニングになりますよ(^^
詳しい経験談はニトリダッチオーブンの欠点?簡単な方法で再シーズニング!をご覧ください

4.調理例

色々作れるのがダッチオーブンの魅力です!
数少ないながらも外遊び屋の調理したものをご紹介!
①チリコンカン
ニトリのダッチオーブンでチリコンカン
大好きなチリコンカンです。
何となく鍋料理。鋳鉄なのでカウボーイ的な
イメージで作りました(^^
作り方は
カウボーイ気分でキャンプをしよう
ご覧ください。簡単で美味しくお腹にたまります。

②ローストチキン
ニトリダッチオーブンでローストチキン
単純にローストしただけですが、十分に美味しいです。
ニトリのダッチオーブンは鋳鉄が薄くて温度が上がりにくいって
イメージもありましたが、これで払しょくされました。
少人数のダッチオーブン料理にはちょうどいいですね!

③揚げ物
先日、手羽中の唐揚げをこのダッチオーブンで作ってみました。
蓋がそれほど重くないイメージなので加圧が弱くて火の通りが
悪いかと思いましたが、8分ほどで十分に火が通りました。
しかも硬くならず外サクッと中はフワッとできました。
うまい!!
ニトリのダッチオーブンで唐揚げ
蓋も軽いようですが、調理には十分な重さなんですね(^^
詳しいレポートは
キャンプで時短唐揚げ!ニトリダッチオーブンを使ってみよう!
をご覧ください。揚げ物をすると古い油も落ちて
新しい油も馴染むので、意外と揚げ物もありだなぁと思いました(^^

④スタンダードにカレー

鋳鉄が薄いと蓄熱性が低くてちょっと使いづらい・・・
とも思っていましたが、
時短には早く火が回るこの厚さでも使いやすいですね。
フライパンとして使った上に蓋の重さで圧力鍋状態。
朝の時間のない中での調理には持って来いでした(^^

今回も美味しくできましたよ(^^
カレーはこだわりたいので詳しく後述します!

⑤シチュー
久しぶりに・・・
ニトリダッチオーブンで炭火料理
炭火で長時間料理を行ってみました。
ニトリダッチオーブンでシチュー
二時間ほどかけて煮込みました。
これが・・・絶品美味かったです。
直火や炭火で実力を発揮してくれるダッチオーブンは
有難い限りです(^^
流石アウトドアアイテム!

と色々作ってきましたが、どの料理も十分に期待上に良い仕事をしてくれています(^^
ただ全体的にザラツキがある質感で、油が残りやすいんだと思います。
それもあってか、久しぶりにロースト系の調理をする場合はちゃんとシーズニングをしっかりすると良いです。
煮込み料理なら問題ので、煮込みに使う機会が増えていますね。
ひと月ほど使わずにロースト料理をするときにはお気を付けください!

5.ダッチオーブンで時短調理

ダッチオーブンは蓋が重いので圧力鍋のような効果があり
食品に火が通りやすくなります。これを利用すると
時短料理ができるんですね(^^
シチューなどを作るときに・・・
ニトリダッチオーブン シチューレシピ
食材を細かくすることと・・・
圧力をかける事。
~この時に購入時の注意が役に立ちます。
蓋にガタツキがあると蒸気が抜けて圧がかかりにくいです。
なので・・・ガタツキのない物を探しましょう(^^~
加えて・・・
値段的に仕方ないのですがニトリのダッチは蓋が
他のものに比べるとやや軽いです。
なので・・・ケトルなどを置いて重さを足すと
圧がかかりやすく時短となります。
ダッチオーブンでシチュー
さらに・・・煮込めば具がなくなります(^^
もう一つオニオン野菜スープです。
この玉ねぎを何とかとろけさせれないか。
という事でカレー作りをヒントに挑戦。
まずは・・・
ニトリダッチオーブンでカレーレシピ①
玉ねぎを炒めますが・・・
ここで蓋をして少し蒸らすと・・・
ニトリダッチオーブン カレーレシピ②
やはり早く火が通ります(^^
さらに・・・

人参ピーマンベーコンを入れてさらに蓋をすると
早くに火がとおりました。
野菜に火が通れば後は楽ですね(^^

アクを取りながらコンソメを入れて10分程煮込めば完成です。

やはり炒め物にした分スープが茶色くなりましたね。
これを綺麗にする場合には・・・最初に湯を沸かして
具材を入れると良いかと思います。

6.ダッチオーブンとアルミクッカーで作り分けてみる

ダッチオーブンと他のクッカーと調理の感じの違いを検証してみたいと思います。
選んだ食材は外遊び屋の大好きなカレーです。
まずはダッチオーブンで!
ニトリのダッチオーブンでカレー
そしてキャンプ風に
DUG焚火缶で作るカレー
アルミのクッカーで作ってみました!
共にホルモンカレーです!
牛ホルモン
これで作った感じです。時間的にはほぼ同じ時間です。
まずはダッチオーブンでのカレー
メスキット カレー
そしてアルミクッカーで作ったカレー
メスキットカレー
写真では分かりにくいのですが、アルミクッカーの方が火の通りが悪いんですね。
ダッチオーブンで作った方はジャガイモがほっこりしましたが、
アルミの方ではちょっともうちょっと煮込んでもいいかなって感じでした。
小さく切った割には煮崩れるほどまで行きませんでした。
やはり蓋が重い分だけ圧力がかかるので具材への味の沁み、火の通りが違うようです。
いや・・・思わぬ発見でした。ただ・・・アルミでも楽しめますよ(^^

