スポンサーリンク

外遊び屋です。
格安アイテムはキャンパーにとってありがたいアイテムです。
しかし・・・あくまでお値段程度で販売時の宣伝文句ほどの
性能を発揮しないのもしばしば・・・。
前回のレポートの

格安シュラフを再度試してみましたが・・・やはり寒い!
しかし!寒いから使えない!では面白くない!
今回はこの格安シュラフをパワーアップさせる方法を
考えていきたいと思います!

1.パワーアップの必要性

性能が足りなければ買い直すしか手が無いとも思います。
特にシュラフの場合下手をすると生死にかかわることになりかねないし、
そこまで行かなくても、寒くて一睡もできないっていう事もあります(^^;
また今回外遊び屋が必要に迫られたのは
海のカヤックキャンプでしようしたい!という事です。
海なので寒さもきついです。かといって積載の限られるカヤックでは
外遊び屋の使うモンベルバロウバックの#1では収納が大きすぎます。
単体として直径が大きいのでハッチに収まらないんですね。
なので小さくなり・・・最悪二つになっても細かく収納できるもの。
これを探さなければなりません。
これが大きな障害ですね。また・・・海の場合は水没の可能性も考えると・・・

高価なダウンは使いたくない・・・

という本音も。なので今ある格安品で対応するのが一番かと考えています。
また・・・かつて書きました

こちらで書いてことも実践できますが、
基本的に濡れる可能性の高い環境なので
やはりアナログの対策がひつようですね。

スポンサーリンク

2.シュラフinシュラフ

もっとも対策している方が多いのがシュラフをシュラフの中に入れて
二重にして使うという事ですね。
もっとも身近な対策と思います。
なんせ・・・

寝袋を複数持っている方も多いはず(^^

外遊び屋もざっと数えても私専用を6つあります。
これは場面によって使い分ける訳でなく
単なる成長の記録です(^^;
なので現在使用していない物がほとんど・・・てか5つ。
このころあのうちの2つを現役復帰させ海専用にする。
これですかね。
先日のレポートのダウンに、-3℃までいける化繊のマミー型。
どちらも5度以上じゃないと使えない代物でしたが(^^;
合わせれば・・・できるかも。
とりあえずこれも実験ですね。ただ・・・すでに見えている問題が・・・

かさ張る!

流石にシュラフをまるまる二つ積載は大きな荷物になります。
なので・・・実験はすれども現実的にはさらに工夫が要りますね・・・

3.インナーシュラフ

もっとコンパクトに・・・を考えると・・・
インナーシュラフがいいかなぁと思っています。
というのも外遊び屋もひとつ所有しております。

4,000円程度ですね。
Tシャツのような生地で肌触りの良い物です。
夏のシュラフが必要無い場合これ一つで十分です。
加えて・・・インナーとして使えば少し暖かくなります。
この経験があるので・・・
フリース生地のインナーシュラフがあれば
かなり温かくなるのでは??
ということです。
シュラフに限りませんが、保温には空気の層が肝になります。
なので・・・この層を作りやすフリース生地なら可能性が高い!
って考えました。
加えて・・・

こういったものならいいのでは??と考えています。
なんとお値段も2000円もしません。
ならば!!実験購入もできるかも。
ただ!
最初に書きましたよね・・・格安シュラフで・・・
「販売宣伝ほどの性能を発揮しない」
これが怖いんですね・・・。
もう少し調べて確実な物を手に入れたいと思います。

4.最後に 

まだ・・・まだ対策が必要ですが・・・
重ねる以外には手がないかなって思います。
また・・・既存を使うなら出費なく、
新アイテム購入にしても安価に!
この既定路線でもう少し考えていきたいと思います!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事