スポンサーリンク

外遊び屋です。
昨今のキャンプ動画などでも密かな・・・
というよりめっちゃブームになっているのが
鉄板ですよね。
確かに色々ありますし、無骨感が溢れますね。
とはいえ・・・ここまでブームになると
今から手を出すのもちょっと気が引ける・・・
ってことで何とかオリジナリティが出せないかと

ロゴスさんの岩塩プレートで代用できないかと思いましたが・・・

穴をあける際に割ってしまうという
大失態・・・
これはいけない・・・
そんな時に思いだしました・・・

こちらのプレート!
購入したのは10年近く前ですね。
これはキャプテンスタッグさんのジンギスカン鍋!
昔のタイプなので今とは形が少し違います。
でもこれは・・・遊んでみなければなりません!
早速行きます!

1.ジンギスカン鍋とは

ジンギスカン鍋といえば北海道などで名産化した
簡単に言うと羊の焼肉って所でしょうか。
発祥にはモンゴルの英雄チンギスハンが遠征時に
カブトで焼いてというお話があります。
まさに無骨!まさかカブトで肉を焼くとは!
とはいえ・・・このお話は作り話らしいですが・・・
そんな話があるかと思うと・・・
中々味のあるアウトドアな料理だなって思います。
機能的には

中央が盛り上がっているのでお肉の油が出ても
再度肉を浸すことがなく、余計な臭みがつきにくいです。
加えて肉汁で周りに置いた野菜が焼けるので
スタミナたっぷりの野菜炒めもできるという事ですね。
こう思うと・・・結構楽しめるアイテムだな。
ついでにカブトにして被ってみます?(^^

スポンサーリンク

2.実践してみる

せっかくなので実際に使ってみます。
と言ってもラム肉などを準備するのも
あまり面白みがない。
なんならもっと身近な食材で何とかならないか・・・
っていう事で・・・・
手羽中を使って料理したいと思います。
まずは・・・

炭に火を熾します。
簡単に着く炭も扱いが慣れてきました(^^
積み方次第では火力もちょこと強くなります。
火が起きたので・・・

熱します。
簡単にあったまったので
まず・・・

モヤシを軽く炒めたら・・・

皮を下にして焼いていきます。
すると皮から出た脂でモヤシに火が通っていきます。

いい感じに焼けていきます。

最後にお肉と絡めて焼肉をかけて・・・


完成です!
いや・・・結構遊べます。
鉄板だと火力さえあれば炭や焚火でも楽しめますね。
ただ・・・鉄板だと炭のような香りが付かないので
そういった面ではちょっと残念かなって思います。

3.最後に

買ったのは昔々の話です。
今までの使用回数は数回ですね。
鉄板のブームが無ければもう一度出てくることは
無かったんですが・・・これはこれで楽しいかもって思います。
やっぱり・・・使えないアイテムってないんだなって思います。
お値段も・・・

2000円ほどですね。
他の鉄板よりは安いですが
蓄熱性はありません。お気を付けください。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事