スポンサーリンク

外遊び屋です。
2019年も10日となりましたね。
はやいわ~。
キャンプレポも色々出てるし
今年もキャンプブーム続きそうだなって思います。
ブームが続けばアイテムの傾向が出るの物ですよね。
今回は2019年にどんな傾向があるかな~って事を予想と、
その流行りそうなアイテムを考えてみたいと思います!

1.2019年の傾向

大体なんでもそうですけれども2極化が進むでしょうね。
流入が多いので「手軽」「簡単」というのがテーマになります。
また、慣れた方の一歩上を目指す「ソロ」という選択肢が
伸びそうだなぁと思っています。
昨今のキャンプに限らない傾向ですね(^^;
玄人の方はともかく流入者の「簡単」というのは
やはり重要要素ですね。さらに「手軽」さですね。
この辺りは金額的になると思います。
では「簡単」と「手軽」をテーマにアイテム探していきます。
と言いながら全アイテムを上げていくとキリがないので
テントに集中指定と思います!

スポンサーリンク

2.手軽に立つテント

お手軽テントも何種類かあります。
10年以上キャンプをされている方には分かると思いますが
年々キャンプアイテムの設営が楽になっていますよね。
これの典型がテントだと思います。
なんせ・・・ホントに手間なしですからね。
まずその一つが
①DODビックダディ

お値段は7万円ほどとちょっとお高いですが・・・
このテント人気の2ルームがワンタッチで立ちます。


(出典:DOD公式ページより
これですからね!
設営に2時間程度かける方もいるキャンプ世界。
こんなに早く立つのはまさに手軽です。

②ロゴス エアマジック
先ほどのワンタッチでテントが立つのもびっくりしましたが
もう一つびっくりするのがまさかのポールを使わなず
空気の注入だけで立つテントです。
それが・・・

ポンプでテントを立てる新発想!
これは・・・どんな方でも失敗無いアイテムですね。
この二つのアイテムの良いところは・・・
被らない事。
このキャンプブームでコールマンはもちろん、
ノルディスクまでキャンプ場で乱立する始末。
中々オリジナリティが出しにくい状況ですが
この二つはまだ出回っていません。
今ならねらい目?(^^;

3.お値段が手軽

続いてはお値段です。
これは最初にはっきりと言えることを言っておきます。
正直お値段はお値段です!
生地の質、ポールなどもやはり値段がするものと
比較すると数段落ちます。
その中でも結構使えるなって思ったのがこちら。
①Amazonベーシックテント

こちらです。
外遊び屋が最初に見つけた時には
1万円以下でしたが値上がりしています。
詳しい紹介は
で書いております。
友人も購入しましたが値段にしては良いとのこと。
また立てやすいですね。ただご注意が・・・
インナーテントはメッシュ出てきているので・・・

冬キャンプには向かない

ということです。
夏向けテントですね。

4.最後に 

お手軽簡単をテーマにテントを選んでみました。
意外と並べてみると・・・まだまだ普及していない物だなって思います。
確かに簡単に立つテントはちょっと値段が張りますからね。
しかし・・・最初の体験がその後のキャンプに影響するので
最初に一つにはありかもしれませんね。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事