6.アウトドアでシーンでも活躍するカレーの作り方

今回は夏にキャンプに持って行く方も多いのでは?って思い
キャンプの時のカレーを考えてました。
暑さなどでお肉が傷みやすくなるので・・・

傷みにくいお肉を選択。
ホルモンにこだわりでなく下味の付いた肉でカレーはどうかと。

少量作るにも19㎝のダッチオーブンは重宝しますね。
味は結構イケます。
下味が付いているのでルーを入れる前にしっかり煮込むと
食材全体に味が回りますね。それにルーが加わるので
いつもとは違った風味に。醤油とルーも合うので
味付肉でのカレーもありですね。
キャンプでニトリさんのダッチ使うときの選択肢の一つに!

7.鍋だけじゃない優秀なクッカー!

いろいろ遊んでいるとこのニトリのダッチオーブンは
さらに遊べることが分かりました!
それが・・・蓋!
ニトリのダッチオーブンの鋳鉄は薄いので
蓄熱性がちょうどいいくらい。
ゆっくり温めてじっくり焼くには持って来い
だったんですね。
今回は優秀なフライパンとして使いました。
まず注意点は・・・
蓋の取ってが高くて普通にはフラットには置けません
なので・・・

五徳を使うと綺麗に置けます。
今回はトルティーヤを作ってみます。
作り方は・・・
小麦粉1に対して水分が2の比率。
そこに塩を一つまみ入れてよく混ぜます。
これを・・・

軽く熱した蓋!
チンチンには熱しないでください。
軽く熱くなった程度のとこで・・・
ダッチオーブンでトルティーヤを作る
うっすらと生地をひきます。
これをゆっくりとダッチを温めながら
乾かすように火を通していくと・・・
トルティーヤを約
透明感が出たところが焼けています。
しっかりと焼けたら・・・
ダッチオーブンで作ったトルティーヤ
具を置いて丸めて食べたら・・・うまっ!
この程度なら・・・キャンプで出来そうです。

ちなみに!

スキレットですると・・・
ちょっと裏返し辛いです。
ほぼフラットの蓋だからこそ・・・簡単に行けますね。
ちょっと手の空いたときに試してみてください(^^
詳しくは
ニトリダッチオーブンを使い尽くす遊び方!
をご覧ください。
今度はそば粉を使ってホントのガレットに挑戦してみようかな。

 5.最後に 

ニトリのダッチオーブン。値段も使用感も満足いくものだと思います。
ただ、作りの甘いものもあるので、購入時は開けて中を確認する事を
おススメします。蓋のかみ合わせを確認してください。
さらに値段なので仕方ありませんが、他社の製品に比べると
鋳鉄が薄いです。鋳鉄が薄いという事は蓄熱性が低いです。
鋳鉄の差による温度実験をご覧ください。
購入される方はこの辺りも検討してみてください。

2019年6月21日に再編集を行っています。
実際他の格安ダッチオーブンには引けを取らない商品ですね。
値段は格段に安いのに。
現在でも週に一度は登場するすっかりお気に入りの家庭用のクッカーとなっています。
流石に油も馴染んでもう錆びる気配はありません。最初のダッチオーブンや
ちょっとダッチオーブン試してみたい、またビンゴの景品にもピッタリです(^^
ちなみにダッチオーブン初めての方は安全のために

耐熱グローブを使用することをおススメします。
普通のミトンでは蓋を開ける時に火傷の可能性があります。
ホント熱いんですよね・・・。
美味し料理の為に安全もご注意ください!

2018年1月26日追記 


その後も月に二度ほど出番がある意外と使えるイメージです。
ただ、いまだに表面のザラツキは強いですね。
そのせいでしょうか、二週間ほどあけてロースト料理をすると、
油の臭みが出て、食材の風味が失われてしまう事がありました。
現在は対策として、使用前には二度ほど湯を沸かして、捨てています。
空焚きでシーズニングという手もあるんですが、何となく
脂が残りそうな気がして、湯で煮出した方が綺麗になるイメージでやってます。
だいぶんマシになりました。
基本的には、ローストするより煮込み料理に向いているかもしれませんね。
ちなみにダッチオーブンが大きいから作りすぎるんだよね~って方にはおススメの
サイズがこの19㎝ですね。
シチューを三人分作るにはちょうどいいサイズです。

2018年10月12日雑記追記

調理ではないのですが・・・
プレゼントに困って贈ってみると・・・

思いの外高評価でした。

興味あるし、手に入りやすいけど
難しそうで迷っていたって方意外と多かったんですね。
レシピはネットで、
付属に

熱さ対策の皮手袋と、
コルクの鍋敷きをつけると完璧でしたね。
最初はポトフを作ったそうです。
失敗無いと伝えておきましたので。
喜んでくれる笑顔はホントにお値段以上でしたよ(^^

2018年11月13日に新情報追加しています。

2018年12月26日追記

最近いろいろと試してみましたが、
ニトリのダッチオーブンはローストより煮込みの方が
向いてそうですね。
ローストだとどうしても昔の油が残って油臭さが残る気がします。
一方でシチューなどは程よい蓄熱性でじっくりと
火が通ります。これが・・・うまいんです。
今回も・・・

鮭のシチュー!
美味しかったです。
煮込み料理は間違いなし!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事