スポンサーリンク

ソロキャンプの良さはとにかく自由な事!
一方でこだわらな過ぎて画像すら取らない事。
しかし・・・
画像を取らないキャンプってのも楽ですけど(^^;
でも好きな時に食べ、好きなだけ焚火をし、
飲み、寝る!
結構いいんですよね。
ソロキャンプ用のテントも安くあるのですが・・・
最近の流行りなんですかね~。
いろいろ無骨な物もあるので、
ちょっと調べていきたいと思います。

1.これまでの傾向

今まで外遊び屋が使っているのは

モンベルさんのクロノスドームのⅡ型です。
カヤックキャンプからの転用です(^^
前室もあり急な天候悪化にも対応してくれるんですね。
カヤックキャンプ時はタープも荷物になるので
積載しない事もあるので・・・広い前室は
有難い機能なんです。
基本的にはこのクロノスドームで全く問題は
ないのですが・・・
それでも欲しくなるテントたち。
外遊び屋の欲しいラインナップを見てください!

スポンサーリンク

2.前室広々テント!

前室が広いっていうのはテントにとって一つのメリット。
副作用としてテントの収納サイズが大きくなるという傾向がありますが、
それでもオートキャンプでは2ルームが人気が衰えないなどの
前室が広い・・・というかテントとタープの機能を兼ね備えることは
便利なんですね。細かい積載を気にしなくていいオートキャンプならでは
でしょうかね(^^
そんな中でみているのが・・・

シャア専用
ちなみに・・・
ガンダムカラーもあります(^^
広々した前室でありながら解放感もあるので・・・
ロースタイルでこのスペースでのまったりタイムもよいかなと。
カラーリング・・・緑もあれば・・・まさにガンダムワールド(^^

3.流行りの解放感

今までのテントはコンパクトで
広々という発想が多かったのですが・・・
ここ数年で感じる「解放感」
軍幕ブームからきているのか・・・・
簡単なテントが多くなってきましたよね。
いや・・・ホントかっこいいなぁって思います。
それが・・・

DODさんのライダーズテント!
設営簡単で開放感溢れます。
テントとタープ機能にもなり
一つ欲しいテント!
虫が少ない時期でしか安心できない感もありますが
コットさえあれば、十分テントとして有能な機能です(^^
テントの入り口で小さな焚火をしてコットでゴロリと寝る。
なんとも魅力的です(^^

4.ちょっと気になる軍幕

探しているとちょっと見つけたこちらのテント

13,000円ほどの軍幕!
A型テントといえる形ですね。
色こそナチュラルカラーですが
無骨感がでますね(^^
ちょっと欲しい・・・
でもペグとか見ると・・・構造に心配かも。

5.最後に

こうしてみると・・・欲しい物もいっぱいあるんですね。
そんなにテントを持っていてどうするのって声が後ろから聞こえてきそう・・・。
確かにその通りなんですけどね・・・。
やはり買うからには売らなきゃダメ??(涙)

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
スポンサーリンク

 



おすすめの記事